アキュラホームの社員に向いている人は?

アキュラホームの社員に向いている人は?

「アキュラホームに転職することを考えているけれど、向いているのだろうか?」そんなことをお考えの方へ、アキュラホームの中途採用面接に100回以上同席したユナイテッドマインドジャパンが、アキュラホームの社員に向いている人について解説いたします。


アキュラホームに転職することを考える際に知っておきたいこと

アキュラホームの会社概要

アキュラホームは、1978年10月に大工出身の宮沢俊哉社長によって創業された木造注文住宅を建設する住宅メーカーです。アキュラホームは、
「日本の住まいを適正価格にし、豊かな暮らしをより多くのご家族に提供すること。」
をミッションとし、創業以来高品質な日本の住宅を適正価格にすることに挑戦し、業界の常識を覆す挑戦を続けています。
事業内容は以下になります。

【住宅建設事業】
・個人住宅建築
・賃貸・店舗住宅建築
・街づくり企画

【工務店支援事業】
・ジャーブネット、SABM運営
・家づくりプロジェクト
・共同購入(輸入)活動
・各種セミナー開催

【研究・開発事業】
・住宅研究・開発
・住宅部資材研究・開発
・住宅金融商品研究・開発
・各種保険研究・開発

アキュラホームの社風

アキュラホームの採用サイトには、「挑戦」という言葉が多く見られるように、従業員や管理者も含めて挑戦を楽しむ方が多いことが特徴です。
会社の制度としても、主体性を重視し、立候補制の配置転換等、挑戦できる機会が与えられています。
「成功するか、失敗するかは分からないけれど、まずはやってみる」
という風土が根付いています。
前向きに取り組むことを大事とされ、失敗を糧にどうすればもっと良くなるのかを考えて、次に進んでいくことを大切にしています。

アキュラホームの仕事の魅力

アキュラホームは、年功序列型の人事評価制度ではなく、実績を評価する人事制度を採用しています。実績評価といっても、結果が全てではなく、会社のミッション、ビジョンを理解し、自ら考え行動した場合、その時点で結果が出ていなかったとしても、理解度やチャレンジ精神、意欲といった面が評価されます。

改善提案の申告制度があります。この制度によって、現場社員の意見やアイデアで会社の仕組みを変えることもあり、社員のモチベーションになっています。

自分のキャリアを自分でデザインする、「キャリアデザイン制度」があります。これは、入社時の職種や経験、資格の有無に関わらず自分で手を挙げて部署移動をするチャンスが与えられるという制度で、一人ひとりの希望やチャレンジ精神にしっかりと向き合ってくれるアキュラホームならではの制度です。経験を積み、成長していくにつれて、「次はこんな仕事をしてみたい。」という意欲が湧いてくることもあるかもしれません。そんな時に、アキュラホームではこの制度を活かして、長期にわたって住宅業界で仕事をすることが可能になります。

アキュラホームの社員に向いている人

以下のような人が、アキュラホームの社員として活躍することが出来るでしょう。
 
 ・前例や常識にとらわれることなく自ら考え、失敗を恐れず挑戦することの出来る人
 ・チャレンジすることを楽しめる人
 ・自分以外の人のことを真剣に考えることのできる人

また、「お客様のこと」を真剣に考え行動することや、一緒に仕事をする仲間のことを考えて行動することが求められるため、自分以外の人のことを真剣に考えることのできる能力のある人が向いていると言えるでしょう。

アキュラホームへの転職を成功させるには?

書類選考、面接に向けて行うべき対策が多くあります。住宅業界、不動産業界専門のエージェントであるユナイテッドマインドジャパンがしっかりお手伝いいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

弊社は住宅業界、不動産業界を中心に多くの求人をもっております。「何となく転職したい。」そのような方でも一度ご相談いただければと思います。費用は一切かかりません。ご連絡お待ちしております。


この記事の執筆者

住宅業界で働くすべての人の駆け込み寺になるべく、ハウスメーカーや工務店の「困った」に寄り添い、サポートしています。単なる人材紹介に留まらず、外国人の採用支援、プロモーション支援、海外進出支援など業務全般のサポートを行っています。


関連記事

【面接対策】アキュラホームの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アキュラホームの中途採用面接では何を聞かれるのか

右肩上がりで成長を続け、日経新聞やガイアの夜明け、ZIPなど数多くのメディアで取り上げられているアキュラホームへの転職。アキュラホームへの転職を考えるにあたり自分が適しているかどうかを理解したうえで面接に臨みましょう。