僕がリクルートからグローバルウェイに転職を決めた理由

僕がリクルートからグローバルウェイに転職を決めた理由

ソーシャル・ウェブメディア事業部の事業責任者である私、根本がリクルートを辞めてまでこの会社に転職を決めた理由や入社して初めてわかった弊社のいいところを素直にお話しします。 カジュアル面談に来てくださった方や人材紹介会社の方に予め説明する内容(=よく聞かれる内容)でもあります。弊社に少しでも興味を持っていただけ幸いです。


事業責任者・根本の経歴

まずは私の自己紹介から。

株式会社グローバルウェイ 取締役兼ソーシャル・ウェブメディア事業部事業部長
 根本 勇矢(ねもと・ゆうや)


2006年:株式会社リクルートに入社。リクナビNEXTの編集、企画、制作運用、UI改善、カスタマー、クライアントサポート業務等に幅広く携わる。

2009年:リフォーム会社紹介サイトを運営する株式会社ホームプロに出向。ユーザー画面・企業管理画面の開発から、バックオフィスの開発、営業戦略立案、セールスフォース導入を含めた大規模インフラリニューアルを推進。成約率の改善の一環として、ビッグデータを用いた自動マッチングも推進。同営業企画組織のマネージャーも務める。両組織を通じてMVPやベストプラクティス賞、イノベーション賞等多数受賞。

2017年:株式会社グローバルウェイに転職。事業責任者として口コミサイト「キャリコネ」のグロースや転職サイト「キャリコネ転職」を立ち上げにコミットしつつ、新規事業の創出を担う。
大規模な組織の理屈とスタートアップの事情の両方を経験する中で、「事業の成長は人の成長」という部分は共通すると確信するようになる。本来は手を動かすのが好きだが、それ以上に人と関わるのが好きな性分で気付いたらマネージャーになっていた。マネジメントスタイルはコーチング主体のオープンなコミュニケーションで、どんなに忙しくてもまずはメンバーと向き合うのがモットー。

好きな言葉は『努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している。』
他者からの評価は『圧倒的当事者意識の塊』『柔和』『マルチタスクの鬼』。

現在のミッション
『働く人を活性化する』という事業ミッションの元、中期目標としての、現在1億ユーザーの自社サービスを、2022年までに10億人が使うサービスにするという、チャレンジングすぎるゴールに対して日々チームのみんなと奮闘中。自社サービスであるクチコミサイト『キャリコネ』の利用者からの「入社前にどういう会社が知れて本当に良かった。もっとこのサイトの認知が上がればいいのに」という声に支えられて、エンジン全開で働いております('◇')ゞ

グローバルウェイに転職を決めた理由

「働きがい」は働く人と企業の両方が関わる永遠のテーマ。将来性◎

最近、「働きがい」といったキーワードが出てくることが多くなりましたよね。この「働きがい」と「働きやすさ」は個人的には微妙に違うものだと思っています。「働きやすさ」はオフィススペースや勤務制度等のハード面の整備で企業側が整えやすいもので、「働きがい」は中で働く人との関係性や風土等のソフト面で決まってくるもの。人が働き続ける以上、企業が事業を継続する以上、永遠に無くならないテーマ(=需要が常にある)だと思っています。

『働く人を活性化したい』に集まる素晴らしいマネージャー陣。事業も急成長中

グローバルウェイに興味を持ったきっかけは「キャリコネ」でしたが、同じ事業部内には、働く人のためのニュースメディア「キャリコネニュース」や、キャリアアップを目指す人の為の転職サイト「キャリコネ転職」、転職活動中に企業研究が5分でできる「Resaco」などがあります。さまざまなサービスを通して求職者やその手前の転職検討者に対し、知りたい情報を集め、届け、雇用のミスマッチを防ごう、そして『働く人を活性化しよう』という熱い情熱を感じました。
入社前に全マネージャーと会わせて頂き、その温かい雰囲気と多種多少なタレントが揃っている状況に心が躍り、入社を決意しました。

「圧倒的な」ユーザー中心のサービス設計が気持ちいい

働く側にとって「働きがい」は非常に重要ですが、入社してみないとわからないといったことが多いと思います。口コミサイト「キャリコネ」はそういった求職者のニーズ現状においても、応えられていると思いますし、自分が投稿した口コミがまた次の求職活動中の誰かに役に立てる、その累積が益々役に立てるループを創っていくこのシステムが非常にユーザー中心でいいなと思いました。
前職では広告メディアを運営していたのですが、その際はクライアントニーズに配慮するということが少なからずありましたので。

