【19年3月期】堅実経営のテレビ東京HD 成長の鍵は「アジア向けにアニメ」か

【19年3月期】堅実経営のテレビ東京HD 成長の鍵は「アジア向けにアニメ」か

民放キー局5社の一角であるテレビ東京ホールディングス。低予算ながらも独自色の強い番組制作を行い、民放キー局最下位ながらも安定した業界立ち位置を形成しています。今回は、テレビ東京HDを財務面から分析し、運営における特徴を洗い出していきます。


損益計算書(PL):増収も費用増で利益率悪化

テレビ東京HDの2019年3月期の売上高は、前期比1.4%増の1492億円と微増を続けています。

一方、営業利益は59億円と同20.0%減となりました。減益要因は、設備投資を前年比51%増加させたことでコストが増加したためです。売上原価は前期比2.9%増、販管費は同1.6%増となり、営業利益率は同1.1pt減の4%でした。

2019年3月期の民放キー局5社で比較すると、テレビ東京HDが5社中最もの営業利益率が低く、収益性改善が課題です。(日本テレビHDが11.7%、テレビ朝日HDが5.4%、フジ・メディアHDが5.2%、TBSHDが5.1%)。

セグメント分析:減益要因は放送事業への設備投資

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

コンサル会社員をしながら、副業ライターとして執筆活動を行っています。証券アナリスト取得を目指し日々邁進しております。