【平均年収744.4万円】大日本印刷の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収744.4万円】大日本印刷の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】大日本印刷社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


大日本印刷の平均年収は744.4万円

まずはじめに大日本印刷の平均年収を見ていきましょう。

大日本印刷の平均年収は744.4万円です(2020年3月期有価証券報告書)。

キャリコネに投稿された給与明細を参考に大日本印刷の年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で370〜420万円、30歳代で570〜620万円、40歳代で740〜790万円という結果がでました。

男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・令和元年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.48倍の額です。

大日本印刷の平均年収推移

過去5年間は堅調な増加傾向

大日本印刷・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高(連結)純利益(連結)
2016年3月期705.9万円40.4歳17年10676人14559.2億円335.9億円
2017年3月期707万円41歳17.6年10800人14101.7億円252.3億円
2018年3月期712.5万円41.6歳18年10775人14122.5億円275億円
2019年3月期726.1万円42.2歳18.6年10757人14015.1億円-356.7億円
2020年3月期744.4万円42.6歳19年10499人14018.9億円695億円

出典:大日本印刷・有価証券報告書

大日本印刷の過去5年間の平均年収の推移を見てみると、順調な増加傾向にあります。2016年3月期は705.9万円ですが、2020年3月期には744.4万円と、約40万円のアップです。毎年の増加幅は数万円~10数万円と、それほど大きな変化ではありませんが、着実な増加を重ねています。

この背景には、堅調な業績推移があります。過去5年間、連結の売上高1.4兆円、単体の売上高は1兆円前後を推移しており、大きく増加しているわけではありませんが、売上総利益は着実に増加しています。
こうした業績の推移とともに、2019年4月に改定された人事・賃金制度の内容も、平均年収を押し上げた一因です。改定内容は、主に「社内外の多彩なキャリアを持った人たちや若手社員」を対象としたもので、これにより、若手社員の賞与や賃金水準の抜本的な向上が図られています。

2020年3月期の業績は増収増益となり、年収上昇となりました。

大日本印刷の年代別平均年収と中央値

大日本印刷の年収中央値は30代で453.1万円

ここまで平均年収を見てきましたが、大日本印刷のより実態に近い年収は中央値を見ればわかります。大日本印刷の世代別平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値は以下の通りです。

大日本印刷の年収実態

年代平均月収平均ボーナス年収中央値
20代26.3万円63.3万円323万円
30代37万円88.8万円453.1万円
40代46.9万円112.6万円574.3万円
50代54.2万円130.1万円663.6万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

大日本印刷は、出版関連事業をはじめ、印刷技術を応用した内外装材やエネルギー関連部材、半導体部品などの製造事業まで、幅広い事業を展開しています。産業分類としては「製造業」に該当します。

この業種を、平均年収という観点で見ると、全業種平均よりも、すべての年代において若干下回っていることが分かります。例えば30代であれば、全業種平均は320.6万円ですが、製造業平均は288.2万円と、約32万円の開きが見られます。これは30代のみならず、すべての年代において当てはまる傾向です。

こうした製造業の中で、大日本印刷の年収中央値は、すべての年代において業種別平均を大きく上回ります。同じく30代であれば、大日本印刷の年収中央値は453.1万円と、業種別平均を上回っていますので、業種内においても、大日本印刷の年収中央値は極めて高い水準だと言えるでしょう。

大日本印刷の年収が高い理由

管理職の高い給与水準が、平均年収を引き上げている

大日本印刷の給与に関する口コミとして多く見られるのは、「基本給が低く抑えられている」「残業代がなければ生活が苦しい」というもの。さらに、賞与についても、「夏・冬とも、1.5~2ヶ月分程度」と、大手メーカーとしては決して高い水準ではありません。

それでも平均年収が高い水準を保っている理由は何でしょうか。それは、「10年勤めても給料はほとんど変化はない」「10年を経過すると、ようやく昇給額・賞与額が満足できるレベルになる」という口コミから推察することができます。「10年」は、修士卒の社員が係長級(管理職の一番下のランク=MSG4)になるまでの平均的な年数です。つまり、一般社員の間は、給与は低く抑えられていますが、管理職以上にはその能力・成果に見合った、高い水準の給与が支給されるという、メリハリある体系になっているということです。

大日本印刷の給与体系・内訳

残業手当は固定額支給

大日本印刷の給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(6月・12月)の賞与で構成されています。

基本給は等級制度を取っており、等級が上がるごとに昇給する仕組みです。また、諸手当は所定外勤務手当、公的資格手当などが主なものですが、多くの職場で「Dワーク制度」という裁量労働制が導入されており、所定外勤務手当は固定額支給のケースが大半であるようです。(深夜勤務手当は別途支給あり)

住宅手当・家族手当がないことに対しては、社員からは不満の声も聞かれますが、入社4年目までは寮に入ることができる(通勤時間に関する制限あり)ことと、遠隔地に転勤した場合には住宅手当が支給されます。

大日本印刷社員の給与明細(キャリコネ)

