【面接対策】朝日生命の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】朝日生命の中途採用面接では何を聞かれるのか

顧客のニーズをくみ取った介護保険など、個人向け保険商品を主力とする朝日生命への転職。採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として評価されるので事前にしっかり対策をすすめ転職を成功させましょう。


朝日生命の採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

1888年創業、国内第2位の歴史の長さを誇る老舗保険会社、朝日生命。「まごころの奉仕」を経営の基本理念とする同社は、1947年の改組以降、相互会社という形態を貫いており、顧客のニーズに沿った商品展開やサービス提供の姿勢には定評があります。かつての経営難による経営方針の転換や事業規模の縮小などを経て、現在は生命保険・医療保険・介護保険といった、個人向け保険商品を主力として事業展開しています。

そんな朝日生命の口コミには「年功序列」というキーワードが多く見られます。「いかにも国内生保の昔ながらの流れを踏襲している雰囲気」「(年功序列のため)入社5年目までは辛抱が必要」「根性論で(仕事が)回っていた」などの口コミに表れているように、歴史ある企業ゆえの保守的な面があるようです。

その反面、営業職に関しては実力主義的な評価傾向が見られます。「数字(売上)を上げる人が出世する」「頑張れば頑張るだけ給与アップにつながる」「良くも悪くも実力主義の世界」といった声が聞かれ、努力や才覚が評価にしっかりと反映されることをやりがいに仕事に励む営業職員たちの姿が浮かび上がります。学歴による差別、新卒入社・中途入社の別による差なども少ないため、自分の力で着実に成果を得たいという人には適した環境と言えるでしょう。

しかし、「営業は結果がすべてなので、休みが取りにくい」「支社や営業所での勤務では常に土日出勤がある」「精神的につらいときがある」といった口コミもあり、成果を上げるためには体力面でも精神面でも強靭さが必要とされるようです。応募にあたっては、職場の状況や業務内容、労働環境を必ず確認するようにしましょう。

こうした、長い歴史ゆえの保守的な面と実力主義とが混在する朝日生命の社風のもと、能力を活かして成果を挙げられる人材であるかどうかは、中途採用において重視されるポイントのひとつでしょう。自分の志向を明確化し、スキルや素養とともに効果的にアピールできるよう対策をおこなっていきましょう。

選考は何次まで?

朝日生命の選考プロセスは、応募書類を採用担当宛てに送付することからスタートします。この応募書類の情報を基にした書類選考の通過者にのみ面接等の案内が届きます。募集要項には面接回数についての記載はありませんが、口コミによると2~3回であることが多いようです。期間にして1週間~1ヵ月と、内定までの選考スピードは早めとなっているため、限られた時間内でいかに効果的な対策を練るかが勝敗を決するでしょう。

2020年7月現在、朝日生命では、総合職およびアクチュアリー職において中途採用をおこなっています。募集要項に記載の職務内容や応募資格を確認の上、希望する職種ではどのようなアピールが有効かを探りましょう。また、応募の際には「志望理由書」の提出が必須のため、熱意の伝わる志望動機の作成も重要となります。

面接内容の傾向は?

面接では、中途採用としては一般的な質問内容が中心となります。これまでのキャリアや志望動機、退職理由や離職期間中の過ごし方など、想定される質問については事前に回答を用意しておくとよいでしょう。こうした質疑応答は人物評価を目的としていることが多いため、自己分析の一環として「強み・弱み」「仕事をする上で大切にしていること」といった項目についても整理しておくと役に立ちます。過去の経験談を添えて、自分という人間について面接官に分かりやすく説明できるように心がけましょう。

また、「株式会社と相互会社、どちらがいいと思うか?」と聞かれた人や、「保険の営業は厳しく、(成果を上げるには)相当の努力が必要だが大丈夫か?」と確認された人も。一般的な内容の質問から話題を広げ、朝日生命の経営方針や営業姿勢に合致する人物であるかを問われることもあるようです。企業研究は念入りにおこない、朝日生命のカラーや戦略についての理解を深めるとともに、自分のどのような面が活かせるかを明確にしておきましょう。

朝日生命の面接攻略法(面接対策)

朝日生命の中期経営計画を理解した上で自己分析をする

面接に臨む前に必ず押さえておきたいのが朝日生命の中期経営計画「TRY NEXT ~成長を実現し、未来を創る~」です。2018~2020年度を対象としたこの計画では、下図のとおり、企業ビジョンに沿って3つのテーマが設定されています。

朝日生命 コーポレートサイトより

顧客に寄り添う経営方針やシニア・第三分野への注力、営業力重視の姿勢など、これまでの路線を踏襲しつつ、特色ある商品展開や営業のマルチチャネル化により独自性を高め、企業としての成長を実現することが骨子となっています。第三分野保険の競争が激化する保険業界の動向を踏まえ、好調を喫する介護保険においては特に力を入れる方針で、「介護保険といえば朝日生命」という立ち位置の獲得を目指します。

また、職員による営業を主力とする方針はそのままに、顧客ニーズに応える代理店チャネルの拡充を図るほか、営業職員の質向上やICT活用による業務効率向上など、収益力アップにも取り組むとしています。

