【面接対策】スタンレー電気の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】スタンレー電気の中途採用面接では何を聞かれるのか

自動車機器・電子機器製造大手のスタンレー電気。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、「人となり」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として評価されるので、事前にしっかり対策をして転職を成功させましょう。


スタンレー電気の採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

自動車機器、コンポーネンツ、電子応用製品の3つの事業を展開するスタンレー電気。自動車用電球の製造・販売からスタートした経緯から、現在もLEDヘッドランプといった自動車用照明製品を主力としています。

そのグループビジョンは「光に勝つ」。決して人間が打ち勝つことなどできないとされる「光」に対して「勝つ」というスピリットは、未来に対して挑戦していくグループ全体の気概を表したものです。

スタンレー電気コーポレートサイトより

そんなスタンレー電気の口コミを見てみると、「やる気と努力次第で自分の仕事をコントロール出来る」「若手のうちから責任ある仕事を任せられる」「失敗を恐れずに果敢にアプローチする社員が昇格している」というように、チャレンジ精神を大切にする社風であることがわかります。また、技術職を中心に、「自分が設計したモノが世に出回る」「街中で自社製品を見かけることが多いためやりがいはある」という声が多く聞かれ、自分が手掛けた製品を実際に目にできることがモチベーションアップに繋がっているようです。職場の雰囲気はフラットなようで、「上下間の壁が低く、上司に対しても気軽に相談ができる環境」「基本的にはアットホームな会社」という声があがっています。

一方で、「中長期的な視点に立った計画の推進がてきていない」「管理者は数字でのみ考えている」という声もあり、中長期的な計画に対する実行力やマネジメントに課題を感じている社員もいるようです。また、女性のキャリアアップに関しても、不満の声が見受けられました。

面接では、失敗を恐れずに挑戦するという同社の社風にフィットした人材であるかが見極められると言えます。コーポレートサイトにも、「向上心、向学心に満ち溢れる人を大切にする風土」という記載がありますので、ぜひ意識して自己分析を進め、自己PRに繋げてください。

選考は何次まで?

エントリー内容に基づき、書類選考がおこなわれ、合否に関わらず結果が通知されます。書類選考を合格した場合には、簡単な適性検査と人事部および部門責任者による面接がおこなわれますが、これに加えて、応募職種によっては専門分野に関する筆記試験が課される場合があります。これを通過すると、役員による最終面接を経て、内定が出る運びです。なお、状況に応じて面接回数が若干変更となる場合がありますので注意してください。また、選考に漏れた場合、1年以内の再応募は不可となっていますが、1年以上経過してキャリアアップした場合には再応募することができます。口コミ情報によると、選考期間も1週間から3ヶ月と幅がありますので、スケジュール管理に注意が必要です。

現在、スタンレー電気では、ソフトウェア開発と経理で中途採用が募集されています。募集情報は随時更新されますので、同社のホームページをチェックし、情報収集をおこなってください。

面接内容の傾向は?

奇をてらった質問はなく、志望動機やこれまで経験した仕事、同社の事業内容に関する理解を問われることが多いようです。企業研究を徹底しておこなうことは言うまでもありませんが、もし理解が及んでいない分野を質問された場合であっても、誠意を持って回答することが大切です。ある面接経験者は、「存じ上げませんでした」と正直に回答し、見事に内定を勝ち取ると同時に、「(面接官は)リラックスして臨める環境にして下さっている」と振り返ります。

面接では、回答内容だけではなく、話し方や言葉の選び方、表情や声のトーンなどを通じて、人柄を見極めます。ぜひ、以上のことを意識したうえで、誠意を持った態度で面接に臨みましょう。

スタンレー電気の面接攻略法(面接対策)

スタンレー電気の「第VI期中期3ヶ年経営計画の指針」を理解した上で自己分析をする

スタンレー電気の面接を受ける前に、中期経営計画「第VI期中期3ヶ年経営計画の指針」を理解しておきましょう。

同社では、2017年4月〜2020年3月を対象とした「第VI期中期3ヶ年経営計画の指針」を策定し、経営上の数値目標として、ROE15%を掲げています。これは、日本で一般的に優良企業の目安と言われる8%を大きく上回る数値であり、米国などの世界基準にまで引き上げる方針です。

