アマゾンジャパン合同会社に転職したい人のための企業研究【自社株の付与&社割も】

アマゾンジャパン合同会社に転職したい人のための企業研究【自社株の付与&社割も】

口コミと公開データを元に転職者目線で企業研究。業績と待遇の2つの面で志望企業を掘り下げます。今回取り上げるのはEコマース大手のアマゾンジャパン合同会社です。


1994年にワシントン州で設立され、現在では世界175か所に物流センターを構えるEコマース(EC/電子商取引)のリーディングカンパニー、Amazon.com。その日本法人のアマゾンジャパン合同会社は、2019年4月にAmazon.co.jpの有料サービスである「Amazonプライム」の年会費を3900円から4900円へ大幅値上げし、消費者を驚かせました。ここまで話題になるということは、それだけ私たちの生活に深く根付いたサービスであるともいえます。同社の最新情勢に触れながら、転職を考える際に欠かせない情報を紹介しましょう。

アマゾンジャパン合同会社の事業概要~どんな事業をしているのか

期待を上回る品揃えでリピーター獲得

まずは、アマゾンジャパンの事業をみていきましょう。

多くの人が想起するのは、言わずと知れた「Amazon.co.jp」でのネット通販事業でしょう。品揃えに強みを持ち、ユーザーの満足度を向上させています。「アマゾンなら欲しいものが手に入る」と感じさせることで、リピーターを確保しています。物流配送センターの倉庫ロボットの活躍などにより、配送時間が短いのも大きな強みでしょう。2018年からは「Amazon Pay」(クレジットカード決済サービス)による実店舗での決済サービスも開始し、さらに利便性が向上しました。

また、直販事業だけではなく
・第三者による販売(手数料・登録料等)
・有料会員サービス(Amazonプライム等の会費)
による収入もあります。

Amazon.co.jpでは、個人から法人まで気軽に出品ができる仕組みが整っています。これによって品揃えがさらに充実するうえ、価格競争が生まれて低価格での販売が実現するというわけです。有料会員サービスの「Amazonプライム」も、対象となる動画コンテンツや音楽を楽しめる、お急ぎ便が無料になるなどの特典が多く、人気を集めています。

なお、サーバやストレージ等が利用可能な企業向けのクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」も人気を集めていますが、日本では「AWSジャパン」が運営を担っています。

アマゾンジャパン合同会社の業績・財務状況~業績はどうか

全体の業績と財務状況

グローバル(Amazon.com)の2018年の年間業績をみると、総売上高は2328億8700万ドルで、2017年比で約3割増加。2017年にも前年比で約3割増加させており、年々売上高を伸ばしています。

事業別の内訳をみていくと、全ての事業の売上高が2017年よりも増加しました。全体の約半分を占めるのがOnline stores(直販サービス)事業で、その売上高は1229億8700万ドル。Third-party seller services(第三者による販売)事業が全体の約2割、AWS事業は、全体の約1割を占めています。

営業利益(本業の儲け)は、前年比約200%増の124億2100万ドル。北米部門、国際部門、AWS部門にわけてみたとき、最も営業利益が高いのはAWSの72億9600万ドルです。売上高が256億5500万ドルなのに対して、非常に高い収益性を誇っています。

Amazon.com 「製品・サービス別 純売上高内訳」(”2018 amazon ANNUAL REPORT”より)

Amazon.com 「営業利益 内訳」(”2018 amazon ANNUAL REPORT”より)

では、アマゾンジャパンの業績も見ていきましょう。

2018年の日本の売上高を見ると、ドルベースで138億2900万ドルで、2017年比で約16%の増加。事業ごとの売上高は公表されていませんが、順調に売上規模を拡大しています。「ネット販売」の売上高調査(2017年度)でも2位のヨドバシカメラと大きく差をつけトップ。唯一日本円ベースで1兆円を超えるなど、圧倒的な存在感を放っています。

グローバルの売上高実績に占める各国の割合を比較すると日本は全体の約6%ですが、2018年にはAWSジャパンとともに経団連にも加入しました。日本独自の施策も導入しており、日本に注力する姿勢がうかがえます。

Amazon.com 「国別 純売上高内訳」(”2018 amazon ANNUAL REPORT”より)

