【平均年収619.7万円】堀場製作所社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【平均年収619.7万円】堀場製作所社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【給与明細のひみつシリーズ】堀場製作所社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


堀場製作所の平均年収は619.7万円

まずはじめに堀場製作所の平均年収を見ていきましょう。堀場製作所の平均年収は619.7万円です(堀場製作所有価証券報告書)。キャリコネに投稿された給与明細を参考に堀場製作所の年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で360〜410万円、30歳代で510〜560万円、40歳代で630〜680万円という結果がでました。正規雇用者の平均年収は495.7万円(国税庁・令和2年分民間給与実態統計調査結果)で、比較して約1.26倍の額です。

堀場製作所の平均年収推移

堀場製作所・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移
決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2021年12月期619.7万円41.2歳14.9年1542人
2020年12月期599.3万円40.7歳13.6年1623人
2019年12月期657万円40.2歳13.6年1702人
2018年12月期696.1万円40.2歳13.6年1656人
2017年12月期690.9万円40.2歳14.1年1574人

出典:堀場製作所・有価証券報告書

過去5年間の平均年収の推移をグラフと表組みで示しています。
堀場製作所の平均年収は前年を上回り619.7万円でした。
過去5年間では2番めに低い額になりました。

堀場製作所の年代別平均年収と中央値

堀場製作所の年収中央値は30代で525.9万円

続いて年収実態により近い年収中央値を見てみます。20代から50代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値を表にまとめました。

堀場製作所の年収実態
年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代380.6万円24.2万円75.6万円342.54万円
30代525.9万円32.9万円104.6万円473.31万円
40代653.4万円40.6万円130万円588.06万円
50代772.5万円47.8万円153.8万円695.25万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

堀場製作所の給与体系・内訳

独身寮の入居期限は3年間

堀場製作所の給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(6月・12月)の賞与で構成されています。諸手当は、次世代育成手当、地域手当、通勤手当、外勤手当など様々な手当が整備されています。一方で、住宅手当がないことについては不満の声が聞かれますが、福利厚生として独身寮・借上社宅は準備されています。ただ、「独身寮の入寮期限が3年」という制約があるため、4年目以降は「手取り収入が大幅に減少する」とのことです。一方で転勤者については手厚く、「転勤時の引っ越し費用は会社負担、家具をそろえるための補助金もある」と、メリハリのある制度設計であることが分かります。

基本給については、「かなり低い。残業しないと稼げない」「昇給も他社に比べると少ない」といった声も多く見られます。しかし一方で賞与は年間4~6ヶ月分支給されるという口コミも見られ、これに対しては満足の声が多数寄せられています。

堀場製作所社員の給与明細(キャリコネ)

10年間で約180万円の年収アップ

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

賞与は年間4ヶ月分を超える

20代営業(非管理職)の 給与明細

30代営業(非管理職)の 給与明細

堀場製作所の職種別年収

地域手当により、勤務地によって差異あり

堀場製作所の職種は、「総合職」の中でさらに「技術系職種」と「事務・営業系職種」の2つのコースに分けられています。しかし賃金制度は、両コースともに共通であるため、職種による年収の差はありません。初任給についても、以下の通り、両コース共通で学歴別に設定されています。地域手当があるため、首都圏と京都本社では1万円の差異があります。
<初任給>
●博士了 : 月給25万4,200円
●修士了 : 月給24万1,800円
●大学卒 : 月給21万6,200円
●高専卒 : 月給19万400円
●短大・専門卒 : 月給18万2,400円
※京都本社、びわこ工場勤務の場合。首都圏は1万円増。

年代、職位別の年収目安としては、20代が400~500万円、30代が500~600万円、課長クラスになると約650万円、マネージャー職になると800万円を超える水準となります。

堀場製作所社員の給与明細(キャリコネ)

20代は異職種も同水準

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代では大きく年収に差も

30代技術(非管理職)の 給与明細

30代管理部門(非管理職)の 給与明細

堀場製作所で年収を上げる方法

年功序列の風土が根強い

堀場製作所の賃金制度は、職能資格制度であり、資格と賃金が紐づく仕組みとなっています。しかし実態としては、「基本的には年功序列」「年齢に応じて昇給していく」と、年功序列の風土が根強く残っていることが伺えます。

評価制度としては、年初に目標を設定し、年度末にその成果と目標達成度合いに関する上長の確認結果と、それに加えて「社外・社内発表やTOEICの点数」も評価の要素になるとのこと。その評価結果が賞与に反映されますが、「優秀な人でもボーナス額にそれほど差はない」というのが実情のようです。

堀場製作所社員の口コミ(キャリコネ)

社内イベントでの役員交流も好機に?

「メーデーやビアガーデンなど社内イベントは多い イベントでは役員クラスの方と話す機会も……

年功序列ではあるが、若手育成にも熱心

「海外研修制度があり、2~3年目からいける 若手でもどんどんチャレンジをしていける……

堀場製作所と競合他社の平均年収を比較

堀場製作所の競合や同業界である島津製作所、TOWA、日本電産の4社で平均年収を比較します。
各社の最新有価証券報告書に記載されている額は、堀場製作所が619.7万円、島津製作所が841万円、TOWAが650.6万円、日本電産が645.1万円です。
この4社の中で最高額は島津製作所の841万円で、最低額が堀場製作所の619.7万円。その差はおよそ222万円で、かなりの差があります。
この比較企業の中では堀場製作所は4番目に位置します。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
島津製作所841万円43.4歳18.3年3491人2246.08億円
TOWA650.6万円39.8歳12.7年573人425.27億円
日本電産645.1万円39.2歳10.8年2511人1981.27億円
堀場製作所619.7万円41.2歳14.9年1542人500.13億円

堀場製作所の競合企業の年収についてはこちらの記事をご覧ください

出典・参考
厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2021年企業活動基本調査速報-2020年度実績-」
国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2022年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。

wiget_w300
wiget_w300