【20年1月期】ゲームデバッグのポールトゥウィン・ピットクルーHD ノンゲーム市場の不正検出で事業拡大目指す

【20年1月期】ゲームデバッグのポールトゥウィン・ピットクルーHD ノンゲーム市場の不正検出で事業拡大目指す

国内外でゲームなどのデバッグ(不具合検出)・検証やネット監視を行うポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス(PPHD)。売上を伸ばし、純資産を順調に積み上げ財務安定性は十分。国内外での営業強化に加え、5GやAI、QRコード決済等に関する事業拡大を目指します。財務諸表などを基に会社の現状と将来性を整理します。


損益計算書(PL):売上高は順調に右肩上がり

ポールトゥウィン・ピットクルーHDの2020年1月期の決算は、売上高が前期比9.9%増の261億円、営業利益は同11.6%増の35億円と伸長し、営業利益率は同0.2pt増の13.5%と微増しました。

売上原価は前期比11.3%増の181億円と増加したものの、増収効果で売上総利益は同7.0%増の80億円。ただし粗利率は同0.8pt減の30.6%となりました。

販売費及び一般管理費は前期比3.6%増の45億円、親会社株主に帰属する当期純利益は前期比2.8%減の18億円となっています。

当期純利益が減少した主な要因の一つとして、特別損失に含まれる役員退職慰労金5億円があげられますが、業績には直接関係のない一時的な支出と考えてよいでしょう。

2021年1月期の業績予想は、売上高が前期比10.0%増で287億円、営業利益が同1.6%増で36億円とする一方、営業利益率は同1.0pt減で12.5%と微減の予想です。

決算短信には「類似サービスや類似子会社の統合を進め、経営効率化に取り組み、事業シナジー創出が見込まれるM&Aや資本業務提携にも取り組んでまいります」とあるので、そのためのコストがかかるものを見られます。

また、2020年1月期は前期比で減少となった当期純利益は、前期比30.9%増で23億円と大幅に伸長すると見込まれています。

セグメント分析:デバッグ・検証事業が利益の9割上げる

ポールトゥウィン・ピットクルーHDは事業を以下の3つのセグメントに区分し、各事業ではいくつかのサービスを提供しています。

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

興味深い財務分析ができるよう、日々勉強しています。