【平均年収584.9万円】TOYO TIRE社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【平均年収584.9万円】TOYO TIRE社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【給与明細のひみつシリーズ】TOYO TIRE社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


TOYO TIREの平均年収は584.9万円

それでは、はじめにTOYO TIREの平均年収について見ていきます。TOYO TIREの平均年収は、2020年12月期の有価証券報告書によると、584.9万円です。キャリコネに寄せられた給与明細から算出したTOYO TIRE年代別年収レンジは、20歳代で380〜480万円、30歳代で510〜610万円、40歳代で640〜740万円となっています。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.17倍の額です。

TOYO TIREの平均年収推移

2019年12月期までは安定的推移だが

TOYO TIRE・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2020年12月期584.9万円39.2歳14.3年3725人
2019年12月期602.8万円38.7歳13.6年3595人
2018年12月期603.7万円38.6歳13.2年3532人
2017年12月期596.7万円38.7歳13.4年3462人
2016年12月期603.1万円38.9歳13.8年3327人

出典:TOYO TIRE・有価証券報告書

TOYO TIREの過去5年間の平均年収を見てみると、2016年12月期から2019年12月期の4年間は、600万円前後でほぼ横ばいです。しかし2020年12月期には前年から約14万円減少し、584.9万円となっています。

同社の業績は、平均年収同様、2016年から2019年までの4年間は安定的に推移していますが、2020年12月期はこの4年間に比較すると大きく減収減益となっています。しかし2021年12月期については、再び増収増益の見込みが発表されているため、平均年収についても再び元の水準に戻ることが期待できます。

TOYO TIREの年代別平均年収と中央値

TOYO TIREの年収中央値は30代で496.9万円

TOYO TIREの平均年収は収入における目安のひとつですが、全社員の平均なので、実際にもらえる年収額とはかけ離れている可能性があります。TOYO TIREの年収実態により近い年収中央値を見ることが有効です。20代から60代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値は以下の通りです。

TOYO TIREの年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代421.1万円26.3万円67.3万円378.99万円
30代552.1万円34.5万円88.3万円496.9万円
40代681.8万円42.6万円136.3万円613.62万円
50代792万円49.5万円158.4万円712.8万円
60代502.5万円31.4万円80.4万円452.25万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

トラック・バス用や北米向けSUV用タイヤに強みを持つタイヤメーカーであるTOYO TIREは、業種でいうと「製造業」に分類されます。この業種の平均年収は、全業種平均に比較すると、やや低いことが特徴です。例えば30代の場合、全業種平均が320.6万円に対し、業種別平均が288.2万円、といった具合です。

こうした製造業において、同社の年収中央値は、業種別平均を大きく上回っています。同じく30代の年収中央値は、496.9万円と、業種別平均の約1.7倍です。この傾向はすべての年代において当てはまるものであり、いかに同社の年収水準が高いかが伺えます。

TOYO TIREの給与体系・内訳

社宅補助により可処分所得アップ

TOYO TIREの給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(7月・12月)の賞与で構成されています。諸手当としては、家族手当、住宅手当、勤務地手当、通勤手当など、社員からも「一通りの手当はそろっている」の声が聞こえます。それ以外に福利厚生として、社宅・寮完備、社員持株会、財形貯蓄、社内ローン、ハウジングローンなど、様々な制度が整備されています。特に社宅については、「相場10万円弱のところが、3~4万円ですむ」「社宅費の補助で年間70万円くらいは出ている」とのことで、この制度の充実により、「個人の経済負担は少ない」と、社員からの評判は上々です。

賞与の支給実績は、「年間4ヶ月分程度」が平均的な水準ですが、業績によって多少の変動があるそうです。

TOYO TIRE社員の給与明細(キャリコネ)

20代管理部門(非管理職)の 給与明細

30代管理部門(非管理職)の 給与明細

20代と30代でほとんど年収差がないことも

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

TOYO TIREの職種別年収

職種による差異はなし

TOYO TIREの職種は、大きく「事務系」と「技術系」の2つに分類されます。「事務系」は営業、購買調達、管理部門など、「技術系」は開発設計、生産技術、ITサービスなどの職場で活躍します。賃金制度については、両職種とも共通の制度が適用されているため、職種によって年収に差が生じるということはありません。初任給についても以下の通り、両職種共通で、学歴別に設定されています。
<初任給(2020年4月実績)>
●修士了:(月給)233,900円
●学部卒:(月給)220,300円
●高専卒:(月給)197,100円

年代、職位別の年収目安としては、20代が350~400万円、30代が450~550万円、管理職になると800万円を超える水準となります。

TOYO TIRE社員の給与明細(キャリコネ)

20代、異職種でも横並び

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代以降は同年齢でも基本給に差が

30代管理部門(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

TOYO TIREで年収を上げる方法

年功序列、個人の評価額の差も少ない

TOYO TIREの年収は、口コミによると「職位によって給与が決まる」とのこと。「職位が上がらない限りベースの給与はほとんど変わらない」とのことで、毎年の昇給(年1回4月)はありますが、「額の少なさにがっかりした」という声も。また、昇格制度については、「基本的に年功序列」との声が多く見られます。配属された職場によっては、「年齢の高い人が多いため、昇進する機会もほぼない」というケースも起こりえます。しかし、「課長になれば、随分給料が上がるらしい」とメリハリのある賃金設計になっていることが、社員のモチベーションを高めていることが分かります。

毎年の評価制度については、年初に目標を設定、その達成度によって上長に評価され、結果が賞与に反映されます。しかしこちらについては、「成績が良くても、標準評価の人とそんなに変わらない」との声が多く、評価による反映額は大きくは設定されていないことが分かります。全員に、安定的な賞与が支給されるということは、魅力であるとも言えます。

TOYO TIRE社員の口コミ(キャリコネ)

社宅補助が可処分所得を押し上げる

「社宅が用意されるので、年収が低くても個人の経済負担は少ない 社宅費の補助で年間70万円くらいは出ている……

年功序列、同年次でも個人差は少ない

「業界からみて給与水準は若干低い 基本的に年功序列で格差が少なく……

TOYO TIREのライバル企業と比較

タイヤトップ3に対しては、やや下回る

タイヤ業界では国内4位であるTOYO TIREのライバル企業として、タイヤ世界首位のブリヂストン、国内2位の住友ゴム工業、国内3位の横浜ゴムの3社を取り上げます。

TOYO TIREの平均年収が584.9万円であるのに対し、ブリヂストンは685.7万円、住友ゴム工業は642.7万円、横浜ゴムは605.6万円です。「同業他社に比べて低い水準」「報酬は同業の中で最低ランクに位置する」との声も見られますが、タイヤシェア通りの、順当な平均年収の水準であると言えます。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
TOYO TIRE584.9万円39.2歳14.3年3725人1850億円
ブリヂストン685.7万円40.4歳14.3年14858人6916.8億円
住友ゴム工業642.7万円40.8歳15.9年7371人2186.8億円
横浜ゴム605.6万円40歳16.7年5574人2712.1億円

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。