【平均年収1126.7万円】第一三共の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収1126.7万円】第一三共の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】第一三共の年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


第一三共は、2005年に第一製薬と三共が経営統合して発足され、現在では医療用医薬品事業を行う製薬会社です。

同社は今、がん治療薬の領域で優位に立とうとしています。

2018年4月5日に、創薬支援ベンチャー企業であるダーウィンヘルス(所在地:米国ニューヨーク)とともに、がん治療薬の標的となる物質を探し出す共同研究を始めると発表しました。
ダーウィンヘルスは、膨大ながん細胞情報の解析結果を活用し、遺伝子やたんぱく質などのバイオ情報をコンピューターで効率的に解析する技術を持っています。第一三共はこうした技術を駆使し、発見した標的に合う医薬品を開発することで効果的ながん治療につながるとしています。

また第一三共は翌年3月27日にも、名古屋市立大学や中部大学、三菱UFJキャピタルと共同でがん温熱療法に関する研究を始めると発表しており、このような新たな取り組みも活発です。

第一三共の平均年収はいくらか

1000万円越えは製薬各社に引けを取らず

まずはじめに第一三共の平均年収を見ていきましょう。

第一三共の平均年収は1126.7万円です(2020年3月期有価証券報告書)。

キャリコネに投稿された給与明細を参考に第一三共の年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で670〜720万円、30歳代で930〜980万円、40歳代で1170〜1220万円という結果がでました。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・令和元年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ2.24倍の額です。

第一三共と競合他社の平均年収を比較

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)従業員数(連結)売上高(連結)決算期
第一三共1126.7万円42.9歳18.6年5600人15348人9817.93億円2020年3月期
武田薬品工業1091.1万円42.2歳15.0年5350人47495人32911.88億円2020年3月期
アステラス製薬1088.9万円42.9歳17.3年4560人15883人13008.43億円2020年3月期
エーザイ1037万円44.4歳19.4年2953人10998人6956.21億円2020年3月期
中外製薬1017.3万円43.1歳16.8年4848人7394人6861.84億円2019年12月期

第一三共の競合である製薬会社の武田薬品工業、アステラス製薬、エーザイ、中外製薬の5社で平均年収を比較します。
各社の最新有価証券報告書に記載されている額は、武田薬品工業が1091.1万円、アステラス製薬が1088.9万円、エーザイが1037万円、中外製薬が1017.3万円です。
この5社の中で最高額は第一三共の1126.7万円で、最低額が中外製薬の1017.3万円。第一三共と中外製薬の差はおよそ110万円で、かなりの差がありますが、この5社はいずれも1000マンを超えており、各社十分高い年収だと言えます。ただ、第一三共は単体の社員数が一番多く、それを加味すると社員への還元が積極的になされているのではないかと判断できます。

製薬業界の給与明細(キャリコネ)

どの会社も年収の高さは国内トップクラス

第一三共・30代・研究(非管理職)の 給与明細

中外製薬・30代・研究(非管理職)の 給与明細

武田薬品工業・30代・研究(非管理職)の 給与明細

アステラス製薬・30代・研究(非管理職)の 給与明細

エーザイ・20代・MR(非管理職)の 給与明細

第一三共の平均年収の推移

続いて、過去5年間における年収の推移を見てみましょう。

下は平均年収と平均年齢の推移を表したグラフです。

第一三共過去5年の平均年収・平均年齢の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高(連結)純利益(連結)
2016年3月期1092.3万円43歳18.5年5206人9864.5億円822.8億円
2017年3月期1133.5万円43.4歳18.8年5310人9551.2億円534.7億円
2018年3月期1103.9万円42.5歳18.5年5357人9602億円602.8億円
2019年3月期1097.9万円43歳18.9年5515人9297.2億円934.1億円
2020年3月期1126.7万円42.9歳18.6年5600人9817.9億円1290.7億円

出典:第一三共・有価証券報告書

過去5年の平均年収の推移をグラフと表組みで示しています。
第一三共の平均年収はこの5年で約34.4万円と、大きく上昇しています。昨年からは28.8万円と、大きく増額しています。 過去5年では2番目に高い額になりました。

第一三共の年代別平均年収と中央値

第一三共の年収中央値は30代で800.5万円

続いて年収実態により近い年収中央値を見てみます。20代から50代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値をシミュレーションし、表にまとめました。