入社10年までは大きな給与アップがないことも

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代から30代で年収が2倍に

30代(非管理職)の 給与明細

30代(非管理職)の 給与明細

大日本印刷の職種別年収

職種による違いはなし

大日本印刷の職種は、営業・企画などの「事務系総合職」、研究開発・システム開発などの「技術系総合職」、そしてディレクター・クリエイターとなる「デザイン系総合職」の大きく3つに分類されます。

賃金制度はすべての職種共通のものであり、前述の通り等級によって基本給が決められるため、職種によって年収に差が出ることはありません。初任給についても、以下の通り、全職種共通で学歴別に設定されています。

<初任給(2019年実績)>
●大卒:218,000円
●修士了:238,000円

大日本印刷の等級の仕組みとしては、一般社員はG4から始まり、G3→G2→G1と昇格していきます(大卒はG2からのスタート)。その上は管理職となり、MSG4(係長級)→MSG3(課長級)→MSG2(部長級)→MSG1(本部長級)の4段階です。ランク別の年収目安としては、M1~4の間は350~500万円であり、ランクアップごとに徐々に昇給します。MSG4は640~780万円、MSG3は約900万円、MSG2で1000万円超、MSG1が1100~1200万円といったあたりです。

大日本印刷社員の給与明細(キャリコネ)

20代のうちは横並びの年収

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代以降は実力差が年収差につながる

30代広告宣伝(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

大日本印刷で年収を上げる方法

年功序列の昇格が基本

繰り返しになりますが、大日本印刷の給与は等級によって決められているため、年収を上げるためには、等級を上げる=昇格することが必要です。

一般社員はG4→G1、管理職はMSG4→MSG1という計8段階のランク分けがされていますが、さらに各ランクごとにS/A/B/C/Dのサブグレードが設定されています。「基本的に年功序列」「MSG4になるまでは、基本的に毎年1グレード上がる」という口コミにある通り、係長級であるMSG4までは「よほどのことがない限り全員昇格できる」そうです。標準的なMSG4昇格時期は、院卒の場合、入社10年目ですが、「相当優秀であれば8年でなれる場合もある」と抜擢人事のケースも見られます。

評価制度としては、「個人MBO制度」のもと、期初に業務課題や人材育成テーマの設定を行い、上長との面談の中でその進捗と達成度合を確認、評価が決められます。しかし基本的には年功序列での昇格のため、この評価制度は「全く機能していない」という厳しいコメントも寄せられています。

大日本印刷社員の口コミ(キャリコネ)

一般社員の間は年功序列で昇格

「目標制度はありますが、ほぼ形骸化 入社10年目頃に昇格する上級職になるまでは、ほぼ横一線……

年功序列の風土が根強い

「良くも悪くも年功序列の色が強い 査定は、運の良し悪しとしか言いようがない……

大日本印刷のライバル企業と比較

印刷業界ではトップ水準

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)従業員数(連結)売上高(連結)決算期
大日本印刷744.4万円42.6歳19年10499人38181人14018.94億円2020年3月期
東レ720.1万円38.5歳15.4年7568人48031人22146.33億円2020年3月期
凸版印刷681.1万円42.6歳13.8年10330人52599人14527.51億円2020年3月期
NISSHA665.5万円41.3歳14.2年819人5718人1731.89億円2020年3月期

まずは、大日本印刷と並び、印刷業界の2強とされる凸版印刷と比較してみましょう。大日本印刷の平均年収が744.4万円であるのに対し、凸版印刷は681.1万円です。連結の売上高では凸版印刷を下回っていますが、純利益を比較すると、大日本印刷が695億円、凸版印刷が422.7億円と大日本印刷の方が100億円以上うわ回っています。ここから、平均年収の差が生じていることが考えられます。

大日本印刷は半導体部品などのエレクトロニクス事業にも力を入れていますが、その中でもスマートフォンの液晶パネル部品「カラーフィルター」製造においては、東レ、凸版印刷と並び、トップ3に名を連ねます。東レの平均年収は720.1万円と、大日本印刷をやや下回るレベル。このことから、印刷業界およびその周辺事業においても、トップレベルの給与水準であると言えます。以前は印刷業界3位として君臨し、現在はセンサーの製造を主事業としているNISSHAとは80万円程度の差があります。

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる模倣・盗用・剽窃を一切禁止します。 悪質なサイトの特徴はこちらでご確認ください。もし模倣・盗用・剽窃を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】大日本印刷の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】大日本印刷の中途採用面接では何を聞かれるのか

活版印刷の会社として創業、現在も印刷業の営業利益では国内トップの大日本印刷への転職。印刷技術を用いた最新技術の開発にも力を注いでいます。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を問われるほか、即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されます。事前にしっかり対策しておきましょう。


大日本印刷 vs. 凸版印刷 働きがいがある・働きやすいのはどっち?【口コミ分析】

大日本印刷 vs. 凸版印刷 働きがいがある・働きやすいのはどっち?【口コミ分析】

大日本印刷と凸版印刷の社員は自社の働きやすさについてどう感じているのでしょうか。ライバル関係にある企業との違いは? 口コミ投稿者の主観による点数付けと、投稿された口コミから読み取れる本質的な満足度の分析を通じて企業を評価します。