【面接対策】リクルートマーケティングパートナーズの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】リクルートマーケティングパートナーズの中途採用面接では何を聞かれるのか

個々のライフイベントに沿ったビジネスを展開するリクルートマーケティングパートナーズ。中途採用面接は、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、しっかり対策して準備しておきましょう。


リクルートマーケティングパートナーズの採用面接前に知っておくべきこと

社風への理解

「ゼクシィ」「カーセンサー」などで知られるリクルートマーケティングパートナーズは、2012年のリクルート分社化により設立されました。その姿勢は分社化以前から「学習」「出会い・結婚・出産」「自動車」など、人生の様々な場面において「拍手があふれる世界の実現」という一貫性を持ち続けています。


働く環境として「多様性」や「個々の尊重」をあげていることもあり、女性社員が多く、同時に働きやすさも大切にしているようです。口コミでも、「男女関係なくリーダーやマネージャー職に就ける」「産休・育休制度が充実している」「フレックス制度やテレワークが導入されている」といった意見があるほか、「職場の環境が整っていて仕事がしやすい」「やりがいを感じるとともに成長もしていける」との意見も見受けられます。


反面、「全体的に社員の年齢が若いため、部署によっては学生サークルのよう」「激務による疲労があり、人材の入れ替わりも激しい」「業界内での影響力の高さゆえ、甘えている面がある」「対外的な面を気にし過ぎている」との声もあります。そういった雰囲気に馴染めない人には辛く感じるでしょう。「経験よりも、現在の仕事に対する姿勢・立場を重要視される」という口コミもありました。


多様性に富む中でも、自分を見失わず仕事をし、求められている立場を理解して成長を続ける。こうした社風にフィットする人材かどうかを、採用面接では見極められます。

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ公式サイト 「ビジョン」より

選考は何次まで?

選考は約1週間~1ヶ月程度で、書類選考、SPI試験、2~3回の面接を経て内定となる流れです。SPI試験に関しては1次面接後に受けた方もいる他、面接の回数も人によって変わってくるとの口コミが見られます。


面接官は1次では現場社員、人事担当、2次になると採用部署のグループマネージャー、所属予定先の部長などが担当するようで、これは応募する部署によっても変わってきます。


中途採用での募集職種は「営業職」「企画系」「エンジニア・デザイナー」となっており、それぞれの職種で募集も細分化されています。あわせて勤務地や必要となる資格も異なりますので、コーポレートサイトにてよく確認することが必要です。社員のインタビューも参考にして面接にのぞみましょう。

面接内容の傾向は?

志望動機や転職理由などのオーソドックスな質問をされることが多いようです。整理した上で分かりやすく回答できるよう、そして前向きな印象を持たせられるよう準備していきましょう。


社風として「これからどうしていきたいか?」「そのとき自分ならどうするか?」という問いに対しての答えを強く求められる傾向にあります。入社後、それらが自分のあり方の根幹をなす材料となってきますので、そういった質問に対しても、自分の考えをうまく語れるように整理しておきましょう。


「これから伸びていく業界」に関しての質問を受けたという口コミもあります。情報サービス業界では、周囲の変化に敏感であること、入手した情報を自分自身の考えで判断できるようになることが必要となります。常に「時代に取り残されない価値観」でいられるよう、自分を見つめ直していけるかも重要な事項です。

リクルートマーケティングパートナーズの面接攻略法(面接対策)

リクルートマーケティングパートナーズの経営戦略を理解した上で自己分析をする

面接を受ける際の重要事項として、会社の経営戦略を十分に理解した上で向き合うことが必要となります。主だった戦略をあげていきますので、見ていきましょう。

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 風土サイトより

株式会社リクルートホールディングス IR(投資家情報)サイトより

リクルートグループの中では、メディア&ソリューション事業に分類されており、コーポレートサイトの戦略から読み取れることは、「既存事業の強化」「新規事業創設による更なる成長」となっています。


具体例をあげていくと、書籍などの紙媒体で発展してきたこれまでの業務を基盤としながら、ITを中心とした事業に変革を遂げていく段階を経て、ますますの成長状態にあるといったところでしょう。例えば、学びの分野で1970年に創刊した「リクルート進学ブック」も、今では「スタディサプリ」として「誰でもいつでもどこでも」をコンセプトに、グローバルな展開による進歩を見せています。


時代とともに目まぐるしく変化していく情報サービス業界では、常に新しい価値観でいると同時に、創造と技術革新を続けていく「起業家としての目線」を持つことが重要となります。さらには、既存事業をどれだけブラッシュアップして引き続き顧客に提供していけるか、そして新たなる顧客獲得に繋げられるかなど、現在の場から「成長」「挑戦」していく能力も求められます。


仲間との意思疎通を取り合った上で、自分の実現したいこと、すなわちグループ全体で提案する「Will(ありたい姿)」を胸に、面接にのぞみましょう。

「なぜリクルートマーケティングパートナーズか」を語るための他社研究も忘れずに

リクルートマーケティングパートナーズでよく聞かれる質問のひとつに「なぜリクルートマーケティングパートナーズか」というものがあります。面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」という側面もあわせて見ています。


業界理解や職種理解の枠を超えて、入社したい企業についてしっかり理解する。そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。


●株式会社マイナビ

●株式会社プロトコーポレーション

●株式会社ベネッセホールディングス

リクルートマーケティングパートナーズの採用面接で実際に聞かれた質問内容

このように、リクルートマーケティングパートナーズの採用面接を受ける前には、経営戦略に基づいた自己分析や他社研究を踏まえた志望動機の整理が大切です。そして面接の場では、「多様性に富む中でも、自分を見失わず仕事をし、求められている立場を理解して成長を続ける」という社風を意識して、「起業家意識、協調性、ありたい姿」を持っている人材であると印象付けられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくと良いでしょう。


面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

30代前半男性/経営企画 【結果:入社】

質問

これまでの業務経験のなかで、最も成功したと感じた仕事

回答

成功したことは、同じ顧客からずっと継続して…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代後半男性/企画営業 【結果:入社】

質問

これから伸びていく業界は?

回答

IT業界、環境産業など。基本的に最終面接は…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代後半女性/営業企画 【結果:内定を辞退】

質問

志望動機や将来の夢

回答

他業界に転職したかったこと、また経験を積んだ後実家の…(口コミの続きとアドバイスを見る

20代後半男性/コンサルティング営業 【結果:入社】

質問

転職について両親はなんと言っているか

回答

自分の進みたい方向に行きなさいと…(口コミの続きとアドバイスを見る

リクルートマーケティングパートナーズの採用面接に向けて

リクルートマーケティングパートナーズの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。


●「多様性に富む中でも、自分を見失わず仕事をし、求められている立場を理解して成長を続ける」という社風を理解して、これに合致した人材であることをアピールする。

●リクルートマーケティングパートナーズの経営戦略を理解して、これに沿った自己分析をして自己PRにつなげる。

●競合他社についても研究し、「なぜリクルートマーケティングパートナーズか」に対する答えを明確にしておく。


これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

この記事の執筆者