【19年2月期】業績悪化に苦しむ安川電機 カギは「米中貿易戦争」の行方

【19年2月期】業績悪化に苦しむ安川電機 カギは「米中貿易戦争」の行方

安川電機はサーボモータやインバータ、産業用ロボットなどを扱う電機メーカー。中国や先進国で工場自動化や半導体への投資の恩恵を受け、近年業績が大きく拡大しました。しかし米中の貿易摩擦や中国の景気減速を受け、2020年3月期は大幅減益となる見通しです。業績快復のカギはどこにあるのか。安川電機の現状と課題を整理します。


安川電機は2018年2月期から、決算期を3月から2月に変更しています。そのため、2018年2月期は約11ヶ月の変則決算となっており、2019年3月期との比較に注意が必要です。

たとえば2018年2月期の有価証券報告書には、平均年間給与について「決算期変更に伴う年間就業日数減少のため例年と比較し20日分減額になっております」と書かれています。したがって2019年3月期で前期比5.5%程度の増加だった場合、単純に日数の違いによるものである可能性があります。

損益計算書(PL):営業利益率が悪化傾向

2019年2月期決算の売上高は4746億円で前期比5.8%増。一方、営業利益は498億円で同8.1%減、営業利益率は同1.6pt減の10.5%となりました。

売上高の増加率は、就業日数の増加率とほぼ同じ。ただし、売上原価は前期比8.0%増、販売費及び一般管理費は同6.9%増と、これを上回る増加率になっています。

有価証券報告書には、売上原価の内訳は書かれていませんでしたが、販管費で最も増加しているのは「給料及び手当」で、2019年3月期は前期比9.9%に当たる47億800万円増えています。

なお、就業日数にはほぼ関係しない従業員数は、2018年2月期から2019年2月期にかけて連結で12449人→13139人へ5.5%増えています。

セグメント分析:モーションコントロールとロボットが2本柱

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

金融機関で債券畑を経験後、証券アナリストとして株式の調査に携わる。市場動向や株式を中心としたリサーチやレポート執筆などを業務としている。ファイナンシャルプランナー資格も取得し、現在はライターとしても活動中。株式個別銘柄、市況など個人向けのテーマを中心にわかりやすさを心がけた記事を執筆。


関連記事

【平均年収787.7万円】安川電機社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【平均年収787.7万円】安川電機社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【年収研究シリーズ】安川電機の年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


【面接対策】安川電機の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】安川電機の中途採用面接では何を聞かれるのか

モーション制御・ロボット技術・パワー変換で世界のものづくりに貢献する安川電機への転職。採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策しましょう。


wiget_w300