ディー・エヌ・エー vs  グリー 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

ディー・エヌ・エー vs グリー 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

ディー・エヌ・エーとグリーの社員は自社の働きやすさについてどう感じているのでしょうか。ライバル関係にある企業との違いは? 口コミ投稿者の主観による点数付けと、投稿された口コミから読み取れる本質的な満足度の分析を通じて企業を評価します。


就職活動と同様に転職先候補として、仕事の内容が似通っている同業他社を選択肢にする場合も少なくありません。待遇面を見比べるのは容易だとしても、勤務先の状況や雰囲気など内情を比較することはなかなか難しいものです。そういう場合にもっとも有効的なのは口コミを活用すること。今回は日本を代表するインターネット関連企業である、ディー・エヌ・エーとグリーの2社を比較します。

働きやすさは互角だが、「やりがい」「給与」に差

【図1】働きやすさ評価チャート(キャリコネに掲載されている各社のチャートを編集部にて合成)

まずは「働きやすさ評価チャート」を見てみましょう。 このチャートは、キャリコネの口コミ投稿者に、労働時間、仕事のやりがい、仕事のストレス度、休日数、給与、ホワイト度の各項目についての満足度を5点満点で評価いただき、その平均を表しています(総合評価は6項目の平均値)。点数のつけ方には基準を設けておらず、主観的な判断で採点してもらっています。

グラフが重なるほど、両社の評価は拮抗しています。「働きやすさ」の総合評価では、ディー・エヌ・エー3.3、グリー3.2と、その差はわずかマイナス0.1ポイントしかありません。

個別に見ていくと、ディー・エヌ・エーは「仕事のやりがい」、グリーは「給与の満足度」でポイントを多く獲得しています。また、両社ともに「休日数」のポイントがとても高くなっています。総合的にみてもほとんどの項目が3を上回っており、社員の企業に対する満足度は高いといえるでしょう。

【図2】独自口コミ分析結果(提供:キャリコネ働き方研究所)

続いて、実際に投稿された口コミを分析していきます。

同じく投稿者の主観的な目線での情報ですが、アメリカの臨床心理学者、フレデリック・ハーズバーグが提唱した二要因理論を応用し口コミを分析、数値化しました。

二要因理論にならい、動機づけ要因に「達成」「承認」「仕事」「責任」「昇進と成長」、不満誘発要因に「経営方針」「監督」「人間関係」「作業環境」「賃金と雇用の安定」を設定し、1つの口コミに対し、プラス評価なのかマイナス評価なのかを判断してポイントを加算していきます。そうして算出された結果が【図2】のグラフで、各項目が獲得した数値は左の表に記載しました。

両社を比較したところ、動機づけ要因(モチベーション)ではディー・エヌ・エーが14.9ポイント、グリーが1.3ポイントと、2社ともプラスになっていますが、その差は13.6ポイントとディー・エヌ・エーが大差をつけている状況です。

これは、グリーよりもディー・エヌ・エー のほうが、仕事に対する「やる気」「意欲」を維持しやすい、すなわち積極的な動機付けが行われている環境である、ということを意味しているのでしょうか。

一方、満足度要因ではグリーが高評価を獲得しており、ディー・エヌ・エーはマイナス評価となっています。

まずは動機づけ要因のポジティブ意見/ネガティブ意見をみながら、両社の違い、そして共通点を類推していきましょう。

動機付け要因

【図3】

まず、モチベーションを高めたポジティブ要因を分析します。

目立つのは大きく差がついている「承認」と「責任」の項目です。実際の口コミで両社の違いを見ていきましょう。

まずは「承認」の項目を見ていきましょう。「承認」の項目は評価基準の正当性やそれによる報酬についての口コミを集計しています。

ディー・エヌ・エーでは「他社と比較して出世をしたい、役職が欲しいと思っている人が少ないかと思います。役職があるのかないのかと、給料の高低はあまり関係なく、どれだけ成果を出したかというところを中心に評価されて給料が決まるので、そうなるのかと思います。」「一般的な企業と比較しても、結果を出していれば、正当な評価をされる環境ではあると思います。しかしながら、優秀な人間が多く居るため、生半可な結果であれば、目立つ評価を受けることは難しいです。」「とにかく視点の高い人。そして積極的にサービスを、組織を変えて行こうという姿勢が見られる人。そして圧倒的な成果を出した人が圧倒的なスピードで出世できる環境。先輩後輩関係なく、成果の出せる人が上に行ける。逆を言えば、普通に生活したい人には絶対向かない会社です。」という口コミがみられました。