アマゾンジャパン合同会社の事業戦略~今後の展開は

Amazon.comは「薄利」企業として知られており、利益の多くを新たなサービスの導入などの投資にまわして成長を続けてきました。2019年6月には、ドローン配送の実用化や音声AI(人工知能)の導入などを発表して話題になっています。

日本でも、2018年には靴や洋服のカテゴリーを強化すべく「プライム・ワードローブ」(洋服の試着が可能なサービス)を開始。また、2019年5月には「Discover(ディスカバー)」(ユーザーの好みに合わせた家具・キッチンを提案する機能)を導入しました。今後も新サービスを導入していくとみられます。また、出版社から仕入れる書籍・雑誌などの売れ残りを返品しない「買い切り」の交渉も進め、返品時の物流費削減を狙っています。

配送関連の戦略にも注目してみましょう。商品が顧客へ届くまで2~3日かかる国もあるなか、アマゾンジャパンではスピードを重視する日本人ユーザーに向けて「当日お急ぎ便」を導入するなどして、優位性を保ってきました。過去にはヤマト運輸の「当日配送撤退」も話題になりましたが、徐々に自社配送を強化する動きがみられます。2018年からは「アマゾンフレックス」と呼ばれるサービスを導入し、個人事業主のドライバーとの契約による配送も実施。また、2019年9月には最新ロボットが導入されたフルフィルメントセンター(埼玉県川口市)の稼働が予定されており、さらなる配送の迅速化を進めています。

アマゾンジャパン合同会社の年収~報酬はどれぐらいか

アマゾンジャパンは年俸制で、給与のベース金額は「レベル」によって変わってきます。
・レベル1~2:アルバイト・契約社員
・レベル3~6:正社員 
・レベル7以上:役員クラス

そして、レベル4以上でAmazon.comの制限付き株式を付与されます。口コミによれば、レベル4以上で年収1000万円に近づき、レベル5以上で1000万円を超えてくるようです。レベル3でも「5~10万円程度のインセンティブが年4回支給される」との情報もありましたが、自社株が多く付与されている人は給与水準が大きく上がります。

また、アマゾンジャパンにはサイニングボーナス(入社時に払われる一時金)があり、2年間かけて分割して支払われます。口コミ情報によれば、月に直すと10万円のようです。

技術職の年収実態(20代/男性/物流サービス)

年収口コミ

基本年俸、インセンティブ、入社時ボーナス、RSU全てを合わせると…(続きを見る

具体的な年収額をお知りになりたい場合は、キャリコネの給与明細投稿をご覧ください。

アマゾンジャパン合同会社社員の給与明細(キャリコネ)

同じ販売職でも年齢で大きな差

30代販売系の 給与明細

30代販売系の 給与明細

同じ30代でも営業の給与は高め?

30代カスタマーサポートの 給与明細

30代営業の 給与明細

アマゾンジャパン合同会社の働く環境~働きやすさはどうか

アマゾンジャパン合同会社の口コミには働く環境について様々な意見が届いています。その中でも特徴的な点を3つ挙げます。

Amazonでの割引購入が可能

福利厚生については、会員制の福利厚生プログラム(ベネフィット・ステーション)、従業員支援プログラムなどがあります。口コミ情報では、社員割引としてAmazonで物品を購入する際に10%割引される制度があるとのこと。

社員食堂があるフルフィルメントセンター(FC)も多く、無料のドリンクも提供されています。また、目黒駅そばの本社には、社員食堂はもちろんのこと、仮眠室やマッサージルームなども設置されています。

ペットの看護にも使える「パーソナル休暇」

アマゾンジャパンでは、入社初年度から最大14日取得可能な「年次有給休暇」が付与されます。それ以外にも、従業員自身やペットを含む家族の体調不良、怪我などの際に利用できる「パーソナル休暇」があります。口コミによれば、休日とパーソナル休暇を組み合わせて長期連休をするケースもあるようです。

また、キャリコネユーザーの投稿に基づいたデータによると、アマゾンジャパンの平均有給休暇消化率は74%となっています(2019年5月時点)。2018年度に厚生労働省が発表した全国の平均有給消化率は51%なので、それと比較しても高い水準。積極的に休暇を取得しやすい環境だということがうかがえます。

