【19年3月期】ニチイ学館、業績下方修正で株価下落 赤字事業のリストラいつ終わる?

【19年3月期】ニチイ学館、業績下方修正で株価下落 赤字事業のリストラいつ終わる?

2019年3月期に11期連続増収を達成したニチイ学館。2020年3月期の上期決算でも「5年連続 過去最高上期売上高を更新」など好調ですが、特別損失の計上などで利益が低い水準のままです。これは赤字事業のリストラ費用がかさんでいるため。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


損益計算書(PL):11期連続増収も純利益は低水準

ニチイ学館の2019年3月期の売上高は2879億円で、前期比1.5%増。営業利益は100億3300万円で同31.5%増の増収増益でした。営業利益率は3.5%で前期比0.8pt増えています。

2019年3月期通期決算説明会資料によると、売上高は11期連続で過去最高を更新。営業利益は7期ぶりに100億円台を突破したとのことです。

売上原価は前期比0.6%増の2303億円となりましたが、増収分がこれを上回ったため、売上総利益は同5.1%増の576億円を確保。粗利率は同0.7pt増の20.0%となりました。販売費及び一般管理費は前期比0.8%増の476億円に抑えています。

親会社株主に帰属する当期純利益は61億800万円。前期の8.5億円から7倍超に急増してはいますが、前期の7億8864万円に続き、2019年3月期も総額16億6260万円の特別損失を計上し、収益の足を引っ張っています。

セグメント分析:赤字の「教育」と「グローバル」でリストラ

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

東京都内の大学の商学部で企業評価論、コーポレートファイナンスを学んでいます。証券アナリスト資格試験合格のために勉強中です


関連記事

【面接対策】ニチイ学館の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ニチイ学館の中途採用面接では何を聞かれるのか

介護業界のシェア1位を誇る、ニチイ学館。ほかにも医療、教育など様々な事業を展開しています。中途採用は即戦力としての能力を問われたり社風に合うかどうかなどを総合的に判断される点が、新卒採用と異なっています。しっかり対策して当日を迎えましょう。