朝日生命 中期経営計画「TRY NEXT ~成長を実現し、未来を創る~」説明資料より

そして、未来志向の人材育成も積極的に進めます。若手・中堅層の強化や女性の活躍推進とともにシニア層の持つノウハウも活用するなど、組織が包含するすべての人材を戦力化する取り組みにも注力していきます。中途採用もこうした取り組みのひとつとして位置づけられており、有能な中途入社者の獲得は経営上重要な課題です。

したがって、採用面接では、朝日生命の基本理念や顧客本位の事業運営方針を理解した上で、「顧客一人ひとりの“生きる”を支える」業務を担える人物であることを示すことが必要になります。スキルや素養のアピールとともに誠実さや実直さといった、人となりが伝わる自己PRを練りましょう。

「なぜ朝日生命に転職したいのか」の明確化には他社研究が必要

中途採用面接では一般的であり、朝日生命の面接口コミにも散見される「なぜ当社か?」という質問。応募にあたっては志望理由書が必要となっていることからも志望動機を重視する姿勢がうかがえます。採用側は志望動機を問うことで、企業研究の度合いやその深度、さらには応募者の熱意や意欲を測ろうとしています。これらは応募者の入社後の働きぶりや貢献度など、さまざまな項目の指標となりうるからです。

採用側のこのような意図をくみ取り、熱意や意欲を伝えるためには、他社研究が役に立つでしょう。企業研究の過程で同業他社について比較する手法を取ることで、朝日生命のカラーや戦略、さらに人材採用方針までも明確に理解することができます。具体的には、以下のような保険会社について調べておくことをおすすめします。

  • 太陽生命保険株式会社
  • 富国生命保険相互会社

朝日生命の採用面接で実際に聞かれた質問内容

朝日生命のカラーや戦略、求める人物像などが具体的に理解できたのではないでしょうか。採用面接を受けるにあたっては、人物理解につながる経験を含めたキャリアの整理や、朝日生命の基本理念や中期経営計画を理解した上での自己PR、熱意と意欲のこもった志望動機の作成といった対策が重要となります。

「長い歴史ゆえの保守的な面と実力主義とが混在する社風」を踏まえ、「スキルやキャリアを活かし、顧客に寄り添った業務を担える誠実な人材」であると印象づけられるようなエピソードを過去の経験の中からピックアップし、質疑の流れに応じて披露できる準備をしておくとよいでしょう。

以下に、面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。面接対策の仕上げに、自分のキャリアと人となりが伝わる回答を作成し、ぜひシミュレーションをしてみてください。

[20代後半・女性/代理店営業] 【結果:二次面接で不採用】

質問

志望動機は?

回答

志望動機を詳しく聞かれる。しっかりと練りに練ることが大事。聞かれ…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・男性/営業マネージャー] 【結果:最終面接を辞退】

質問

株式会社と相互会社どちらがいいと思うか?

回答

第一生命が上場をするというときだったので、タイムリーな…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代後半・女性/代理店営業] 【結果:入社】

質問

未経験でどうして営業職に就こうと思ったのですか?

回答

新しいことにチャレンジするのが好きなことと、自分も生命保険に…(口コミの続きとアドバイスを見る

朝日生命の採用面接に向けて

朝日生命の採用面接を受けるにあたって、押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

  • 「長い歴史ゆえの保守的な面と実力主義とが混在する社風」を理解し、それに合致した行動がとれる人材であることをアピールする。

  • 朝日生命の中期経営計画を理解して、これに沿った自己分析をおこない、自己PRへとつなげる。

  • 競合他社についての理解を深め、「なぜ朝日生命なのか」に対する答えを明確にしておく。

この3つについてそれぞれ要点を整理し、自分のスキルだけでなく人柄の伝わる要素も盛り込んだ内容へと練り上げ、面接当日は誠実な受け答えを心がけましょう。

事業部長クラスや本社部門など非公開のセグゼクティブ・ハイレイヤー求人、外資系や年収800万円以上のエンジニア・営業のハイクラス求人への転職を確実に成功させたい方はグローバルウェイ・エージェントがお手伝いします。費用は一切かかりません。よろしければぜひご相談ください。

グローバルウェイ エージェントに直接登録されたい方はこちらのフォームをご利用ください。

「転職エージェントって何?」という方はこちらの記事をお読みください。

この記事の執筆者

大阪大学文学部卒業後、インフラ系SIer、大手信用調査会社、製薬会社で総務畑を歩む。企業を俯瞰的に見るのが得意。


関連記事

【面接対策】東京海上日動あんしん生命の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】東京海上日動あんしん生命の中途採用面接では何を聞かれるのか

「女性保険」や「がん保険」で高い評価を得る東京海上日動あんしん生命保険への転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われる他、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。


【面接対策】ひまわり生命の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ひまわり生命の中途採用面接では何を聞かれるのか

SOMPOホールディングス傘下のSOMPOひまわり生命保険への転職。面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策をすすめましょう。


【面接対策】ほけんの窓口グループの中途採用面接では何を聞かれるか

【面接対策】ほけんの窓口グループの中途採用面接では何を聞かれるか

日本全国に約700店の来店型保険ショップを展開するほけんの窓口グループへの転職。採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。


【面接対策】メットライフ生命の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】メットライフ生命の中途採用面接では何を聞かれるのか

外資系生命保険会社の第1号であるメットライフ生命保険への転職。採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。


【面接対策】住友生命の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】住友生命の中途採用面接では何を聞かれるのか

100年以上の歴史を歩んできた住友生命保険相互会社(住友生命)への転職。採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。