【平均年収768.1万円】DICの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収768.1万円】DICの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】DIC社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


DICの平均年収は768.1万円

それでは、はじめにDICの平均年収について見ていきます。DICの平均年収は、2019年12月期の有価証券報告書によると、768.1万円です。キャリコネに寄せられた給与明細から算出したDIC年代別年収レンジは、20歳代で460〜560万円、30歳代で610〜710万円、40歳代で770〜870万円となっています。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.53倍の額です。

DICの平均年収推移

2019年は若干減少するも、安定して770万円前後を推移

DIC・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2019年12月期768.1万円43.4歳18.9年3593人
2018年12月期784.4万円43.1歳18.8年3538人
2017年12月期778.2万円42.7歳18.7年3503人
2016年12月期774万円42.3歳18.3年3510人
2015年12月期759.3万円41.8歳18.1年3581人

出典:DIC・有価証券報告書

DICの過去5年間の平均年収を見てみると、2015年から2018年までの4年間は徐々に増加(2015年:759.3万円→2018年:784.4万円、約25.1万円増加)していますが、2019年には786.1万円と前年に比べて約16.3万円減少しています。こうした動きはあるものの、770万円前後を安定して推移してはいます。

この背景には、同社の業績の変化があります。2018年までは連続して増収、各利益も過去最高益を達成する年も多くありましたが、2019年12月は一転して減収・減益となっています。後述しますが、同社の賞与は、管理職の場合は業績連動、一般社員は春闘の結果決定(業績ももちろん反映される)されるため、こうした動きが平均年収に大きく影響を与えるのです。

DICの年代別平均年収と中央値

DICの年収中央値は30代で592.3万円

平均年収は収入における目安のひとつですが、実際にもらえる額とは大幅に違うこともしばしばです。年収実態により近いDICの年収中央値を世代別に見ていきます。下の表はDICの20代から60代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値一覧です。

DICの年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代501.9万円35.1万円80.3万円451.71万円
30代658.1万円43.8万円131.6万円592.3万円
40代812.6万円54.1万円162.5万円731.34万円
50代943.9万円62.9万円188.7万円849.51万円
60代598.9万円40.8万円95.8万円539.01万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

DICは、インキ世界首位、樹脂・電子材料・液晶材料などにも展開する、化学メーカーであり、業種としては「製造業」に分類されます。この業種は、平均年収という観点では、全業種平均に比較すると、若干下回る業種です。例えば、30代の場合、全業種が320.6万円であるのに対し、製造業平均は288.2万円、といった具合です。

こうした製造業において、DICの年収中央値は、業種別平均を大きく上回っています。同じく30代を見てみると、592.3万円と、業種別平均の約2倍という水準です。こうした傾向はすべての年代において当てはまり、いかにDICの年収水準が高いかが伺えます。口コミを見ても、「化学メーカーではかなり上にランクされる」「化学メーカーの中で比較的優位な給与水準」といった満足の声が散見されます。




DICの年収が高い理由

高水準の賞与と充実した福利厚生

DICの年収が高い理由としては、基本給の高さももちろんですが、やはり年4回支給される賞与の存在が大きいでしょう。中途採用の募集要項を見てみると、過去の賞与支給実績は「5~5.5ヶ月分」と一般的に考えると高い水準です。さらに、管理職の場合は所属する部署によるとはいうものの、業績に連動して、好業績の場合はさらに上乗せされることを考えると、年収における賞与の比率は間違いなく高いと言えるでしょう。

また、福利厚生も充実しており、特に寮は13600~16000円という破格の家賃で入居できることも、間接的ではありますが可処分所得を押し上げる効果があり、見た目の数字以上に高い年収を得られる企業であると言えます。

DICの給与体系・内訳

賞与は年4回支給

DICの給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年4回(4月、5月、10月、11月)の賞与で構成されています。諸手当としては、住宅手当、家族手当、通勤手当など、一般的なものが整備されています。これ以外にも福利厚生として、独身寮や社宅、従業員持株会などがあります。

賞与は前述の通り年4回支給され、管理職は所属部署の業績に左右される「業績連動型」であり、一般社員は春闘の結果によって「基本給●ヶ月分」と決まります。したがって管理職の場合、所属部署により金額の変動が多く、「運」の要素も強く反映すると言えます。

DIC社員の給与明細(キャリコネ)

20代から30代で年収が2倍以上に!

