ヒール靴を全廃したNTTドコモ 「育休取得し管理者になった人が何人もいる」

ヒール靴を全廃したNTTドコモ 「育休取得し管理者になった人が何人もいる」

NTTドコモが、女性ショップ店員に義務づけていた「ヒール靴」を全廃する方針を決めたと報じられています。SNSでの「#KuToo」運動を受け、2020年の秋から男性店員を含めて全てスニーカーに切り替え。立ち仕事が多いショップ店員の身体的負担が大幅に減ると期待されています。現役社員・OGOBの口コミをまとめます。


「育休や産休に協力的な社員が多い」

これまでNTTドコモのショップ店員は、モバイル3社で最も厳しい「3.5センチか6.5センチ」のヒール靴から選ぶことになっていました。ドコモの利用者は他社と比べて年齢層が高めと言われ、これに合わせて服装も堅めになっていたのかもしれません。

企業口コミサイト「キャリコネ」には、現役社員・OBOGから、NTTドコモは「女性が働きやすい職場」という書き込みが見られます。代理店営業を担当する20代男性社員の目から見ても、育休や産休に「協力的な社員が多い」と感じるそうです。

育休が取りやすく、時短勤務も可能。ワークライフバランスは取れていると強く感じる。介護で時短を取得する人もいる。(2019.7.11)

ルートセールスを担当する30代男性は「実力ある女性が多いので男性と同じ競争はある」と断りながら、女性管理職の登用が積極的に行われていると明かします。

女性はある程度の割合で管理職にしなければならないので、一定数はなることができます。女性のための働き方等の研修もありますし、育休を取って管理者になっている人が何人もいます。(2017.4.17)

「女性登用が強引」と不満漏らす男性社員も

ただし、やや古い口コミの中には、会社が目指す「女性管理職登用」の取り組みが強引すぎるという声もあります。40代の男性社員は、やや不満げです。

女性管理職比率を上げるために調整しているのが非常に明らかにわかる。昇進試験においては、かなり強引、不公平な結果であると大多数が理解している。(2016.4.13)

マーケティング担当の30代女性も、このような緊張状態を感じているようです。

女性管理職を増やす取り組みがさらに活発になってきているので、優遇されないと不満を持つ男性社員もいる。(2016.6.23)

また、男性社員から「女性に優しい」「女性が有利」指摘が多い一方で、当の女性社員からは対照的な書き込みも見られます。20代の女性営業社員は「キャリアウーマンを目指す人には向いていない職場では」と言っています。

幹部が全員男性ですので、現状では女性が管理職を目指すのはかなり大変だと思っています。また、体力勝負の仕事ですので、産休や婚カツをしながら管理職を目指すのは相当の体力と実力が必要です。(2017.7.23)

「転勤多い」と女性社員も問題指摘

法人営業を担当する20代女性社員も、女性が出世するためには高いハードルと条件があり、誰もが可能なわけではないと指摘します。

産休育休、時短などの制度は多くありますが、転居が伴う異動が多いため、結婚して長く勤め、管理職を目指すのは難しいように感じました。ただ、仕事をバリバリこなし、仕事中心に生活ができる方なら、男性と同じように出世していける会社です。(2017.2.4)

会社として女性管理職の登用を積極的に進めているけれども、実際に増やすためには越えるべきハードルがまだ残っているということでしょう。それでもトータルとしては、女性がキャリアを積むチャンスは比較的多い会社といえるのではないでしょうか。

この記事の執筆者


関連記事

【平均年収872万円】NTTドコモの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収872万円】NTTドコモの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】NTTドコモの年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


モバイル大手3社の平均給与比較 KDDIがトップ、ソフトバンクが最下位に

モバイル大手3社の平均給与比較 KDDIがトップ、ソフトバンクが最下位に

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのモバイル大手3社は、2018年度の有価証券報告書を相次いで提出しました。平均年間給与(2019年3月31日現在)が最も高かったのはKDDIの952万8103円。働く人たちはこれをどう考えているのでしょうか。企業口コミサイト「キャリコネ」から、社員の声をピックアップしてみました。


【面接対策】NTTドコモの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】NTTドコモの中途採用面接では何を聞かれるのか

NTTグループの中核企業であり、携帯電話事業国内最大手のNTTドコモ。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。