リフレッシュルーム。奥に見えるマッサージチェアも人気

グローバルウェイに入社して感じた3つの特徴

私がグローバルウェイに実際に入社して感じたことを3つあげると、

①残業が少ない

圧倒的に残業が少ないですね。厳密にいうと自分はワーカーホリックタイプなので、昼夜を問わず仕事(というか仕事と仕事以外の切れ目がない)をしているのですが、一緒に働くメンバーのみなさんでいうと月平均10時間、多くても20時間以内で収まっている感じです。
エンジニアチームでもこの範囲で収まっているので非常に感心しました。

以下のグラフは年末年始の、メンバーのスラックの稼働時間を表したものになります。多くのメンバーが18時や19時には切り上げていること、年末年始の休み期間は本当に休めていることが分かるかと思います。

②家族風土万歳日本企業でもなく、個人プレー推奨外資系企業でもない

最も伝えづらい(伝わることが難しい)のが社内の風土、雰囲気なのですが、一言でいうと「ちょうどよい距離感」がある組織だなと思っています。
結婚されている方も多いので飲み会なども多くなく、ただ全くないという程でもないみたいな・・・

③女性の活躍がすさまじいというか活力がすごい。在宅ワークも活用Good

今時、差別している会社のほうがおかしいと思いますが、社内で「性別」によって何か区分されるといったことは全くないですね。
今任せて頂いている事業部においては、人数構成比は半々ぐらいで、組織長の人数構成比はやや女性が多いです。子育て中のママも多く、在宅ワークも促進・思いっきり活用されているのでそういった方にも働きやすい環境&風土があると思います。

廊下。ちょっとだけオシャレ

こんな方と一緒に仕事がしたい

いま、グローバルウェイでは4つの職種で共に働きたい方を求めています。

マーケター(責任者または候補クラス)

単体サービスでは既存のウェブマーケティングはやりつくしたかな、次はもっと事業全体を見たうえでマーケティング戦略の設計を行ったり、最新のトレンドを追いながらソーシャルマーケや動画マーケ、O2Oマーケのテンプレではない突き抜けた施策を考えたいなという方お待ちしてます!

むろん、各論の作業はパートナー企業や在宅の運営スタッフに依頼することは可ですが、ご自身も自分でできることが前提です。(上位概念を整理して投げるだけはダメ。メンバーを各論で具体的に育てられるというかアドバイスできないとダメです)


<提供できる環境>

・複数の事業のToC、ToBの両方のマーケティングに携われる

→口コミサイト、転職サイト、ニュースサイト、ハイクラスのヘッドハンティング等

※上記に加えグループ会社のタイムチケットの領域を見ていただく場合もあります。


・意思決定が速い

→根本直下なので、想定MROIを提示して頂ければ投資は数百万単位なら即決します!


・ウェブ以外も

→最近、交通広告を出し始めましたが、将来的にはテレビCMも!


★該当の求人については作成中です。前職考慮も致しますので気軽にお問合せください。

エンジニア

もう、事業会社で働きたいエンジニアであれば全員ウェルカム!というぐらい困っています。PHPの経験があればもちろんベストですがJava経験者も歓迎です。まずはカジュアル面談しませんか?
現在エンジニア4名+パートナー会社さまで開発しているのですが、抱えるサイトの種類や規模が大きすぎで全く追いついていません。誰か助けてください。エンハンス開発を続けることはもちろんのこと、膨大なデータがあるので、ビッグデータ×AIを駆使したマーケティングやレコメンド機能といったチャレンジも行っていきたいです。

提供できる魅力は
・経営上層部がエンジニアリング経験者
 →無茶ぶりが無い。デスマーチ皆無。残業が少ないので、外部の勉強会参加などに不自由は一切ありません。社長がコードかけます。採用責任者もSQL書いてます。
・複数サイトを運営しているので、様々な環境や言語に携われる
 →現在PHPとRubyのサイトがありますが、今後新しい言語を使った開発も視野に入れています。
・受託ではなく事業会社なので、改善提案を自ら行え、その効果を実感できる
 →自分の開発が、ユーザーやクライアントにどれだけ貢献できたかをリアルタイムで知ることができます。
・豊富なキャリアパス
 →やっぱり受託系の大規模プロジェクトでPL、PMを目指していきたい!
 →最新のCtoCサービスの開発を行いたい!という場合は社内面接を経て異動も可能です。

<チームの男女比率>
男:女 3:1

【開発環境】
言語:PHP(フレームワーク:FuelPHP)
環境:Linux(AWS EC2 ), Apache
DB : MySQL
バージョン管理:Git, GitHub
メール配信 : AWS SES
画像サーバ: AWS S3
CDN : AWS CloudFront
キャッシュ : AWS ElasticCache
その他 : RDS, Route53, CloudWatch, HTML5, CSS3(Sass), JavaScript, Pug(Jade), Less, JavaScript(es6), Riot.js

■こんなチームで働きます!
・基本的には、少人数の自社メンバーでチームを組み、開発をおこなっています。採用する開発手法や技術はチームに任されているため、新しい技術の導入にもトライしやすい風土です。最新技術、トレンド技術に触れる機会もあるので、あなたの経験にも大きくプラスになるでしょう!