20代技術(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

賞与は20代でも130万円超!

30代管理部門(非管理職)の 給与明細

30代管理部門(非管理職)の 給与明細

DICの職種別年収

職種による年収差は存在しない

DICの職種は、多く「技術系」「生産系」「事務系」の大きく3つに分類されます。「技術系」は研究や分析・解析など、「生産系」は生産技術、生産システム開発、製造など、「事務系」は営業や購買物流、管理部門などの職場で活躍します。

DICの賃金制度は、上記3つの職種すべてに共通した制度になっているため、職種による年収差、というものは存在しません。一般社員は4段階、さらにその上に管理職というグレード分けがなされており、それによって年収レンジが設定されています。初任給、年代・職位別の年収目安としては以下の通りです。
●初任給
博士了:287,510円 (2021年入社者見込み)
修士了:244,370円 ( 同上 )
学部卒:224,110円 ( 同上 )
●年代・職位別の年収目安
若手クラス:約400~500万円
中堅クラス:約600万円
主任クラス:約700万円
課長クラス:約900~1000万円
部長クラス:約1200万円

DIC社員の給与明細(キャリコネ)

学歴・職種問わず同一テーブルで年収が決定

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代で1000万円に迫るケースも!

30代管理部門(非管理職)の 給与明細

30代その他(非管理職)の 給与明細

DICで年収を上げる方法

昇格には試験突破が必要

上記の通り、DICの年収レンジは、グレードごとに設定されているため、年収を上げるためには昇格することが必要です。一般社員は、「J」「M」「S」「上」の4段階、さらにその上に管理職、というグレード分けです。口コミによると、「高卒はJ、大卒はM、修士・ドクターはケースバイケース」で新卒入社時のランク付けがなされるとのこと。また、昇格するためには昇格試験を突破することが必要であるのが、同社の大きな特徴です。試験の内容は、論文と面接ですが、その難易度はグレードが上がるごとにどんどん上昇し、「M→Sで40%、S→上で10%くらい」「管理職になるには、上級者のうち上司の推薦があって初めて受験資格を得られる」と、狭き門であることは間違いないようです。

DIC社員の口コミ(キャリコネ)

昇格試験は論文、面接、人事評価の3要素

「昇格試験は論文、面接、人事評価の総合点数で合格が決まる 面接は公平性を感じるが、論文は減点方式……

年功序列要素は薄く、試験突破が昇格の必須条件

「年功序列で管理職に上がれるということはない 一般社員の昇格試験で躓き、そのまま定年を迎えられている方も……

DICのライバル企業と比較

化学メーカーとしてはトップレベル

DICのライバル企業として、同業のインキメーカーである日本ペイントホールディングス、東洋インキSCホールディングス、関西ペイントの3社を取り上げます。

DICの平均年収が768.1万円であるのに対し、日本ペイントホールディングスは776.7万円、東洋インキSCホールディングスは729.2万円、関西ペイントは811.6万円です。先の2社は持株会社であるため、純粋な比較はできないものの、この4社はほぼ同水準であり、どの企業も700~800万円台と高い水準です。冒頭部分でご紹介した「化学メーカーではかなり上にランクされる」というのは、間違いないようです。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
DIC768.1万円43.4歳18.9年3593人2198.5億円
日本ペイントホールディングス776.7万円43歳14.6年243人359.7億円
東洋インキSCホールディングス729.2万円42.9歳17.7年420人2288.8億円
関西ペイント811.6万円42.4歳19.3年1499人1486.8億円

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】DICの中途採用面接では何を聞かれるのか。

【面接対策】DICの中途採用面接では何を聞かれるのか。

印刷インキの製造と販売で創業したDIC(旧社名:大日本インキ化学工業)への転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、「人間性」も評価されます。即戦力として一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策して転職を成功させましょう。