グリーでは「基本的に実力主義です。年齢と関係なく、実績を出せば出すほど、部署によるかもしれませんが、報酬があがります。ただ、その裏腹に実績がない場合、当然報酬が下がります。とにかく、年功序列にこだわらない人だと問題ないはずです。」という意見がみられましたが、ポジティブな口コミ数は少なくなっていました。


次に「責任」の項目です。「責任」は仕事の責任と権限についての項目です。多くなるにつれて裁量の幅が広くなります。プレッシャーもありますが、その分、遣り甲斐があります。

ディー・エヌ・エーでは「どうしてもやりたいと自ら手をあげれば基本的にアサインしてもらえる。企画→エンジニアなどの大幅なジョブチェンジも可能。事業の立ち上げも多くなされており、今後経営者として独立することを考えているなら非常におすすめの会社。日頃から経営陣のとコミュニケーションの機会もある。」「任される裁量権が大きいことが最も大きな魅力だと思う。一般的な企業では下積みといわれる雑務を任されることから仕事を始めることが多いと思うが、新卒、中途採用問わず自分で考え、仕事を行うことが入社直後に求められる。厳しい側面もあるが、自分が出来る限界までチャレンジしたい人にとっては非常にいい。」という口コミがみられ、希望をすれば大幅なジョブチェンジまで可能という珍しい社風が伺えました。

一方グリーでは「責任」に関する口コミはみられませんでした。

ディー・エヌ・エー社員の口コミ(キャリコネ)

やりがいと社風について

「永久ベンチャーを掲げているだけあり、新しい事業を作っていくことが常に求められる環境のため、 アグレッシブな刺激を受けることが出来る。既存の事業も幅広く展開をしているため、結果を出し……

【図4】

それでは、モチベーションを下げたネガティブ要因を見ていきます。
先ほど「承認」の項目のポジティブ意見では、ディー・エヌ・エーに関する口コミが多く見られましたが、ネガティブ意見ではグリーが圧倒的に多くなっています。
実際の口コミの内容を見ていきましょう。

まず、ディー・エヌ・エーの口コミでは「入社してからの給与の伸びが低い。成果を出した一部の人は伸びているようだが、大半の人は他の企業の方が昇給を期待できるのでは。また、福利厚生も段々カットされていく傾向で、古くからいる従業員に優しくない。普通の能力の人が長く働くことを推奨されていないような環境にあると感じた。」というものがありました。成果を出せない人にはかなり厳しい環境だと推測されます。

そしてグリーの口コミでは「上司に気に入られるかが全てである。上司から嫌われると給与と昇進は見込まれない。いかにしてチャレンジしている感や上層部に可愛がられるか政治的な人は出世がはやいと思われる。マネージャー以上になると比較的安定した給与は稼げる会社かと思われる。マネージャー以上を目指すのがよい」「中途でそれなりに前職を評価されて入ってきている人はそれなりに給料も高かったと思うが、基本的には維持、減収となると思われる。上に上がることは相当難しく、昔からのメンバーが新しい有能な人間を使い、手柄をもらって出世していくパターンなので、基本的には転職したとしても相当の実力がある、自分自身をプレゼンできる人間でなければ厳しい。」「成果を出さないと上に行けない。配属されたプロダクトによっては、どうしようもないプロダクトもあるので、そうなると腐って辞めていく人間も多い。」という意見がみられました。こちらも成果主義ですが、加えていかに権力がある人に気に入ってもらえるかが重要になりそうです。また、成果主義でも、プロダクト次第では難しいという声がありました。ディー・エヌ・エーでは声を上げれば希望部署に異動ができるようですが、グリーでは難しいのかもしれません。

グリー社員の口コミ(キャリコネ)

出世する人について

「とにかく遅くまで残り、上司に分かりやすいExcelやPowerPointをすばやく作成する人が評価される。 それから上司が食事や飲み会に行くときはさりげなく……

満足度要因

【図5】

「経営方針」「監督(上司の監督スキル)」「人間関係」「作業環境」「賃金と雇用の安定」という5つの要因がありますが、これらの要因について「不十分である」と感じたときに、人は不満足感を覚えます。ただし、これらの要因がたとえ満たされたとしても、いわば当たり前であるべきことなので、積極的な満足感をもたらすとは限りません。

