【19年3月期】海外売上比率8割のファナック 米中貿易摩擦で業績に大ブレーキ

【19年3月期】海外売上比率8割のファナック 米中貿易摩擦で業績に大ブレーキ

工作機械用コンピュータ数値制御(CNC)と産業用ロボットで世界トップシェアを誇るファナック。海外売上比率が約8割と他社と一線を画す経営戦略をとっていますが、米中貿易戦争の影響で2019年3月期は減収減益。2020年3月期の出足も悪く、早くも通期業績予想の下方修正を発表しています。財務分析により会社の課題を整理します。


損益計算書(PL):減収減益傾向が止まらず

ファナックの2019年3月期決算は減収減益。売上高は6355億6800万円で前期比12.5pt減。営業利益は1632億9700万円で同28.9pt減と大きく減らしています。

売上原価は前期比7.2%減で、粗利率が3.4pt改善しましたが、販管費が前期比4.0pt増となって営業利益の引き下げ要因となりました。

決算短信によると、期の初めはおおむね堅調に推移したものの、米中貿易摩擦の影響も相まって、中国向け需要が減少したことが業績悪化要因とのことです。

なお、販管費の増加要因についての言及はありませんでした。

なお、2019年7月29日発表の2020年3月期の第1四半期決算は、売上高が前年同期比26.4%減の1346億円、営業利益は同47.5%の285億円となっています。営業利益率は21.2%で、前年同期比8.6pt減。米中貿易摩擦の影響が引き続き暗い影を落としています。

セグメント分析:中国向けロボマシンが大幅減

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

コンサル会社員をしながら、副業ライターとして執筆活動を行っています。証券アナリスト取得を目指し日々邁進しております。


関連記事

【20年3月期】ファナック、2期連続減収減益も「第4次産業革命」対応で株価上昇

【20年3月期】ファナック、2期連続減収減益も「第4次産業革命」対応で株価上昇

工作機械の動作を制御するCNC(コンピュータ数値制御装置)と産業用ロボットで世界トップシェアのファナック。2020年3月期は米中貿易摩擦などの影響で営業利益がおよそ半減しました。コロナ禍の影響で21年3月期はさらなる業績悪化も予想される中、株価が上昇しているのはなぜでしょうか。財務諸表などを基に現状と課題を整理します。


【面接対策】ファナックの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ファナックの中途採用面接では何を聞かれるのか

ロボットメーカーとして世界4強の一つに数えられているファナック。最新技術を搭載したロボットを開発・生産販売しています。中途採用では、今までの仕事の成果や即戦力となる技術を問われるほか、一緒に働く仲間としての適性も含めて総合的に審査されます。しっかりと準備して挑みましょう。


【平均年収1364万円】ファナックの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収1364万円】ファナックの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】ファナックの年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。