パフォーマンスに応じて自社株を付与

前述の通り、アマゾンジャパンではレベル4以上の社員を対象にAmazon.comの株が支給されています。Amazon.comの株価(2019年5月時点)は1株1800ドルを超えており、どれだけ株が支給されるかどうかで待遇に差が生じます。株価を確実に予想することはできませんが、近い将来1株3000ドルまで上がると予測するアナリストもいるなか、こうした制度はモチベーションの維持につながるでしょう。また、株の付与を通じて、社員たちは会社のオーナーとして経営者視点を身につけることもできます。

なお、この株式付与は「制限付き」とされており、口コミよれば権利行使には「株付与後2年ほどかかる」との声もあります。

マーケティングの福利厚生の実態(30代/男性/マーケティング)

福利厚生口コミ

アマゾンで買うと10%オフになるディスカウントクーポンがもらえる。ただし…(続きを見る

アマゾンジャパン合同会社の職種~どんな職種があるのか

次に、アマゾンジャパンの募集職種についてもみていきましょう。

衣料品、食料品、おもちゃなど、さらなる開拓が必要とされるカテゴリーで積極的な採用の動きが見られます。これらのカテゴリーのベンダー・マネージャーは、仕入れ作業のみならず、購買データの分析や販売戦略の立案、新規商品の企画など幅広い業務に携わり、利益の最大化に努めているのが特徴的です。その他、Kindleやキッチン、ペットのカテゴリーなどで、ブランドスペシャリストを募集中です。担当メーカーと密にやり取りし、マーケティングおよびマーチャンダイジングの戦略を練り、ブランド力や利益の向上を目指します。顧客満足度や、商品の発注についても責任を持つ仕事です。

また、神奈川、千葉、埼玉等の各地フルフィルメントセンターでは、工程管理アシスタントや生産設備保全技術者などを募集しています。物流センターにおける安全性や生産性の管理、ロボットなどの最新設備の管理を担当。アマゾンの配送のスピード感を保つための重要なポジションを担います。

アマゾンジャパン合同会社の採用試験~面接に合格する方法は

まず選考プロセスの大きな流れは、「エントリー→書類選考→1次面接(パソコンでのテストを実施する場合あり)→ループ面接(複数の面接官と個別に面接)」となっています。

面接時は、応募職種の内容に合わせた質問をされます。
「キャリコネ」に寄せられた口コミを見ると、管理本部に応募した女性は、エクセルの関数の具体的な使用場面と使用方法について。マーケティング部に応募した男性は、Amazonと楽天の違いについて質問されたのだとか。工程管理アシスタントの職に応募した男性は、人によって同じ作業でもバラつきがある場合の捉え方について聞かれたようです。

また、フェルミ推定(対象となる物や人の数について論理的に推論すること)の質問も、部署を問わず出されています。例えば、自分の住んでいる市の自動販売機の数を問われた人もいるようです。

面接に向かう前に、応募するポジションについて、どのような点に興味を持っているのかを説明できるようにしておきましょう。過去に苦労して乗り越えた経験についても、具体的かつ簡潔に答えられるように準備してください。

31歳男性/工程管理アシスタント(物流サービス)【結果:入社】

質問

ある作業を行う上で人によってバラツキがある場合、どのように捉えるか。

回答

作業時間の標準偏差を出し、偏差値の高い、低い原因を…(回答の続きとアドバイスを見る

最後に~アマゾンジャパン合同会社を転職先としておすすめする理由

転職希望者にアマゾンジャパンをおすすめしたい理由は以下の3点です。

1.モチベーションを維持できる株付与制度
成果に応じて付与される自社株は、社員のモチベーション持続にも効果的です。

2.最新技術や新サービスに携われる
アマゾンジャパンは、今後も新しいサービス・施設を展開していくことが予想されます。最新技術にも触れながら、やりがいある環境で働けることは大きな魅力でしょう。

3.最高クラスの時価の会社で働ける栄誉
アマゾンは人々の生活に必要不可欠な存在になっており、着実に業績を伸ばしていることからも安定性が期待できます。また、企業の価値の指標となる「時価総額」をみてみると、2019年1月7日にAmazon.comは約7970億ドル(約88兆円)で世界のトップに浮上しました。日本でトップのトヨタ自動車の時価総額(約25兆円)の、3.5倍以上の高さです。

このような世界的大手EC企業で働くことは、働く人のキャリアにも大きなプラスになるでしょう。

この記事の執筆者


関連記事

【面接対策】アマゾンジャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アマゾンジャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

国内シェアNo,1を誇る、総合オンラインストアの「アマゾンジャパン」。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。