【平均年収655.7万円】三菱食品社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【平均年収655.7万円】三菱食品社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【年収研究シリーズ】三菱食品社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


三菱食品の平均年収は655.7万円

それでは、はじめに三菱食品の平均年収について見ていきます。三菱食品の平均年収は、三菱食品の有価証券報告書によると、655.7万円です。キャリコネに寄せられた給与明細から算出した三菱食品年代別年収レンジは、20歳代で370〜420万円、30歳代で530〜580万円、40歳代で670〜720万円となっています。正規雇用者の平均年収は495.7万円(国税庁・令和2年分民間給与実態統計調査結果)で、比較して約1.33倍の額です。

三菱食品の平均年収推移

三菱食品・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移
決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2022年3月期655.7万円44.2歳18.9年4167人
2021年3月期640.4万円43.8歳18.4年4266人
2020年3月期664万円43.6歳18.2年4303人
2019年3月期648.1万円43.5歳18.1年4328人
2018年2月期660.6万円43.1歳17.8年3885人

出典:三菱食品・有価証券報告書

過去5年間の平均年収の推移をグラフと表組みで示しています。
三菱食品の平均年収は前年を上回り655.7万円でした。
過去5年間では3番目の額になりました。

三菱食品の年代別平均年収と中央値

三菱食品の年収中央値は30代で547.9万円

続いて年収実態により近い年収中央値を見てみます。20代から50代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値を表にまとめました。

三菱食品の年収実態
年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代394.4万円23.8万円88.9万円354.96万円
30代547.9万円32.6万円123.6万円493.11万円
40代694万円40.9万円156.7万円624.6万円
50代822.9万円48.3万円185.9万円740.61万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

三菱食品の年収が高い理由

賞与は年間5ヶ月分超

三菱食品の年収の高さの理由として、まず第一に賞与の水準の高さがあります。社員の口コミによると、「年間5ヶ月がベースで、全社業績と個人業績で5~6ヶ月の間を変動する」とのこと。支給額は、目標の達成度合いとその評価結果によって変動がありますが、「1番上と1番下の賞与額の差があまり大きくない」とのことで、全員が安定的な額を支給されることが分かります。

もう一つの理由としては、住宅手当の充実です。「独身者は5~7万円、家族同居であれば10~12万程度の補助が出る」という金額の高さで、社員からは「年間100万円程度恩恵を受けることができる」と満足の声が多く寄せられています。また転勤時の対応も厚く、「赴任して10年目までは家賃の3割程度で住むことができる」そうです。

三菱食品の給与体系・内訳

福利厚生の充実が、高水準の生活を実現

三菱食品の給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(6月・12月)の賞与で構成されています。諸手当としては、通勤手当、残業手当、住宅手当などで、住宅手当の充実ぶりについては前項の通りです。それ以外に福利厚生として、 寮・社宅、持株会、会員制福利厚生サービス (ベネフィットステーション)などの制度が整備されています。こうした福利厚生の充実により、「福利厚生がしっかりしているため、年収よりも少し高い水準の生活ができる」という声も見られます。

三菱食品社員の給与明細(キャリコネ)

30代前半で年収660万円超

20代物流(非管理職)の 給与明細

30代物流(非管理職)の 給与明細

20代と30代で年収が逆転するケースも

20代営業(非管理職)の 給与明細

30代営業(非管理職)の 給与明細

三菱食品の職種別年収

職種による差異はなし

三菱食品では、営業、ロジスティクス、マーケティング、経理、システムなどの様々な職種がありますが、これらは「ゼネラル職(総合職)」と総称されます。賃金制度も共通のため、職種によって年収に差が生じるということはありません。初任給についても以下の通り、「ゼネラル職」として設定されています。
<初任給>
●大卒基本給 200,500円(別途諸手当有り)
※2020年4月実績

年代、役職別の年収目安としては、20代が400~500万円、30代主務クラスが約550万円、主任クラスが約600万円、課長クラスが700~800万円、部長クラスになると900万円を超える水準となります。

三菱食品社員の給与明細(キャリコネ)

20代の間は横並びで昇給していく

20代管理部門(非管理職)の 給与明細

20代広告宣伝(非管理職)の 給与明細

30代中盤以降は実力次第で年収差が開く

30代営業(非管理職)の 給与明細

30代物流(非管理職)の 給与明細

三菱食品で年収を上げる方法

30代中盤までは年功序列で昇給

三菱食品の賃金制度は、等級ごとに基本給が設定されているため、年収を上げるためには昇格することが必要です。昇格の仕組みについて、社員の口コミで多いものが「年功序列」というもの。特に若いうちはその傾向が顕著であるようで、「32歳までは段階的に昇給。35歳以降は実績と上司の評価次第」「35歳を過ぎると役職につかなければ上昇しない」という声が多く見られます。つまり、30代半ばまでは順調に昇格・昇給できますが、それ以降は実力次第であるということであり、「40代で課長職に就けない人は、昇給が頭打ちになり徐々に減収していく」ということも起こりえるそうです。

同社の評価制度については、「最近制度が変更された」そうで、新しい制度においては、「目標管理とコンピテンシー評価の2軸で評価される」とのこと。単純な実績だけではなく、「人間性を評価する制度に変わりつつある」ということです。

三菱食品社員の口コミ(キャリコネ)

福利厚生が他競合を凌ぐ

「他の競合よりも福利厚生では待遇が良い 転勤などある一定期間などで異動しないと住宅手当はでない……

経営統合が出世にも影響

「統合により母体での構成が高いカテゴリーに配属されると出世や評価は高くなる それ以外のカテゴリー担当になると上に上がっていくのは難しい……

三菱食品と競合他社の平均年収を比較

三菱食品の競合や同業界である加藤産業、伊藤忠食品、三菱グループの中核企業である三菱商事の4社で平均年収を比較します。
各社の最新有価証券報告書に記載されている額は、三菱食品が655.7万円、加藤産業が664.1万円、伊藤忠食品が622.4万円、三菱商事が1558.8万円です。
この4社の中で最高額は三菱商事の1558.8万円で、最低額が伊藤忠食品の622.4万円。その差はおよそ937万円で、かなりの差があります。
この比較企業の中では三菱食品は3番目に位置します。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
三菱商事1558.8万円42.8歳18.5年5571人20173.1億円
加藤産業664.1万円40.64歳15.42年1124人7790.32億円
三菱食品655.7万円44.2歳18.9年4167人19062.93億円
伊藤忠食品622.4万円41.1歳17.4年882人6046.81億円

三菱食品の競合企業の年収についてはこちらの記事をご覧ください

出典・参考
厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2021年企業活動基本調査速報-2020年度実績-」
国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2022年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。

wiget_w300
wiget_w300