【19年3月期】安定業績の豊田通商 中計の柱は「アフリカでのトヨタビジネスの強化」

【19年3月期】安定業績の豊田通商 中計の柱は「アフリカでのトヨタビジネスの強化」

2019年3月期に3期連続最高益を達成した豊田通商。7大商社の一角と言われますが、規模の大きさもさることながら、トヨタグループの一員として、トヨタ自動車の販路拡大などにも貢献しています。財務諸表や中期経営計画の内容を分析して紹介します。


損益計算書(PL):売上収益6.7兆円、粗利率9.4%

2019年3月期の決算短信によると、豊田通商の連結売上収益は6兆7627億円で、前期比4.2%。非常に大規模ですが、売上原価も6兆1242億円と巨額にのぼっています。

その結果、売上総利益は6384億円。粗利率は9.4%と低い値に収まっています。ただし、これは豊田通商が国際会計基準(IFRS)を採用しており、売上収益が売上高よりも低くなることも一因になっています。

販売費及び一般管理費は4232億3000万円で、営業利益は2152億円。営業利益は前期比17.8%増となっているものの、営業利益率は3.2%、前期比0.4ptのアップにとどまっています。

セグメント分析:利益率は自動車が最も高い

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者


関連記事

【口コミ評判】豊田通商は「トヨタ次第の会社」 社員は「仕事が降ってくる」状態に危機感も

【口コミ評判】豊田通商は「トヨタ次第の会社」 社員は「仕事が降ってくる」状態に危機感も

7大商社の一角を占めるといわれる豊田通商。トヨタ自動車を中心としたトヨタグループの商社としての役割を担ってきましたが、2006年にトーメンを買収後、総合商社として規模を拡大してきました。会社の口コミ評判について、社員の声をまとめてみました。


【平均年収1114.1万円】豊田通商の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収1114.1万円】豊田通商の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】豊田通商の年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


【面接対策】豊田通商の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】豊田通商の中途採用面接では何を聞かれるのか

トヨタグループ唯一の総合商社である豊田通商への転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


wiget_w300
wiget_w300