【19年1月期】株価急落のサンバイオ 「テンバガー」の可能性は残されているのか?

【19年1月期】株価急落のサンバイオ 「テンバガー」の可能性は残されているのか?

1月の株価大暴落で話題となった、バイオベンチャーのサンバイオ。3月に決算発表を行いましたが、「説明会資料」だけでは理解しにくい内容も少なくありませんでした。「テンバガー」(10倍大化け株)の可能性はまだ残されているのか。有価証券報告書などで内容を補いながら読み解いていきます。


創薬ベンチャーのビジネスモデル

バイオベンチャーのサンバイオ株式会社は2019年3月25日、同年1月期決算を発表した。事業収入は7億4100万円で、当初予想の10億2500万円を27.7%下回った。営業利益は37億3300万円の赤字で、当初予想を1億9300万円下回っている。

東証マザーズに上場するサンバイオは、再生細胞薬の開発を進めるバイオベンチャー。2018年1月期の有価証券報告書は「再生細胞薬」を次のように説明している。

病気・事故等で失われた機能を再生する効能を持った細胞医薬品のこと。患者様本人の細胞をプロセスする自家移植と異なり、健常者から提供された細胞を原料に製造される医薬品であり(同種移植)、安価に大量製造できるため、迅速な普及が見込まれるとともに、高収益な事業が実現できるところに特徴がある」

画期的な薬のようだが、ビジネスモデルは普通の企業と大きく異なる。「大学等の研究機関から導入した技術を当社グループにおいて製造開発、非臨床試験、臨床試験等を実施し、医薬品の販売網を有するパートナー製薬会社に開発権及び販売権をライセンス許諾する」ことで収入を得るという。

有価証券報告書より

 

「製品」がないのに収入がある理由

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者