【平均年収655.5万円】パスコの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収655.5万円】パスコの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】パスコ社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


パスコの平均年収は655.5万円

それでは、はじめにパスコの平均年収について見ていきます。パスコの平均年収は、2020年3月期の有価証券報告書によると、655.5万円です。キャリコネに寄せられた給与明細から算出したパスコ年代別年収レンジは、20歳代で440〜540万円、30歳代で560〜660万円、40歳代で620〜720万円となっています。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.31倍の額です。

パスコの平均年収推移

2019年からは増加傾向に

パスコ・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2020年3月期655.5万円43.4歳11.5年2148人
2019年3月期643.7万円43歳11年2116人
2018年3月期631.9万円42.5歳10.8年2068人
2017年3月期634.4万円42歳11.2年2043人
2016年3月期633万円41.3歳10.7年1982人

出典:パスコ・有価証券報告書

パスコの過去5年間の平均年収は、2016年から2018年の3年間は630円台を推移していますが、2019年からは徐々に増加、2020年には655.5万円まで伸びています。

この背景には、パスコの業績推移があります。2014年以降、同社の連結売上高は減少を続けてきました。それに対応するため、「パスコグループ中期経営計画」が立案・実行され、それが奏功し、2019年以降は売上高が上向きに転じていることが、平均年収の動きにつながっています。

2021年3月期は若干減収減益の見込みではあるものの、上記の計画における目標は、「2022年度にグループ連結営業利益額を倍増」すること。この目標を達成するために、海外事業の健全化や、管理コストの適正化などに取組みを進めていることから、今後の平均年収の伸びについても期待できるでしょう。

パスコの年代別平均年収と中央値

パスコの年収中央値は30代で548.3万円

平均年収は収入における目安のひとつですが、実際にもらえる額とは大幅に違うこともしばしばです。年収実態により近いパスコの年収中央値を世代別に見ていきます。下の表はパスコの20代から60代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値一覧です。

パスコの年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代483.3万円33.8万円77.3万円434.97万円
30代609.2万円41.5万円121.8万円548.3万円
40代662.5万円44.1万円132.5万円596.25万円
50代677.1万円45.1万円135.4万円609.39万円
60代493.7万円34.5万円78.9万円444.33万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

航空測量、GIS(地理情報システム)の国内最大手であるパスコは、業種としては「空運業」に分類されます。この業種の平均年収は、全業種平均に比較すると、やや低い水準にあります。例えば30代を見てみると、全業種平均が320.6万円ですが、業種別平均は287.1万円と、約34万円下回っています。また50代になると、その差は100万円以上にも広がっています。

こうした「空運業」において、パスコの年収中央値は、すべての年代において業種別平均を大きく上回っています。同じく30代は548.3万円と、業種別平均の2倍に迫る水準です。

パスコの年収が高い理由

残業代と諸手当が年収を押し上げる

パスコの年収に関する口コミで、多く見られるものが「年収に占める残業代の割合が大きい」というもの。「基本給は抑えられている」ようですが、「かなり厳密に残業時間を管理されて」おり、その残業代は「青天井で支給される」とのこと。人によっては、「残業代が基本給を上回る」というケースもあるようで、大きく年収を押し上げる要素の一つであることが分かります。

もう一つの高年収を支える理由は、充実した諸手当の存在です。特に住宅手当については、「独身で3.2万円、既婚では5.5万円」支給され、また会社都合で転勤した場合は、家賃補助が7割支給されます。基本給には不満の声が見られるものの、残業代、そして諸手当が上乗せされることで、同社の高い年収が実現できていることが分かります。

パスコの給与体系・内訳

賞与は期末賞与が支給されることも

パスコの給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回の賞与で構成されています。基本的には賞与は年2回ではありますが、業績によると期末賞与も支給されることが特徴です。

諸手当は、前項でも触れましたが、住宅手当と通勤手当、時間外手当が主だったものです。時間外手当については、口コミによると、一般社員の間は残業時間分が支給されますが、管理職になると「みなし残業制」に移行され、40時間分の手当が固定的に支給されるようです。