両社ともに「作業環境」における満足度が非常に高いという評価を得ています。加えてグリーは「賃金と雇用の安定」でも高評価を獲得しています。実際の口コミを見ていきましょう。

まずは「作業環境」です。この項目は残業時間や休日出勤、福利厚生などを表しています。

ディー・エヌ・エーでは「与えられたミッションをきちんとこなしていれば、特に残業も休日出勤もない。部署にもよるが、効率がいい人は19時半に帰っているし、かなりホワイトな方だと思う。他方、仕事が遅く非効率な人は遅くまで残っている印象。その辺は変な暗黙の了解もなく、仕事が終われば皆勝手に帰っている。」「社風はフラットで勤怠のルールも緩い。世間体はブラックに見えるかもしれないが、そんなことは全くない。休日も前以て言えば旅行など行かせてもらえるし、多くの男性社員が育児などで遅刻や休みをとったりしている。勤務時間は所属部署に依存するが、あまりにブラックなプロジェクトは人事が入り、ストレスが軽減されるようなケアもされる。」「創業者が女性ということもあり、働くママへのサポート体制は充実しています。産休、育休はもちろん、子供の病気時の時にも有休とは別に休暇を取得することができます。また時短勤務制度もあり、出産後に時短勤務で復職する女性社員はとても多いです。会社に家族を招くイベントあります。」

グリーでは「プロダクト担当でない限り、休日出勤はほとんど無い。残業についても、2012-13年頃はかなり多かったが、いまは定時から1日1時間程度で帰宅する人が多い。かなりホワイトな状態であるが故に、労務管理自体が厳しく、コスト面からも残業も認められにくいため、ハードに働きたいという人は物足りない感を抱いている。」「出産・育児による休暇取得は比較的取りやすい職場環境だと感じた。元いたチームがなくなっていることはしばしばあるが、その分、休暇取得前の仕事に縛られずに仕事を自由に選べる風土がある印象。仕事の内容としても在宅勤務に適した業務も多く、その点でも育児と共立したい女性には適した職場だと思う。」

両社ともに、残業はそこまで多くなく女性も働きやすいホワイトな社風といえますが、どちらかというとグリーのほうが、残業時間が少ない印象を受けました。


次に「賃金と雇用の安定」の口コミを見ていきます。この項目では賃金や手当などの口コミを集計しています。

ディー・エヌ・エーでは「2012年度よりフリーランチ制度・家賃補助が導入された。フリーランチとはヒカリエ24Fに作られた社内カフェで11:00~14:00までの間無料でランチを支給される制度である。家賃補助とは渋谷駅より2駅を目安として月3万円の支給をされる制度である。これは世帯主であることが条件となる。」「お給料はWEB業界の中でもかなりいい方だったと思います。評価に関しては以前は曖昧な評価方法でしたが、最近はしっかりとしたスキームが整ってきて、わりかし納得いく評価になってきていると思います。ただ成果が求められます。」

グリーでは「六本木周辺に住むと住宅手当が5万円出る。IT業界の中では高額な部類に入ると思う。他にもチーム会食費や最新のスマートフォン購入補助など非常に手厚い。かつては、朝食や夕方のケーキが無料などまさにバブリーな福利厚生があった。今後は、業績悪化に伴い減っていく可能性もあると思われる。」「朝ごはんはタダ、昼・夜のお弁当補助、ジュースが30円から、毎週金曜日には立食パーティ、月1回の飲み会補助、と食費は余りかかりません。」「入社時期にもよりますが、同業他社と比べても報酬は高いです。」

両社ともに家賃手当や食費の補助が充実しており、手厚い福利厚生といえます。特にグリーの住宅手当5万円はとても満足度が高いようで、たくさんの口コミが集まっていました。ただ、グリーの立食パーティは無くなったという口コミもあり、現在は内容が少々変わっている可能性があります。

グリー社員の口コミ(キャリコネ)

福利厚生について

「福利厚生は素晴らしいと思います。近隣住宅制度で毎月5万支給される企業はITでは珍しいと思います。 また最初の1度きりですが引越支援で……

【図6】

それでは最後に、不満足を感じるネガティブ要因を見ていきます。

両社ともに「経営方針」と「作業環境」で大幅にマイナスポイントとなっています。ただ、「作業環境」の項目はポジティブな意見も多くあつまっており、意見が割れているようです。

