【19年12月期】カテーテルのクリエートメディック 医療機器への需要見込み株価急反発

【19年12月期】カテーテルのクリエートメディック 医療機器への需要見込み株価急反発

シリコーン製のカテーテルを中心とした医療機器を製造・販売するクリエートメディック。中国など海外向けが堅調で、緩やかに増収営業増益の基調が続いています。医療関連への物色から新型肺炎による世界同時株安からも株価はいち早く反発しました。決算や財務から現状を分析しポイントを整理します。


損益計算書(PL):緩やかな増収増益基調

クリエートメディックの2019年12月期決算は売上高が前期比0.4%増の108億4400万円営業利益は同9.0%増の10億8300万円の増収増益でした。

売上原価は前期比2.4%減の56億1600万円で粗利率同1.5pt増48.2%と改善し、売上総利益は同3.6%増の52億2800万円となりました。販売費及び一般管理費は人件費や研究開発費の増加などにより前期比2.3%増41億4500万円となりましたが、粗利率の改善により営業利益率は同0.8pt増の10.0%と改善しています。

親会社株主に帰属する当期純利益は前期比7.7%増の7億2500万円でした

会社計画比では売上高が0.8%の未達でしたが、営業利益では8.3%、当期純利益では3.6%会社計画を上回って着地しました。

2020年12月期の業績予想は、売上高が111億4000万円(前期比2.7%増)、営業利益が10億9000万円(同0.6%増)、当期純利益が7億5000万円(同3.4%増)を見込んでいます。なお、為替の前提レートは1ドル108円40銭、1人民元15.20円です。

セグメント分析:国内外でカテーテル製品を販売

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

金融機関で債券畑を経験後、証券アナリストとして株式の調査に携わる。市場動向や株式を中心としたリサーチやレポート執筆などを業務としている。ファイナンシャルプランナー資格も取得し、現在はライターとしても活動中。株式個別銘柄、市況など個人向けのテーマを中心にわかりやすさを心がけた記事を執筆。