またこれ以外に福利厚生として、独身寮や借上社宅、資格取得のバックアップや充実したクラブ活動など、社員のスキルや生活へのサポートも充実しているようです。

パスコ社員の給与明細(キャリコネ)

20代から30代で約100万円アップ

20代営業(非管理職)の 給与明細

30代営業(非管理職)の 給与明細

残業手当の差により、年齢と年収が逆転することも

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

パスコの職種別年収

「総合職」と「地域総合職」の2体系

パスコの職種は、大きく「技術」「営業」「事務」の3つに分類されます。「技術」は測量や計測、建設コンサルタントなど、「営業」は官公庁・民間向け営業および営業企画、「事務」は総務、人事、法務などの職場で活躍します。

初任給は全職種共通で以下の通り学歴別に設定されており、職種による差異はない模様です。
<初任給>
●総合職 専卒初任給:213,500円
●総合職 大卒初任給:236,000円
●総合職 修士初任給:249,500円
●総合職 博士初任給:279,000円
※ 東京地区独立生計者の住宅手当を含んだ金額。

新卒採用募集要項には、注意書きとして「地域総合職を希望する場合は、説明会や選考時に詳細を確認ください」という記載があります。「地域総合職」に関する処遇などについて、詳細は確認できませんが、基本給が別体系となっていることが推測されます。

年代別の年収目安としては、新卒入社3年目(25歳前後)で約450万円、20代後半~30代で500~600万円、管理職になると650~700万円、といった当たりです。

パスコ社員の給与明細(キャリコネ)

残業手当の差が大きな年収差に

20代技術(非管理職)の 給与明細

20代営業(非管理職)の 給与明細

業績により賞与支給額に大きな差が

30代営業(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

パスコで年収を上げる方法

細かいグレード管理により基本給が決定

パスコの給与体系は、口コミによると、「細かいグレード管理がされている」とのこと。1グレード上がるごとに基本給が500円程度アップするとのことで、大体1年間で3グレード上がることが平均的なようです。10グレード上がると、一段上の資格に昇格する、という仕組みになっています。したがって、年収を上げるためには、評価を得たうえで、グレードを上げていくことが必要になります。

同社の評価の仕組みとしては、年初に目標を設定、半期・期末に上長と面談を行い、その結果で評価結果が一次的に決まります。さらに事業部ごとに調整が入り、最終評価が決まるというもの。「個人がどんなに頑張っても評価されず、結局は相対評価になる」という声も見られ、個人ごとに大きな差はつけられないようです。

パスコ社員の口コミ(キャリコネ)

諸手当類と残業代で月給が高額に

「住宅補助なども手厚いので手取り金額はそこそこ 給与の伸びはそんなに良くないらしい……

個人ごとの評価結果は大きく差はつかない

「8割以上の人間は昇給があるが成果によって差はあまりない 管理職になると一般社員よりも昇給幅は小さく……

パスコのライバル企業と比較

ライバル企業に対しては見劣りするが

パスコのライバル企業として、同じく航空測量や建設コンサルタントを主事業とする3社、アジア航測と日本アジアグループ、長大を取り上げます。

パスコの平均年収が655.5万円であるのに対し、アジア航測は696.3万円、日本アジアグループは749.6万円、長大は800.4万円と、パスコはこの3社に対し見劣りする水準となっています。冒頭でご紹介した「パスコグループ中期経営計画」が結実すれば、他社にも追随できる水準になることが期待できます。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
パスコ655.5万円43.4歳11.5年2148人481.4億円
アジア航測696.3万円44.6歳14.1年1131人282.5億円
日本アジアグループ749.6万円44.2歳11.7年86人432.5億円
長大800.4万円45.5歳12.5年782人171.7億円

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】パスコの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】パスコの中途採用面接では何を聞かれるのか

航空測量、GIS(地理情報システム)の国内最大手パスコへの転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われる他、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。