【20年3月期】企業物流のトランコム、10年連続増収 コロナ禍でも「3PL事業」は好調の見込み

【20年3月期】企業物流のトランコム、10年連続増収 コロナ禍でも「3PL事業」は好調の見込み

企業物流大手のトランコム。貨物情報と空車情報をマッチングする「求貨求車サービス」と、物流センターの一括受託(3PL)を行う「ロジスティクスマネジメント」の2本柱で、2020年3月期は10年連続増収、3年連続増益を達成しました。コロナ禍の影響はどのようになるのか。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


損益計算書(PL):10期連続増収、3期連続増益

トランコムの2020年3月期決算は、売上高は前期比8.2%増の1635億円、営業利益は同12.4%増の76億円で増収増益でした。売上高は10期連続増収、営業利益は3期連続増益でした。

売上原価は前期比8.1%増の1532億円で、粗利率は同0.1pt増の6.3%。販管費は前期比3.4%増の27億円と増えていますが、販管費比率はほぼ変わらず、営業利益率は同0.2pt増の4.6%とわずかですが改善しています。

親会社株主に帰属する当期純利益は前期比13.4%増の49億円となりました。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、現時点では適正かつ合理的な算出が困難なため未定とのことです。

セグメント分析:「求貨求車サービス」と「3PL」の2本柱

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

自動車・IT系が得意。分かりやすい記事を発信できるよう努めます。


関連記事

【面接対策】トランコムの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】トランコムの中途採用面接では何を聞かれるのか

実際に荷物を運ぶだけでなく、独自のシステムで運送業界を牽引するトランコムへの転職。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。