【平均年収1364万円】ファナックの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収1364万円】ファナックの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】ファナックの年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


産業用機械メーカー大手のファナックが、2018年2月9日に協働ロボット「CORO(コロ)」を手掛けるライフロボティクス(東京都江東区)を買収したと発表しました。ファナックの主力商品は産業用ロボットで、2018年の年明けから半導体製造装置やスマホなどの電子機器関連向けの受注が拡大しており、好調に推移しています。

ファナックは1972年に富士通株式会社のNC(数値制御装置)部門が独立してできた会社で、創業わずか4年で上場しています。現在では世界45ヵ国・261拠点でサービスを展開しており、海外売上高比率が約8割にのぼるグローバル企業に成長しました。今や世界4大産業用ロボットメーカーのひとつとなり、シェア率は1位の安川電機、2位のスイスABBに次ぐ、世界第3位に位置づけています。

またファナックは製造業界の中では珍しく、平均年収が大台を超え、とびきり高いことで有名です。

一見ファナックを取り巻く環境には好材料しかないように思えますが、米国政府が通商法301条にもとづく対中制裁を正式に発表したことを受け、中国も米国に対して追加課税を表明するなどの応酬が続いています。
この新たな米中貿易摩擦によって景気が減速し、世界レベルで設備投資が縮小されるのではないかといった懸念が業界全体に広がっており、ファナックもこの影響を受けないか心配です。

それでは、ファナックの年収はいったいどれくらい高いのか、またなぜそんなに高いのか、そして就職・転職先として適しているのかを探っていきましょう。

ファナックの年収はどれくらい高いのか

ファナックの平均年収ですが1364万4000円(有価証券報告書2019年3月期)でした。

あわせてファナックの同業他社のも見てみましょう。
まず安川電機ですが861.1万円(有価証券報告書2019年2月期)、つづいて三菱電機は816.9万円(有価証券報告書2019年3月期)でした。それでは各社の平均年収を比べてみましょう。

・ファナック:1364.4万円
・安川電機:861.1万円
・三菱電機:816.9万円

このことからファナックの平均年収は業界内でも突出して高いことがわかります。

産業用機械業界の給与明細(キャリコネ)

他社を遥かに凌駕する高年収

ファナック・30代・研究開発(非管理職)の 給与明細

安川電機・30代・研究開発(非管理職)の 給与明細

三菱電機・30代・研究開発(非管理職)の 給与明細

ファナックの平均年収の推移

続いて、過去5年間における年収の推移を見てみましょう。

下は平均年収と平均年齢の推移を表したグラフです。

2015年3月期 1276.5万円(43.7歳)
2016年3月期 1571.1万円(42.9歳)
2017年3月期 1318.3万円(42.2歳)
2018年3月期 1347.4万円(41.5歳)
2019年3月期 1364.4万円(40.8歳)
(出典:有価証券報告書)

なぜこれほどまでに業界内でも群を抜いて高いのでしょうか? 理由を探っていきましょう。

FA化の流れが好業績を後押し

近年ではFA(工場における生産の自動化)を進める企業が多く、産業用ロボットは世界的に高需要を維持しているため、ファナック製品の受注が拡大し続けています。

ファナックは自社製品でFA化し、人件費を抑制していることもあって、営業利益率は約30%で正社員1人当たりの経常利益はおおよそ5000万円と、メーカーにしては収益力が高水準なのが特徴です。

さらにファナックの社内に目を向けると、FA化をしている一方で、残業の平均が月間50~60時間と比較的多く発生しています。ファナックでは、働いた分の残業代はきちんと支払われるため、サービス残業はほとんどありません。他社と比べて基本給が高くないことから、残業代が平均年収を押し上げていることがわかります。

またファナックのボーナスは業績に連動しますが、高いときには12ヵ月分が支給されるほど手厚く、収益が給与にしっかりと反映されることも、年収が高い理由です。

ファナック社員の給与明細(キャリコネ)

30前半で、大台目前に!

20代・研究開発(ソフトウェア)(非管理職)の 給与明細

30代・研究開発(ソフトウェア)(非管理職)の 給与明細

郊外立地と学閥

ファナックの本社工場は、山梨県南都留郡の忍野村(おしのむら)というところにあります。富士山麓にある村で自然豊かな美しい地域ですが、飲食店や娯楽施設は限られ、アフターファイブを楽しみたいという人には少し刺激が足りないかもしれません。
また栃木県や茨城県、鹿児島県にある製造工場も郊外にあるので、同じような環境であると言えます。

ファナックではやや封建的な社内ルールが厳格に運用されていることや、昇進基準が不透明であったり、東大・東工大卒といった学閥があるため、高待遇であっても息苦しさを感じる要素があるとも聞きます。

そのような環境下で、容赦なく押し寄せる他国の驚異とも戦わなければなりません。

製造大国である中国の台頭で、うかうかしていると追い抜かれてしまう可能性がありますし、スマホ特需に翻弄されるなど市場の状況によっては一進一退です。
安泰といわれるファナックですが、景気の影響を受けやすいといった点では注意が必要です。

結局ファナックは就職・転職先として選んでもいいのか

ここまでファナックを見てきました。結局「就職・転職先として選んでもいいのか」なんですが、

結論から言うと「選ぶべき」です。
ファナックはグローバル化をいち早く成し遂げてシェアを獲得しており、先行者優位な立場で世界でも存在感を示しています。
高需要が続くロボット産業においては世界シェアが大きく、事業をさらに拡大する動きもあり、ますます進むFA化で好調が持続することが予想できます。

またファナックは黒字・無借金の堅実経営で、年功序列・終身の安定雇用なので就職先としては安心です。
2017年11月には、100人にも上るソフトウエア技術者を一括中途採用するなど、積極的に人材を確保している面も見られ、勝ち続けるために独立独歩で安定感がある企業と言えます。

この記事の執筆者


関連記事

【財務分析】海外売上比率8割のファナック 米中貿易摩擦で業績に大ブレーキ

【財務分析】海外売上比率8割のファナック 米中貿易摩擦で業績に大ブレーキ

工作機械用コンピュータ数値制御(CNC)と産業用ロボットで世界トップシェアを誇るファナック。海外売上比率が約8割と他社と一線を画す経営戦略をとっていますが、米中貿易戦争の影響で2019年3月期は減収減益。2020年3月期の出足も悪く、早くも通期業績予想の下方修正を発表しています。財務分析により会社の課題を整理します。