セブンペイアプリの開発担当会社 退職社員が抱いた懸念「技術力もマネジメント力もない」

セブンペイアプリの開発担当会社 退職社員が抱いた懸念「技術力もマネジメント力もない」

セブン-イレブンの決済サービス「7pay(セブンペイ)」の不正アクセス問題は、サービス廃止という衝撃の結末を迎えました。ベンダーを率いてアプリ開発を担当するグループ会社の元社員は、企業口コミサイト「キャリコネ」に「ある懸念」を漏らしていました。


問題発生の背景に「グループ各社」の問題

8月1日、会見に臨んだのは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの代表取締役副社長と同執行役員、株式会社セブン・ペイの取締役営業部長、そして株式会社セブン&アイ・ネットメディアの代表取締役社長の4人でした。

セブン&アイ・ネットメディアは、「セブン&アイグループのデジタル戦略を支えるシステム企画、デザイン、開発、運用」を事業とする会社です。企業サイトの実績紹介には、

  • セブン&アイの総合ECサイト「オムニ7」アプリ
  • 「セブン-イレブン」アプリ
  • 「アカチャンホンポ」アプリ
  • 「ロフト」アプリ
  • 「ヨークマート」アプリ
  • 「アリオ」アプリ

といった、セブン&アイグループのスマホアプリが並んでいます。

実績紹介|株式会社セブン&アイ・ネットメディア

https://www.7andinm.co.jp/works/index.html

セブン&アイ・ネットメディアはセブン&アイHLDGS.グループのオムニチャネル推進をその使命とし、グループの力、IT・ネット・メディアの力を結集し、この実現に邁進していきます。

今回問題が発生した「7pay」は、このうち「セブン-イレブン」アプリ上に搭載されたサービス。セブン&アイHDは「本事案発生の原因」について、

  1. 7payに関わるシステム上の認証レベル
  2. 7payの開発体制
  3. 7payにおけるシステムリスク管理体制

の3つをあげており、(2)の開発体制については次のように現状認識を説明しています。

「7payのシステムの開発には、グループ各社が参加しておりましたが、システム全体の最適化を十分に検証できていなかった点が今回の事案を引き起こした原因の1つではないかと認識しており、この点について、今後、更なる検証が必要と考えております」

ネット上では「7payの開発会社はどこだ?」と詮索する声があがっていますが、社外のベンダーや開発会社を束ねるプロジェクトマネジメントの一翼を、セブン&アイ・ネットメディアが担っていた可能性が高いです。

なお、2015年にオムニチャンネル「omni7」がオープンした際、当時の担当役員は「チームITの考えで、NTTデータ、NEC、NRI、Oracleの4社のITベンダーのチームで開発し、成功した」と明かしています。

11月から始まった「セブン&アイ」のオムニチャネル戦略とは?

https://news.mynavi.jp/article/20151210-7andI/

セブン&アイ・ホールディングスは11月1日、リアルとネットを融合したオムニチャネル「omni7」をオープンした。果たしてその狙いはどこにあり、何を目指しているのか? この点について12月9日、セブン&アイ・ホールディングス 取締役 執行役員 CIO 鈴木康弘氏が東京・品川のホテルで開催された「ORACLE CLOUD DAYS TOKYO」の中で講演し説明した。

社員数は多くないのに「大変離職率が高い」

企業口コミサイト「キャリコネ」には、セブン&アイ・ネットメディアの現役社員・OBOGによる書き込みが残されています。

プロジェクトマネージャーを務めていた30代男性は、他社からの転職組。会社の内情について「社員数200名前後と少ないにもかかわらず、月に2,3名は退職者が発生する印象で、大変離職率が高い」と明かしています。

なにより、社員(担当エンジニア/主任エンジニア/マネージャー)のレベルが低いため、企画から開発、運営の全てのフェーズにおいて、大手ベンダーに依存している状況。内製化を推進しているものの、全く成果が出ていない。経営層と社員間で理想と現実のギャップが大きく、社員全体のモチベーションが低い。(2018.6.28)

大手ベンダー以外にも、開発パートナー企業と契約してチームを編成しているようですが、技術力とマネジメント力のなさから、信頼を得ていない印象」と明かします。

経営層、マネージャー層、エンジニア層、人事層、全てにおいてレベルアップが必要と感じました。(2018.6.28)

ここで指摘されている内容は、今回「本事案発生の原因」であげられた問題に通ずるものと言えるでしょう。なお、この書き込みを残した男性社員は、このような環境に嫌気が差したのが、せっかく転職してきたこの会社をすでに退社しています。

