【19年3月期】株価好調の東京エレクトロン IoT、AI、5Gを追い風に成長予想

【19年3月期】株価好調の東京エレクトロン IoT、AI、5Gを追い風に成長予想

売上高で国内トップ、世界3位の規模を誇る半導体およびフラットパネルディスプレーの製造装置メーカー、東京エレクトロン。IoT、AI、5Gの普及を追い風にさらなる業績の成長が見込まれており、株価も好調です。財務諸表と決算報告書資料などを基に、会社の現状と課題を整理します。


損益計算書(PL):増収増益、利益は過去最高

2019年3月期決算は増収増益。売上高は1兆2782億円で前期比13.0%増、営業利益は3106億円で同10.5%増でした。

ただし営業利益率は24.3%で同0.6pt減の微減。売上原価が7,521億円で前期比14.7%増え、粗利率は41.2%で0.8pt減っています。販売費及び一般管理費は2,156億円で同11.2%増となりました。

親会社株主に帰属する当期純利益は2,482億円で、前期比21.5%増と大きく伸びました。

売上総利益・営業利益・親会社株主に帰属する当期純利益は、いずれも過去最高を更新していますが、売上高の伸びも大きかったので利益率は微減となっています。

なお、2019年10月31日には2020年3月期の通期予想が上方修正されています。

  • 売上高:1兆1000億円→1兆1100億円
  • 営業利益:2200億円→2250億円
  • 営業利益率:20.0%→20.3%
  • 親会社株主に帰属する当期純利益:1640億円→1700億円

いずれも前期比では減収減益ですが、主力の半導体装置が好調のため期首予想を上回っています。

なお、東京エレクトロンは世界の半導体製造装置の4大メーカーのひとつで、売上高では米アプライド・マテリアルズや蘭ASMLに次いで3位。2018年に米ラム・リサーチを上回りました。

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者


関連記事

【平均年収1149.3万円】東京エレクトロンの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収1149.3万円】東京エレクトロンの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】東京エレクトロンの年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


【面接対策】TEL(東京エレクトロン)の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】TEL(東京エレクトロン)の中途採用面接では何を聞かれるのか

半導体製造装置分野で世界4大メーカーのひとつに数えられる東京エレクトロンへの転職。採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。