【20年3月期】増収増益のヤマダ電機、持株会社体制へ 子会社化した大塚家具と「脱家電」目指す

【20年3月期】増収増益のヤマダ電機、持株会社体制へ 子会社化した大塚家具と「脱家電」目指す

家電量販店業界1位のヤマダ電機。2019年3月期は業績が落ち込んだものの、2020年3月期は増収増益を果たしました。19年末に大塚家具を子会社化するなど経営改革の成果が出始め、20年10月には持株会社「ヤマダホールディングス」体制への移行が決まっています。財務諸表などを基に会社の現状と将来性を整理します。


損益計算書(PL):値引き抑制で利益率改善

ヤマダ電機の2020年3月期決算は、売上高は前期比0.7%増の1兆6115億円、営業利益は同37.5%増の383億円で増収増益でした。

前期は在庫処理のための値引きで利益が減少していましたが、今期は仕入れる数量を適正化することで値引きを抑制。これにより、売上原価を前期比0.8%減の1兆1509億円に抑え、粗利率は同1.0pt増の28.6%に改善しました。

このため、販管費は前期比2.2%増の4223億円に増えていますが、営業利益率は同0.7pt増の2.4%に改善しています。

これらに加え、投資有価証券売却益の増加や負ののれん発生益の計上などにより、親会社株主に帰属する当期純利益は前期比67.5%増の246億円となりました。

2021年3月期の業績予想については、新型コロナウイルス感染症の収束時期が見通せない状況であり、今後の影響を予測することは極めて困難であることから、現時点では未定とのことです。

セグメント分析:「家電」を軸に「住」関連も展開

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

自動車・IT系が得意。分かりやすい記事を発信できるよう努めます。


関連記事

【面接対策】ヤマダ電機の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ヤマダ電機の中途採用面接では何を聞かれるのか

家電量販店を全国展開する業界最大手のヤマダ電機への転職。採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。