「社長がお飾り状態になっている」

同じくセブン&アイ・ネットメディアで働いていた30代の女性プログラマは、会社の経営陣に対して「小売の考えでECサイトの運営はできない」などと不満を抱き、退社を決めました。

ネットの世界のスピードの速さや、システムを作るのにどれだけのお金と時間と人が必要なのか、もっとちゃんと勉強して理解して欲しい。(2018.1.29)

今回の会見に同席した田口社長に対しても、「社長本人に自信がなさすぎて、お飾り状態になっている」と断じています。田口社長は、そごう・西武出身で、IT推進室長や西武百貨店の店長を務めていた人。キャリアとしては「デパートの人」というべきかもしれません。

企業サイトのインタビューでは、「座右の銘」に「万事研修」を挙げ、「自分を一言で表現すると?」との問いに「蝸牛(かたつむり)」と自称する方。取締役の中には外資系ベンダー出身者などがいますが、社長の存在感は薄かったようです。

役員紹介-田口広人|株式会社セブン&アイ・ネットメディア

https://www.7andinm.co.jp/corporate/officer/officer01.html

セブン&アイ・ネットメディアはセブン&アイHLDGS.グループのオムニチャネル推進をその使命とし、グループの力、IT・ネット・メディアの力を結集し、この実現に邁進していきます。

なお、会見によると、今後は「セブン&アイ・ホールディングスにグループ横断的に情報セキュリティを統括管理する組織」を設置するとのこと。逆にいうと、これまではグループ全体のセキュリティを、ホールディングスで統括管理していなかったということになります。

セブン&アイグループのECサイトは、以前はメーカーなどから「amazonに対抗できる勢力」として大きな期待を集めていたこともあります。今回の大失敗を教訓に、ぜひ社内の体制を整え直して「災い転じて福となす」としてもらいたいものです。

株式会社セブン&アイ・ネットメディア(Seven & i Net Media Co., Ltd.)の評判・口コミ・評価

https://careerconnection.jp/review/711532/kutikomi/?utm_source=corp_research&utm_medium=4738&utm_campaign=contents&utm_content=0_reviews_1&argument=VkGx5ZMW&dmai=corp_research" target="_blank"

株式会社セブン&アイ・ネットメディアの評判・口コミ・評価などに関する情報です。「入社面談時に自分のやりたいことや、働き方について伝え、確認もしたが、入社後にアサインされたプロジェクトは希望と...」のような転職に役立つ口コミ・評判が観覧できます。

この研究結果の記事作成

関連するキーワード


セブン-イレブン

最新の投稿


「とにかくのんびり」NTTコミュニケーションズ 社員いわく「社風は元国営企業のお役所体質」

「とにかくのんびり」NTTコミュニケーションズ 社員いわく「社風は元国営企業のお役所体質」

NTTコミュニケーションズは、旧NTTから分割した最初の会社のひとつでありながら、1社だけ独自のロゴを採用するなど、比較的独立性の高いイメージがあります。しかし企業口コミサイト「キャリコネ」に書き込まれた現役社員・OBOGの声を見ると、現状はやや違っているようです。

NTTコミュニケーションズ エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ


【平均年収1024万円】東京証券取引所(日本取引所グループ)の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収1024万円】東京証券取引所(日本取引所グループ)の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】東京証券取引所の年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。

東京証券取引所


【平均年収746万円】静岡銀行の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収746万円】静岡銀行の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】静岡銀行の年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。

静岡銀行


【財務分析】ゲーム事業の売上が急降下! カバーするのはどの事業?

【財務分析】ゲーム事業の売上が急降下! カバーするのはどの事業?

ガラケー時代より「モバゲー」などモバイル端末向けのゲームを中心に急激な成長を果たしたDeNA(ディー・エヌ・エー)。スマホ時代にも様々な新規事業を展開し、成長をねらってきたものの、ここ数年は不調にあえいでいます。そんな中、リアルの世界を絡めたスポーツ事業が成長。今回はDeNAの財務諸表から現状と将来について分析します。

DeNA ディー・エヌ・エー


農協職員が「自爆営業」で借金生活? ボーナスは消え「消費者金融に手を出す人も」

農協職員が「自爆営業」で借金生活? ボーナスは消え「消費者金融に手を出す人も」

JA(農業協同組合)が提供するのは、農業支援に直接関係するものだけではない。お米・野菜・加工品といった食品のほか、ジュースなどの飲料、貯金やローン、共済保険、広報出版物などの販売もある。そんな幅広い商品・サービスの販売が、すべて職員のノルマになったとしたら……。就職先の少ない地方で雇用と引き換えに行われていることとは?

お悩み相談