【面接対策】あいおいニッセイ同和損害保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】あいおいニッセイ同和損害保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

代理店型損保として社会貢献に尽力するあいおいニッセイ同和損害保険(以下、あいおいニッセイ同和損保)。採用面接では仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として多角的に評価されるので事前にしっかりと対策をすすめましょう。


あいおいニッセイ同和損保の採用面接前に知っておきたいこと

社風への理解

MS&ADホールディングス傘下の損害保険会社として、社会が抱えるさまざまな課題を解決し、安心安全な暮らしの実現を目指す同社。契約者に対して保険金を支払うだけではなく、事故や損害を未然に防ぐような取り組みも重要であると考えています。

社名からもわかるように、2010年にはニッセイ同和損保と経営統合し、日本生命の職員も商品の提供、サポートを行っています。旧あいおい損保自体も多くの企業と合併を繰り返してきただけに、「派閥がある」「合併前の会社の社風を色濃く残し、仕事に対する考え方が異なる」との口コミが見られました。

社風については、「年功序列」「非常に強いトップダウン体質」といったコメントが目立つ一方、「自分自身で考え、新規開拓をするのがメイン」とのコメントもあります。後者は独立・開業を目指す人材を養成するIPA社員制度で入社した社員のもので、やればやるだけ成果に応じた報酬を得られるとのこと。最長5年間、育成プログラムの中で顧客開拓の仕事に携わる制度で、IPA社員の募集もキャリア採用と同様、各地の営業所において随時おこなわれています。興味のある方は採用ページから確認してみましょう。

働き方によって労働環境は異なるようですが、同社が求めているのは下記のような人材です。

「失敗を恐れずチャレンジし続け、持てる力と個性を最大限発揮する」

年功序列制度から成果主義へとシフトする企業が多い中、同社にもその兆候は見られるようです。面接では、古い体質を残しながらも社員のチャレンジ精神を後押しし、成長を支える社風であることを理解した上で、常にお客さまを大切にし、社会貢献することにやりがいを感じられる人材であるとアピールすることが重要なポイントとなるでしょう。

選考は何次まで?

同社の選考フローは下記のとおりです。

同社コーポレートサイト キャリア採用情報より

転勤の有無によって「全域型」と「地域型」に区分されていますが、2020年7月現在、キャリア採用では転勤のない「地域型」のみ募集があります。職種は代理店への指導をおこなう営業部門(代理店支援指導)と事故報告などの窓口となる損害サービス部門。業界未経験からでも保険のプロを目指すことができるようです。

まずは応募書類を本社宛てに送付するようですが、採用ページに記載されている問い合わせ先に電話をしてみるとよいでしょう。書類選考を通過した人のみ、その後の選考の詳細について連絡があります。口コミによると、応募から内定までは2週間~1ヶ月のようです。「1度の面接で内定を得た」「3度の面接があった」など、職種によって面接回数が異なる場合もあるようなので、事前に確認してみましょう。

面接内容の傾向は?

同社の面接では一般的な質問に加えて、勤務時間やストレス耐性などについて問われることが多いようです。「残業はどのくらいできるか」「悲しみにくれている人に捺印してくださいと言えるか」など、具体的な内容の質問であることから、即戦力として実務をしっかりこなせるかどうかが重要であることがわかります。同業他社からの志望者は有利であると言えるでしょう。

雰囲気はそれほど堅苦しいものではなく、面接経験者からは、残業などを含めて、自分にできないことはできないとはっきり伝えたほうがよいといったアドバイスもありました。日々の残業については避けられない状況が多いためか、特に女性は念押しされるようです。正社員として長く働き続けるためには、労働条件をしっかり理解して、生活のリズムとのバランスを考えながら面接への対策を講じておきましょう。

あいおいニッセイ同和損保の面接攻略法(面接対策)

あいおいニッセイ同和損保の中期経営計画「AD Vision 2021」を理解した上で自己分析をする

面接に臨む前に、「AD Vision 2021」を理解しておきましょう。

MS&ADインシュアランス グループでは、2018~2021年度にかけて「Vision 2021」を策定しています。それに合わせて同社でも「AD Vision 2021」をスタートさせました。昨今、自然災害やコロナ禍のような事態が相次いだことから、当初の部門に「自然災害対策」も加え、予期しない事象に対して柔軟に対応することで、状況の回復を成長につなげていくとしています。

また、注目すべきは同社がトヨタ自動車とともに開発したテレマティクス自動車保険です。詳細はコーポレートサイト内の動画で確認できますが、搭載されているドライブレコーダーによって安全運転診断がおこなわれ、結果が保険料に還元されるというシステムです。事故が起きてしまった場合も、即座に救急車への対応や家族への連絡がおこなわれます。