・「チームで開発する」ことを重視しており、アジャイル開発手法のスクラムを導入しております。
スプリントの期間を2週間と設定して日々サービスの改善を実施しています。
ひとりのスタッフに業務が偏ることがないように、毎週チーム全体で進捗を管理しながら開発を進めています。

営業

野武士のような方に来て頂けると助かります。完成された組織で決まった売り方だけをしていた方というよりは、目標に対して自ら行動設計を定め、クライアントにアタックする中で成果に向けてPDSを回せる方が頼もしいです。提案トークの改善や資料作成まで自分で行うレベルの自立自走ができる方であれば三顧の礼でお迎えに上がります。
求人広告の提案営業経験者に限らず、対法人営業で新規の経験があれば、その営業力を活かして頂きたいです。

現在の営業事業所は熊本に存在しており、素晴らしいパフォーマンスでTELセールスで受注実績を上げているのですが、一定規模の会社さまになるとどうしても「電話だけでなく、来て、説明して欲しい」というニーズがあります。そのようなケースに機動的に動き、そして丁寧に価値を伝え、確実に受注を頂いて帰ってくるようなスキルを持った、そこのアナタ!応募お待ちしております。

提供できる魅力は
・上長が大手事業会社の営業戦略、代理店の営業トップの2名体制
 →リクルート流と日経専属代理店流の「情熱と理屈と技術」の3つが習得できます。
・複数サービスを運営しているので、売り物がたくさんあり飽きない
 →クライアントのニーズによって提案する内容を変化させることができます。
・事業会社なので、売り物を改善またはゼロから作れる
 →作った商品を売るのではなく、買って頂けるものを作ることも可能です(実際に新規事業はそういった形で作っていますし、クライアントニーズは現場の営業こそが掴んでいると信じております)。
・フルで在宅も可!自宅からインサイドセールスが行えます
 →こちらは、人材営業経験者のみとなっています。未経験の方についてはお問合せください

<チームの男女比率>
男:女 2:3

弊社では年齢で判断はしていません。社会人経験年数に応じた相応の「経験・スキル」と、一緒に働いて「気持ちがよさそうか」という2軸でのみ判断しております。実際、社内には70代で現役の方もいらっしゃいますし、先日採用させて頂いたマネージャーも50代の敏腕営業ウーマンでした。

時短勤務についても、保育園のお迎えの時間等も考慮した時短勤務の働き方を新たに制度を設計することすら可能です。先日も同様のケースで制作スタッフの在宅ワーク制度を整えました(本人の相談からわずか2週間で制度設計と承認まで行うスピード感です)。お気軽にご相談ください。

【年収500万円目指せる】完全在宅勤務★オンラインでの営業Icon outbound

https://libinc.jp/recruitments/23767

株式会社グローバルウェイの求人を探すならLiBzCAREER. 仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性のための転職サービス。

Webディレクター

求人票では経験者募集となっていますが、ここだけの話、未経験も可能です。
元デザイナーや元エンジニア等の過去制作に携わったことのある方に限らず、営業や運用スタッフからのキャリアチェンジも応援致します。人と話すのが好き×割ときっちり物事を進めたい性分の方はぜひ一度お声がけください。

提供できる魅力は
・国内最大手制作会社出身のプロがディレクターのイロハを伝授
 →部内随一の優しいお姉さんが、丁寧に教えてくれます。
・サービスを複数運営のメリット
 →様々な規模の開発、制作ディレクションに携われます。将来的には海外向けサイトの構築も!?
・事業会社なので、自分の改善提案が実現しやすい
 →ディレクターだから「つなぎ役」という風に仕事を限定せず、サービス企画やデザインにどんどん口出ししてください。みんなで良いプロダクト・サービスを作っていきましょう!