第一三共の年収実態

年代平均月収平均ボーナス年収中央値
20代46.6万円111.9万円570.8万円
30代65.4万円157万円800.5万円
40代82.9万円199万円1014.8万円
50代95.8万円229.9万円1172.6万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

第一三共の年収が高い理由

製薬会社に共通するグローバル収益性の高さ

平均年収を見てわかるように、製薬業界は全体的に年収が高いことで知られています。
優秀な人材を確保するためには、待遇面で同業他社に劣るわけにはいかないという内情もあります。もちろん、社員の年収を高くするには、会社として相応の収益がなければなりません。

業界の傾向として、製薬会社はグローバル規模で活動しているために、売上高が大きいと言えます。また新薬を独自開発すると、特許による独占的収益を確保できることになります。新薬の研究・開発には膨大な資金が必要ですが、薬の製造自体は原材料費が安価なため、販売管理費や流通経費を繰り入れても高い利益率を出すことが可能なのです。

第一三共の2018年度売上高は9297億1700万円、営業利益は837億500万円(利益率9%)で、日本国内で見ると武田薬品工業、アステラス製薬、大塚ホールディングに次いで第4位に位置づけています。

このうち、医療用医薬品に限ってみると、武田薬品工業を抑えて国内第1位で、売上高は5066億円です。プロトンポンプ阻害薬「ネキシウム」や抗凝固薬「リクシアナ」などの新製品が好調であることが影響しています。

またMR(営業)職の給料が高いことは、業界を通じて同じ状況です。

キャリコネに寄せられた給与明細を見ると、世代間での違い、同年代・同職種なのになんでこんなに差が生まれるのかの理由が確認できます。

第一三共社員の給与明細(キャリコネ)

30代では大きな伸び!

20代・研究開発(非管理職)の 給与明細

30代・研究開発(非管理職)の 給与明細

賞与の有無で、差が出る!

20代・MR・賞与あり(非管理職)の 給与明細

20代・MR・賞与なし(非管理職)の 給与明細

年収の高さばかりに目を奪われがちですが、就職・転職を検討するにあたり気をつけなければならないことはないのでしょうか。

第一三共で働く上での懸念点・課題

夜討ち朝駆けのMR プレッシャーも重くのしかかる

業界を通じて言えることは、MR(医療情報担当者)という職業は規則的な勤務体系ではないことです。
顧客である病院の医師に合わせて仕事をする必要があるため、時には早朝や深夜に対応しなければならない場合があり、また講演会を休日に組むこともあるので、たとえ世間が休みであっても休日出勤が避けられないことも多々あります。

また競合他社を抑えて自社の製品を病院に採用してもらえるかどうかは、医師への自分の説明や営業トークで決まるため、仕事の成果がはっきりと現れてしまいます。
MRは高い報酬を得る分、常に大きなプレッシャーがあるようです。

さらに近い将来、国内の医療用医薬品については、薬価算定基準が費用対効果によって決められてしまうかもしれません。原価に上乗せする販管費や営業利益などの水準が一般企業より高く、製薬メーカーを優遇する価格設定になっていることを厚労省が問題視しているためです。
このことによって、今後は製薬メーカーの営業利益率が下がる恐れも出て来ています。

結局第一三共は就職・転職先として選んでもいいのか

ここまで第一三共を見てきました。結局「就職・転職先として選んでもいいのか」なんですが、

結論から言うと「選ぶべき」です。
冒頭で示したニュースのとおり、第一三共は、がん治療の領域で存在感を増していくことは確実です。

製薬企業各社の研究開発費を見てみると、第一三共はアステラス製薬やエーザイなどを抑えて第1位で、資金が十分に投入されていることもあり、研究者にとってはよい環境で仕事ができるはずです。

このような恵まれた職場環境によって新薬の開発に加速がつき、後の展望として、第一三共は同業他社に先んじて新しい医薬品をリリースすることで、市場を席捲できる可能性が高いと言えます。
就職・転職先として非常に魅力的だと言っていいでしょう。

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる模倣・盗用・剽窃を一切禁止します。 悪質なサイトの特徴はこちらでご確認ください。もし模倣・盗用・剽窃を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者


関連記事

【面接対策】第一三共の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】第一三共の中途採用面接では何を聞かれるのか

国内製薬メーカー大手である第一三共への転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。