【20年3月期】株価急上昇のJストリーム ポストコロナの「動画配信」需要に期待集まる

【20年3月期】株価急上昇のJストリーム ポストコロナの「動画配信」需要に期待集まる

企業向けに動画配信プラットフォーム、CDN(コンテンツデリバリネットワーク)、ライブ配信、映像制作、Webサイト構築などのサービスを提供するJストリーム。取引先にはフジテレビやテレビ朝日などテレビ局のほか大企業が並びます。好決算を受けて株価は急上昇中。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


損益計算書(PL):売上利益ともに大幅増

Jストリームの2020年3月期の決算は、売上高は前期比24.5%増の84億4300万円、営業利益は同74.8%増の5億4700万円と急増。営業利益率も同1.9pt増の6.5%と改善しました。

売上総利益も前期比21.2%増の29億1600万円と増えていますが、外注費の大幅増などにより売上原価が同26.3%増の55億2700万円と嵩んだため、粗利率は前期比0.9pt減の34.5%と微減。販売費及び一般管理費も人員増による人件費増加で前期比13.2%増の23億6900万円と増えています。

このほか、このほか、営業外収益が前期比38億円増、営業外費用が52億円減、特別利益が29億円増、特別損失が同1162億円増となりましたが、親会社株主に帰属する当期純利益は前期比27.0%増の2億4900万円と伸長しています。

2021年3月期の連結業績予想については、新型コロナウイルス感染症の影響により現時点で合理的な算定が困難であることから、開示されていません。業績予想の開示が可能となった時点で速やかに開示するとしています。

セグメント分析:ストリーミングなどの「配信事業」が主力

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

興味深い財務分析ができるよう、日々勉強しています。


関連記事

「eスポーツ銘柄」で始めるテーマ投資 オンラインゲーム関連株は1年で6割の値上がり

「eスポーツ銘柄」で始めるテーマ投資 オンラインゲーム関連株は1年で6割の値上がり

ビデオゲームで対戦競技を行う「eスポーツ」は競技者も観戦者も急増中。ソニーやカプコン、スクエニ、コーエーテクモなどの株価は1年間で平均60%も上がっています。関連銘柄を手軽にまとめて取引できるサービスのメリットと留意点をあわせて紹介します。


【面接対策】Jストリームの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】Jストリームの中途採用面接では何を聞かれるのか

企業向けにインターネット動画配信用ソフトウェアや配信プラットフォームを提供するJストリーム。採用面接では、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策をすすめましょう。