コーポレートサイトより

近年、ハロゲンランプに比べて長寿命でデザイン自由度の高いLEDランプの好調な販売が同社の業績を牽引してきました。しかし、LEDランプの普及が一巡してきており、今後の成長を持続させるためにはLEDに代わる次世代ランプの開発が重要になってきています。こうした中、中期経営計画では「グローバルで光り輝く事業」を最重要事項として位置づけ、世界No.1となる光技術を獲得して、高付加価値、高品質製品の提供に繋げたいとしています。

このような経営戦略から読み解けるのは、これまで以上に生産性や効率性を向上させることのできる人材が必要とされているということです。同時に、変化の激しい市場環境にあって、新たな製品開発に果敢に取り組めるチャレンジ精神、そして、変わらぬものづくりへの思いが求められてくると言えるでしょう。

「なぜスタンレー電気か」をはっきりさせるためには他社研究が必要

同社の面接でよく聞かれる質問には、「なぜスタンレー電気を選んだのか」というものがあります。それにより面接官は「入社後のビジョンを持っているか」「これまでの経歴がどのように生かされるのか」という点を見極めます。加えて、「スタンレー電気について本当に理解しているのか」を見極められるでしょう。

業界および職種理解の枠のみに留まらず、スタンレー電気という企業の理念、風土、中期経営計画をしっかりと理解し、そのうえで競合他社との比較をおこなうことも大切です。一例として、自動車用照明機器などを手掛ける2社をピックアップしますので、研究の参考にしてみてください。

  • 株式会社小糸製作所
  • 市光工業株式会社

スタンレー電気の採用面接で実際に聞かれた質問内容

スタンレー電気が目指している方向性や、どういった人材を欲しているのか、企業研究を通じて分かってきたのではないでしょうか。

スタンレー電気の場合、やる気のある人には活躍のチャンスが与えられ、前向きな失敗はとがめられない風土があると言います。与えられた仕事を滞りなく遂行することはもちろん、自分でやりたいことややるべきことを描き、そのための情報収集や分析、周囲の巻き込みなどができる人材が求めらます。また、扱う製品が自動車用照明機器や電子部品といった比較的身近なものであることから、同社製品への関心度をチェックされることもあるため、一度ご自身の車に使われている照明がどこの製品なのか調べてみるのもよいでしょう。特に、技術職で応募される方は、ものづくりに対する思いや同社製品に対する思いを語れるようにしておきたいものです。「チャレンジ精神を持った人材」と印象づけられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくとよいでしょう。

面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。

[女性/研究開発] 【結果:最終面接で不採用】

質問

あなたの車のライトはどこのメーカーですか。

回答

車はあまり詳しくないですがスタンレー製も…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・女性/技術関連職] 【結果:入社】

質問

当社を知ったキッカケ。最短で何日から働けるか。

回答

求人情報を拝見するまでは、御社のことはほとんど存じ上げません…(口コミの続きとアドバイスを見る

[40代前半・男性/システムエンジニア] 【結果:一次面接で不採用】

質問

現在の仕事のプロセスについて

回答

現在の仕事内容の確認とそれらを実行するにあたって、どのような順番…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・女性/海外営業] 【結果:最終面接で不採用】

質問

職場、取引先に苦手なタイプの人がいたらどう接するか

回答

苦手なタイプだと思っても、なんとかその相手の良いところ、…(口コミの続きとアドバイスを見る

スタンレー電気の採用面接に向けて

スタンレー電気の採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

  • 失敗を恐れずに挑戦するという社風にフィットした人材であることを具体的なエピソードを交えてアピールする。

  • スタンレー電気の中期経営計画を理解して、これに沿った自己分析をして自己PRに繋げる。

  • 競合他社についても研究し、「なぜスタンレー電気なのか」に対する答えを明確にしておく。
これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

この記事の執筆者