【19年3月期】日産が1.2万人の大リストラ発表 「量から質へ」に成功するか?

【19年3月期】日産が1.2万人の大リストラ発表 「量から質へ」に成功するか?

日産自動車が、グローバルで計1万2500人に及ぶ人員削減を含むリストラ策を発表しました。業績の低迷、収益性の低下を受けて、いよいよ「膿を出し切る」大改革を行うようです。財務諸表を中心に会社の状況をまとめます。


日産自動車は2019年7月25日、2019年3月期の第1四半期の連結決算を発表しました。

米国での販売低迷に加え、自動運転など次世代技術に向けた開発費が嵩み、営業利益は前年同期比98.5%減の16億円となりました。

同社の西川広人社長兼CEOは、2022年度末までに6%台の売上高営業利益率を目指し、不採算商品の10%以上の削減と、グローバルで計1万2500人に及ぶ人員削減策を打ち出しています。

損益計算書(PL):営業利益率は2%まで下がる予想

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者


関連記事

【面接対策】日産自動車の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】日産自動車の中途採用面接では何を聞かれるのか

国内第3位、11兆円を超える売上高を誇る自動車メーカー大手、日産自動車への転職。採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。


【平均年収811万円】日産自動車の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収811万円】日産自動車の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】日産自動車社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


経営者のゴタゴタが続く日産自動車 口コミ分析から見る企業体質

経営者のゴタゴタが続く日産自動車 口コミ分析から見る企業体質

役員報酬をめぐる問題が相次いでいる。 カルロス・ゴーン氏が役員報酬の未払い分を隠蔽したとして、2018年11月金融商品取引法違反で東京地検特捜部に逮捕(その後、特別背任容疑で追起訴)。ついで2019年6月に元幹部への雑誌インタビューで露見した、西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)の役員報酬不正上乗せ疑惑。


wiget_w300
wiget_w300