【19年6月期】それでもグリーの経営が安定している理由 売上はピーク時の半分以下

【19年6月期】それでもグリーの経営が安定している理由 売上はピーク時の半分以下

ソーシャルゲームの爆発的なヒットで、ピーク時には1500億円を超える売上高と50%を超える営業利益率を誇ったグリーですが、いまはその面影もありません。とはいえ、ゲーム事業による一定の収益と蓄積したキャッシュによって、引き続き新しい事業を打ち出そうとしています。財務諸表分析からグリーの現状と課題を整理します。


損益計算書(PL):営業利益は前年比41.9%減

ここ10期間の業績を見ると、グリーの業績がピーク時から大きく悪化していることが分かります。2012年5月にソーシャルゲームにおけるアイテム課金の手法「コンプリートガチャ」が違法と指摘されるなど、以前が異常であったと言うこともできますが、ここ数期も利益率が下がり続けています。

グリーの2019年6月期決算は、売上高が前期比9%減の709億円営業利益が同41.9%減の54億円でした。利益の落ち込みが特に大きくなっています。

売上原価は前期比1.9%増となり、売上総利益は同16.1%減。粗利率は55.7%で同4.7pt減と悪化しました。ピーク時の粗利率が90%台だったことと比べると、かなり下がっています。

販管費は前期比9.6%減と改善しましたが、ピーク時には50%台だった営業利益率は10.9%で、同4.4pt減となりました。

グリーのビジネスモデルは、ソーシャルゲームの「有料課金収入」と「広告メディア収入」です。2019年6月期のセグメント別売上高は、各四半期の決算報告書を集計すると、有料課金事業が564.8億円(売上高構成比79.6%)、広告メディア事業が144.6億円(同30.4%)でした。

ソーシャルゲームは原則として無料サービスとして提供されていますが、サイト内で利用可能な各種アイテムとの交換等を目的として、ゲーム内専用仮想通貨「GREEコイン」を発行しています。これをユーザーが購入する形で課金しています。

2019年6月期は、有料課金額がすべての四半期で前期から減少しました。アプリゲームは横ばいでしたが、ブラウザゲームへの課金が減少しています。

出典:2019年6月期第4四半期 決算説明会資料

セグメント分析:中期的には事業3本柱へ

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

コンサル会社員をしながら、副業ライターとして執筆活動を行っています。証券アナリスト取得を目指し日々邁進しております。


関連記事

【平均年収759.8万円】グリーの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収759.8万円】グリーの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】グリー社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


【面接対策】グリー(GREE)の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】グリー(GREE)の中途採用面接では何を聞かれるのか

日本有数のインターネット企業として、ソーシャルゲームの一時代を築いたグリーへの転職。中途採用面接は、仕事への取り組み方やこれまでの成果などを具体的に問われるほか、個性も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策して転職を成功させましょう。


ディー・エヌ・エー vs  グリー 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

ディー・エヌ・エー vs グリー 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

ディー・エヌ・エーとグリーの社員は自社の働きやすさについてどう感じているのでしょうか。ライバル関係にある企業との違いは? 口コミ投稿者の主観による点数付けと、投稿された口コミから読み取れる本質的な満足度の分析を通じて企業を評価します。