まずは「経営方針」を見ていきます。

ディー・エヌ・エーでは「基本ゲームで売上が立っている会社なので収益は安定しない。日系なのでレイオフはほぼないが、福利厚生など減らされる(実際減らされた)。2012年頃は会社の業績もピークで優秀な人材がかなり多くいたが、今はかなり流出していて、歯止めがかからない状況。」

グリーでは「本業とは関係がない多角化経営に走り過ぎて、本業であるソーシャルゲーム事業に注力する体制が弱体化している印象。優秀な人材を引き留める施策も充実が望まれる。」「13年の業績悪化による早期退職を実施し、優秀なメンバーが次々退職し、大幅な戦力ダウンとなった。競合と比較しても未だソシャゲでヒットを出せず、新規事業も軒並み外れてしまっている。但し、多額のキャッシュを保有しているので今後のやり方次第では、逆転可能かと思われる。」

両社ともに安定しない収益モデルと、それによる人材の流出が課題となっているようです。今後いかに売れる商品を生み出せるかにかかっており、どちらが良い商品を生み出しそうか判断して入社することをおすすめします。


次に、ポジティブな意見も多く出ていた「作業環境」についてです。

ディー・エヌ・エーでは「あくまでも求められるのは成果だが、ハードワークをしなくては達成できないような成果目標が課されるため、基本的に残業は多い。また、あまりスマートさがなく、強引にでも業務を推進することが評価につながりやすいことも残業が多い理由の一つ。」「有休は取りやすい。しかし、勤務時間は長い。仕事が終わらない。勤務時間後も上司から電話がかかってきたりする。休日出勤はあるが、「自分はやりません」というスタンスを貫くことは可能だと思う。自分で時間を管理することが大切。正社員は残業代が出るわけではないので要注意。」

グリーでは「残業して当たり前の風潮はあり。みなし残業制のため、企業にとっては人件費に影響しないため残業時間の抑制に関心がない。休日出勤は2012-2013年頃と比較すると少なくなった。」「海外に赴任している人間が、急に日本に戻されたかと思えばまた言って来いと言われたり、家族への手当が十分でなかったりした。」

どちらの会社も部署によってはまだ残業がありそうです。残業代が出ないこともあるようなので入社の際はよく確認したほうがいいかもしれません。グリーでは海外赴任の際の待遇に関する口コミもみられました。

ディー・エヌ・エー社員の口コミ(キャリコネ)

残業の多さと残業代について

「残業は部署やチームによります。私の部は作業量が多く、残業が常態化してました。 残業代は一定以上のポジションになると……

居心地は互角だが、社風に相違

ディー・エヌ・エー、グリーというインターネット関連企業のツートップ。つねに比較されてきたライバル同士であり、また大企業ゆえの好待遇も互角の人気企業です。

それでも口コミを分析すると、両社の違いが見えてきました。ディー・エヌ・エーでは徹底した実力主義とやりたい仕事を任せてもらえる社風が特徴です。グリーでは、実力主義と人付き合いのバランス、充実した家賃補助などの福利厚生があげられます。

どちらの企業タイプが自分に合っているのか見極め、口コミの情報を活かして転職活動をすることをオススメします。

この記事の執筆者


関連記事

【財務分析】売上高はピーク時の半分以下 それでもグリーが安定している理由

【財務分析】売上高はピーク時の半分以下 それでもグリーが安定している理由

ソーシャルゲームの爆発的なヒットで、ピーク時には1500億円を超える売上高と50%を超える営業利益率を誇ったグリーですが、いまはその面影もありません。とはいえ、ゲーム事業による一定の収益と蓄積したキャッシュによって、引き続き新しい事業を打ち出そうとしています。財務諸表分析からグリーの現状と課題を整理します。


【財務分析】ゲーム事業の売上が急降下! カバーするのはどの事業?

【財務分析】ゲーム事業の売上が急降下! カバーするのはどの事業?

ガラケー時代より「モバゲー」などモバイル端末向けのゲームを中心に急激な成長を果たしたDeNA(ディー・エヌ・エー)。スマホ時代にも様々な新規事業を展開し、成長をねらってきたものの、ここ数年は不調にあえいでいます。そんな中、リアルの世界を絡めたスポーツ事業が成長。今回はDeNAの財務諸表から現状と将来について分析します。


【面接対策】ディー・エヌ・エーの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ディー・エヌ・エーの中途採用面接では何を聞かれるのか

ゲーム事業を中心に、幅広く事業展開するディー・エヌ・エー。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。