【19年3月期】日本M&Aセンターは10期連続増収増益へ 業績絶好調で株価上昇中

【19年3月期】日本M&Aセンターは10期連続増収増益へ 業績絶好調で株価上昇中

中堅中小企業のM&A(合併・買収)仲介を事業とする日本M&Aセンター。事業承継ニーズの高まりを背景に、増収増益を続けています。営業利益率は驚異の40%台。年間平均給与は国内トップクラスの1413万7000円です。会社の現状と今後について、財務諸表を中心に分析を行います。


損益計算書(PL):10期連続増収増益へ

日本M&Aセンターの2019年3月期の売上高は284億6300万円で前期比15.6%増。営業利益は125億3300万円で同8.0%増で、9期連続増収増益となりました。

営業利益率は前期比3.1pt減ではあるものの、44.0%と高い水準を確保しています。

なお、日本M&Aセンターは2002年に現在の社名に変更して以来、2010年3月期を除いて毎年増収増益を続けており、2020年3月期には10期連続増収増益をほぼ確実としています。

粗利率が60%台、営業利益率が40%台と高い水準を誇る同社ですが、これは設備投資や在庫などの必要のないM&A(企業の合併・買収)の仲介業務を主たる事業としているからです。

売上原価の主な内訳は「案件紹介料・外注費」と「コンサルタントおよび営業サポートメンバーの人件費・交通費」で、社員の年間平均給与は1413万7000円(2019年3月31日現在)と上場企業屈指の高さとなっています。

販管費の主な内訳は「広告宣伝費」「地代家賃」で、上記以外のスタッフ職の人件費を含みます。

セグメント分析:中堅中小企業のM&A仲介が主

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者


関連記事

【面接対策】日本M&Aセンターの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】日本M&Aセンターの中途採用面接では何を聞かれるのか

企業をつなぐ事業継承M&Aのリーディングカンパニー、日本M&Aセンター。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。


日本M&Aセンターに転職したい人の企業研究【中途採用多い&高い給与】

日本M&Aセンターに転職したい人の企業研究【中途採用多い&高い給与】

口コミと公開データを元に転職者目線で企業研究。業績と待遇の2つの面で志望企業を掘り下げます。今回取り上げるのは日本M&Aセンターです。


【平均年収1414万円】日本M&Aセンターの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収1414万円】日本M&Aセンターの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】日本M&Aセンターの年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。