<チームの男女比率>
男:女 5:5

グローバルウェイは人本位の採用をしています

時短勤務等について

最近は子育て中のママさんの採用を積極的に行っています。各職種で在宅でハイパフォーマーなママさんたちが働いてくれています。子供の急な熱やPTA招集などにも各マネージャーが柔軟に対応しています。

大企業ではまだまだ一部リモートワークぐらいしか認めらていないことも多く、我々のような上場はしているものの、まだまだ柔軟に動けるサイズの企業だからこそ多様な働き方を支援できているのかなと思います。

地方から上京しチャレンジする方を応援します

社長が岐阜県出身の為か、地方からの上京者に対するサポートを手厚くしたい、ということで、転職に関わる引っ越し費用が発生する場合には20万円支給します。(東京・神奈川・千葉・埼玉以外から、左記4県に引っ越しする場合に限る)詳細な適用要件などもお気軽にご相談ください。

転職回数は3回迄!(ということもありません)

転職サイトを運営しているだけあって、転職回数で一律お断り!ということは全くありません。が、転職回数を4回、5回と重ねている方には、面接時にその理由やキャリアアップに繋がっているかどうかを詳しくヒアリングさせて頂いております。
例えば外資系企業を営業即戦力として渡り歩いている、等の場合はむしろ好印象ですね。

些細なことでもお答えします(採用責任者直通連絡先)

弊社について興味が湧いたけど、これはどうなの?というのもまだまだたくさんあると思います。
どんな小さなことでも構いません、お気軽にご連絡ください。誠意を持ってお答えします。
私、根本の直通連絡先ですのでご安心ください。

フェイスブック:https://www.facebook.com/yuya.nemoto/about
メールアドレス:yuya.nemoto★globalway.co.jp ★を@に変更してください

企業・会社のホンネ口コミが集まる!就職・転職に役立つ情報サイトIcon outbound

https://careerconnection.jp/

信頼度の高い口コミ(審査通過率50%)や、年収、給与明細、残業、面接対策の情報が充実!

追記:キャリコネに込める想い

キャリコネ

『本音で探そう、自分らしい働き方』というサービスコンセプトのもと、求職者が求める「リアル」な会社情報を提供できるように口コミを集めています。他の口コミサイトと違い「掲載企業から掲載費用やページ管理費用を1円ももらっていない、というかそういった企業向けサービスすら無い」モデルなので、ひたすらユーザーのためのサービスに振り切って運営しています。求人広告の営業がヒアリング時に聞いた内容を社員の声として載せる口コミやランキングに載るための企業主導の口コミ投稿が世の中に蔓延してしまったので、我々はそういった方向ではなく、他サービスとは違った工夫でユーザーのためになる会社情報を集め、転職の参考になる情報発信・提供を行っていきます。


キャリコネニュース

『働きやすい職場を増やそう』をサービスコンセプトに、キャリア系のニュースや労働・雇用両面のトレンドを扱っています。できるだけ難しいニュースもわかりやすく、通勤時間中に一息つけるような記事を発信しています。人材業界では空前の「求職者獲得困難時代」に差し掛かっていると思うので、求職者にとって魅力的で付加価値の高い人材サービスや、働きがいのある企業・働きやすい企業を世の中に認知促進すべくコラボレーションを進めていく予定です。


キャリコネ転職

『この企業に入社してよかった』に関わりたくて転職サービスの立ち上げを頑張っています。大手媒体や人材紹介では埋もれてしまう地元の優良企業を発掘し、求職者に届け、転職成功までサポートすることを愚直にやっていきたいです。働き方改革の推進を自ら実践すべく、在宅ワークを中心としたチームで運営することにもチャレンジしています。


Resaco

ここまでお読み頂きありがとうございます。Resacoでは転職活動中のみなさまに役立つ面接対策や年収情報を中心に質の高い情報を発信し続けていきます。

この記事の執筆者

株式会社リクルートにおいて、リクナビNEXTやホームプロのメディア戦略・営業企画業務に従事。 2017年7月に当社入社。コーチングを主体とした組織マネジメントが得意。ソーシャル・ウェブメディア事業の事業部長として、事業開発・組織開発に従事。 2019年6月、当社取締役就任(現任)


関連記事

グローバルウェイ代表取締役 各務正人 インタビュー「世界に通じる道」を切り拓くために今なすべきこと

グローバルウェイ代表取締役 各務正人 インタビュー「世界に通じる道」を切り拓くために今なすべきこと

働く人のための口コミサイト「キャリコネ」と法人向けITソリューションの2本柱で事業を推進する株式会社グローバルウェイ。2005年の設立から2016年の東証マザーズを経て従業員100人を超える規模に成長した。代表取締役の各務正人が「世界に通じる道」と名付けた会社を創業した経緯と、これから向かう方向性について語る。