「安全運転を促し、事故を減らすための保険」をコンセプトとし、社会に貢献していくことが同社の特色でもあります。このような取り組みをやりがいとし、社員が次世代に向けてチャレンジし続けてくれることを、同社は期待しているのです。

同社コーポレートサイト テレマティクスとは

「なぜあいおいニッセイ同和損保か」をはっきりさせるためには他社研究が必要

面接で必ず問われることのひとつに「なぜ当社なのか」という質問があります。多くの損保会社があり、各社独自のサービスが拡大されていく中で、「当社のどのような部分に共感し、入社後は何をしたいのか」を面接官は見極めようとしています。

説得力のある志望動機を語るためには、同社の社風や特色を理解することはもちろん、競合他社の研究も欠かせません。競合他社と比較し、同社の弱い面も含めてさまざまな視点から理解を深めておくことが大切です。そのような対策を講じることで、面接官のどんな質問にも自信を持って答えることができるでしょう。

ここでは競合となる対面式の代理店型損保4社をあげています。販売商品やサービスの違いだけでなく、各社の目指す方向性を読み解き、同社の強みとなっている部分を明確にしておきましょう。

  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 損害保険ジャパン株式会社
  • AIG損害保険株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社

あいおいニッセイ同和損保の採用面接で実際に聞かれた質問内容

社風やビジョン、中期経営計画などを理解することで、同社が求めている人物像がはっきりしてきたのではないでしょうか。面接を受けるにあたって重要なことは、同社が大切にしていることや競合他社との違いを自分の中で明確にし、入社への熱意をしっかりと語ることです。

「古い体質を残しながらも社員のチャレンジ精神を後押しし、成長を支える社風」であることをふまえ、「常にお客さまを大切にし、社会貢献することにやりがいを感じられる人材」と印象づけられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくとよいでしょう。また、入社後にチャレンジしたいことを具体的に示すことが有効なアピールとなるはずです。

面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策をしておきましょう。

[30代前半・女性/財務・会計関連職] 【結果:入社】

質問

何時まで働けますか?

回答

小さい子供がいますが、家族が送迎など協力してくれるので19時ごろまで…(口コミの続きとアドバイスを見る

[40代後半・女性/その他] 【結果:入社】

質問

家族は残業することに対してどうですか?

回答

子どもも大きいので、帰りが遅く、夫は自分も残業するので、…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・女性/カスタマーサポート] 【結果:入社】

質問

悲しみの淵にいる方のもとへ「お金を支払いますのでサインをください」と言いに行く仕事ですが、あなたにできますか?

回答

今、想像しただけで涙が出そうになりました。確かに保険金の支払いは不幸…(口コミの続きとアドバイスを見る

[20代前半・女性/損害調査] 【結果:入社】

質問

ストレス耐性はありますか?

回答

受験勉強の話で例えながら、厳しい環境でも耐えられるメンタルがある…(口コミの続きとアドバイスを見る

あいおいニッセイ同和損保の採用面接に向けて

あいおいニッセイ同和損保の採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。

  • 「古い体質を残しながらも社員のチャレンジ精神を後押しし、成長を支える社風」であることを理解し、それにフィットした行動ができる人材であることをアピールする。

  • 同社の中期経営計画を理解し、これに沿った自己分析をおこなうことで自己PRにつなげる。

  • 競合他社についての理解を深め、「なぜ同社なのか」に対する答えを明確にしておく。


これらをふまえて面接対策をしっかりとおこない、面接当日は自信を持って自己アピールをしてください。

この記事の執筆者


関連記事

【面接対策】イーデザイン損害保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】イーデザイン損害保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

東京海上グループのネット損保、イーデザイン損害保険(以下、イーデザイン損保)。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。


【面接対策】 アニコム損害保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】 アニコム損害保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

毎年15%~20%の勢いで成長しているペット保険市場で、最大のシェアを誇るアニコム損害保険。中途採用活動も活発に行われています。中途採用では、今まで身に着けたスキルや実績に加え、仕事に対する価値観、社風になじめそうかなども含め総合的に評価を下されます。しっかりと準備をしておきましょう。


【面接対策】ほけんの窓口グループの中途採用面接では何を聞かれるか

【面接対策】ほけんの窓口グループの中途採用面接では何を聞かれるか

日本全国に約700店の来店型保険ショップを展開するほけんの窓口グループ。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。


【面接対策】AIG損害保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】AIG損害保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

AIU損害保険と富士火災が合併し設立されたAIG損害保険。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。


【面接対策】東京海上日動火災保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】東京海上日動火災保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

国内損害保険業界においてトップシェアを誇る東京海上日動火災保険。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。