【平均年収876.4万円】五洋建設の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収876.4万円】五洋建設の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】五洋建設社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


五洋建設の平均年収は876.4万円

まずはじめに五洋建設の平均年収を見ていきましょう。五洋建設の平均年収は876.4万円です(2020年3月期有価証券報告書)。キャリコネに投稿された給与明細を参考に五洋建設の年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で520〜620万円、30歳代で690〜790万円、40歳代で880〜980万円という結果がでました。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.75倍の額です。

五洋建設の平均年収推移

5年間で約100万円増!

五洋建設・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2020年3月期876.4万円42.5歳17.9年2893人
2019年3月期838.3万円42.8歳18.3年2793人
2018年3月期836.7万円43.1歳18.6年2673人
2017年3月期792.1万円43.4歳19年2572人
2016年3月期760.1万円43.5歳19.1年2522人

出典:五洋建設・有価証券報告書

五洋建設の平均年収は、過去5年間で100万円以上も増加しています。2016年3月期時点では760.1万円が、毎年約30万円ずつ増加(2018~2019年は例外)し、2020年3月期には876.4万円に到達しています。

この背景には、同社の好調な業績があります。増収増益を続けていることはもちろん、2020年3月期においては「過去最高益を6期連続更新」という記録を樹立しています。2018年には、「中期経営計画(2017~2019年度)」の数値計画を見直し、主要連結数値目標(売上高・当期純利益・自己資本比率・配当性向)を上方修正していることからも、予想を上回る好業績であることが分かります。

2021年3月期については、得意分野により注力することにより「増収」が見込まれており、さらなる平均年収の伸びも期待できます。

五洋建設の年代別平均年収と中央値

五洋建設の年収中央値は30代で664.7万円

有価証券報告書の平均年収は、全社員の平均を表したものなので、実際にもらえる額とは大幅に違います。五洋建設の年収実態を知るため、世代別の平均年収と年収中央値を見ましょう。下記は五洋建設の20代から60代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値を表したものです。

五洋建設の年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代562.9万円35.1万円90万円506.61万円
30代738.5万円46.1万円147.7万円664.7万円
40代927.2万円57.9万円185.4万円834.48万円
50代1004.5万円62.7万円200.9万円904.05万円
60代723.6万円45.2万円144.7万円651.24万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

スーパーゼネコン5社の次ぐ、「準大手」ゼネコンであり、海外土木では首位を誇る同社は、業種としては「建設業」に分類されます。この業種の平均年収は、全業種平均とほぼ同水準にあります。例えば30代と40代を見ると、全業種平均は320.6万円、395.6万円ですが、建設業平均は316.2万円、397万円、といった具合です。

こうした建設業において、五洋建設の年収中央値は、業種別平均を大きく上回っています。同じく30代、40代を見てみると、664.7万円、834.48万円と、業種別平均の約2.1倍という高さです。社員の口コミを見ると、「スーパーゼネコンには劣る」という声も見られますが、業種内においては、十分に高い水準であることが分かります。

五洋建設の年収が高い理由

住宅関連の手当が充実

五洋建設の高い年収を支える大きな理由の一つは、「住宅」関係の諸手当・福利厚生の充実にあります。まず住宅手当は、支給対象は「配偶者または扶養義務のある子を持つ主たる生計維持者で、会社から社宅の提供を受けない社員」という但し書きはありますが、その金額は「21,000円〜32,000円の範囲」という高い水準です。(※総合職のみ、支給金額は地域により異なる)

また、社宅・寮についても、
・社宅:社宅または「借上げ社宅」が利用可能。役割等級に応じて25,000円〜35,000円までの範囲で自己負担額が決定。
・寮:全国に寮完備、水道光熱費は会社負担。自己負担額は5,000円〜17,000円(物件により変動)。
という充実ぶりです。
口コミによると、こうした制度は「対象が45歳までの社員」が適用されるようですが、年収を上げることにも、可処分所得を増やすことにも、両面で効果のある制度であることは間違いないでしょう。

