【19年3月期】日本テレビHD 視聴率だけでなく利益率も民放キー局中トップ

【19年3月期】日本テレビHD 視聴率だけでなく利益率も民放キー局中トップ

ここ5年間、民放キー局視聴率ランキングで3冠を達成した日本テレビ放送網などを傘下に置く日本テレビホールディングス。インターネットメディアに押されて広告収入減に悩むテレビ業界ですが、キー局唯一の営業利益率10%台を保っています。財務面から分析し、特徴や今後の運営において死角がないか見ていきます。


日本テレビホールディングスは2012年に設立された持株会社です。1952年に読売新聞社によって設立された経緯があり、現在も大株主1位は読売新聞グループ本社です。

民放キー局の「日本テレビ放送網(日本テレビ)」や、BS日テレ(BS放送)「CS日テレ」(CS放送)を中心とした放送事業が主軸の会社です。

その他、フィットネスクラブ運営の「ティップネス」や、ネット動画配信「hulu」を手掛ける「HJホールディングス」、アニメ制作会社の「タツノコプロ」を子会社に事業展開を行っています。

2019年3月末時点で、子会社52社、関連会社30社から成ります。

損益計算書(PL):利益率は10%台をキープ

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

コンサル会社員をしながら、副業ライターとして執筆活動を行っています。証券アナリスト取得を目指し日々邁進しております。


関連記事

【面接対策】日本テレビ放送網(日テレ)の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】日本テレビ放送網(日テレ)の中途採用面接では何を聞かれるのか

日本ではじめてテレビ放送免許を取得した日本テレビ放送網。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめ転職を成功させましょう。