【19年5月期】Sansanが20年5月期に黒字化の見通し 新たな投資に期待も

【19年5月期】Sansanが20年5月期に黒字化の見通し 新たな投資に期待も

2019年6月19日に東証マザーズに上場したSansan。法人向け名刺管理サービスで約8割と圧倒的なシェアを誇ります。広告宣伝費などの先行投資を経て、2020年5月期には最終黒字の見通しが立ちました。同時に資本業務提携のために50億円の銀行借入を敢行。財務諸表と決算報告書資料などを基に、会社の現状と課題を整理します。


損益計算書(PL):赤字縮小から黒字化へ

2019年5月期決算は増収増益。大幅な赤字額の縮小で、黒字化の目処が見えてきました。

売上高は102億0600万円で、前期比39.4%増。営業損失は8億5000万円(赤字)で、赤字額は前期比72.2%減でした。営業利益率はマイナス8.3%で前期比33.5pt改善しています。

売上増に伴い、売上原価は15億9800万円と前期比で11.4%増えましたが、売上総利益も86億800万円で46.2%増。粗利率は84.3%で前期比3.9pt増えています。

しかし販売費及び一般管理費は94億5800万円と同5.7%増えました。

親会社株主に帰属する当期純損失は9億4600万円(最終赤字)で、赤字額は前期比69.3減でした。

すでに営業損失の大幅な改善に伴い、当期純損失も圧縮され黒字化を見込める水準になっていますが、2020年5月期の通期業績は、売上高が138億円、営業利益が7億円、営業利益率が5.2%、当期純利益も黒字化する予想です。

セグメント分析:Sansanが売上の9割。Eightは赤字

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

企業戦略の策定や分析をしています。分かりやすい財務分析を目指します。


関連記事

【面接対策】Sansanの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】Sansanの中途採用面接では何を聞かれるのか

企業の成長を後押しする名刺管理サービスに一極集中し、進化し続けるSansan。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。