五洋建設の給与体系・内訳

賞与は年4ヶ月程度

五洋建設の給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(7月・12月)の賞与で構成されています。

諸手当は、住宅、家族、時間外手当などが主だったものですが、前述の通り、住宅手当の水準は高く、社員からも好評を得ています。

また福利厚生についても充実しており、寮・社宅完備(総合職社員に限る)、社内預金、財形住宅貯蓄、従業員持株会、育児休業、介護休業などの制度が整備されています。また転勤の機会も多い同社では、口コミを見ると「単身赴任者に月に2回の帰省旅費手当が支給される」とのこと。住宅手当同様、こうした手当の充実ぶりも、同社の社員の働きやすさを支えていることが分かります。

賞与は、「年4ヶ月分」が平均的な水準ですが、さらに「業績とともに年々増額されている」という声もあり、今後さらなる充実に期待が寄せられます。

五洋建設社員の給与明細(キャリコネ)

20代から30代で約200万円増

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

20代から30代で賞与も約2倍に

20代管理部門(非管理職)の 給与明細

30代管理部門(非管理職)の 給与明細

五洋建設の職種別年収

五洋建設の職種別年収

五洋建設の職種は、大きく「総合職」と「一般職」に分かれます。さらに「総合職」は、専門分野によって、「土木職」「機電職」「建築職」「事務職」に細分化されています。賃金体系は、「総合職」「一般職」では別体系ですが、「総合職」はいずれの専門分野においても同一体系が適用されます。初任給についても、「総合職」「一般職」別、さらに学歴別に設定されています。
<初任給>
●総合職
・院修了:260,000円
・学部卒:240,000円
・高専卒:220,000円
●担当職
・学部卒:202,000円
・短大、専門卒:190,000円

「総合職」の年代、職位別の年収目安としては、20代前半が約500万円、20代後半は600~650万円、30代前半が約700万円で、主任クラスになると800~900万円、課長クラスで約1000万円、といった当たりです。

五洋建設社員の給与明細(キャリコネ)

異職種でも同年代ならほぼ同年収

20代管理部門(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代は同年齢でも100万円差になるケースも

30代技術(非管理職)の 給与明細

30代管理部門(非管理職)の 給与明細

五洋建設で年収を上げる方法

「完全なる年功序列」の声も

五洋建設の給与体系は、「役割等級」ごとに設定されています。そのため、年収を上げるためには、この「等級」を上げることが必要です。同社の評価制度は、以下2つの要素で構成されています。
①階層毎に求められる役割(行動・姿勢)を満たしているかどうか。
②自己申告型の目標管理制度:期初(5月)に目標設定、3回の点検面談(10月・1月・3月)を通じて評価結果決定。

しかし口コミを見ると、「完全なる年功序列」「人事評価とリンクしているが、その差は大きく違わない」といった声も。人事評価制度は機能しつつも、あまり大きく個人差をつけることは避けられているようです。これは、実力主義を重んじる人にとっては不満を感じるかもしれませんが、「基本的には年功序列で出世。長く勤めていれば誰でも現場の所長クラスまでにはなれる」「長期に勤める覚悟がある人にとっては良い制度」と、ある意味では安心感のある制度設計であると言えます。

五洋建設社員の口コミ(キャリコネ)

年功序列で着実に昇格できる

「基本的に年功序列で、大卒であれば8年後に主任 若くして所長になる方も多くなっていくと思われる……

管理職になるには、相当なマネジメント能力が必要

「出世は完全に年功序列 現場を管理できた人間であれば部長になれる……

五洋建設のライバル企業と比較

ライバル企業と互角の水準

五洋建設のライバル企業として、同じく「準大手」ゼネコンであり、海外土木を主事業とする、東亜建設工業、東洋建設、若葉建設の3社を取り上げます。

五洋建設の平均年収が876.4万円であるのに対し、東亜建設工業は877.2万円、東洋建設は788.9万円、若葉建設は873万円です。東洋建設を除いた3社はほぼ同水準であり、海外土木業界においては、ライバル企業と互角の水準であると言えるでしょう。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
五洋建設876.4万円42.5歳17.9年2893人5415.3億円
東亜建設工業877.2万円46.3歳20.2年1486人1818.5億円
東洋建設788.9万円43.2歳19年1294人4714.6億円
若築建設873万円45.1歳18.4年695人1047.8億円

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】五洋建設の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】五洋建設の中途採用面接では何を聞かれるのか

海洋土木に特化し、有名な建築物も多く担当してきた五洋建設への転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。