【平均年収546.9万円】神戸製鋼所社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【平均年収546.9万円】神戸製鋼所社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【給与明細のひみつシリーズ】平均年収はどれくらい?年棒それとも月給制?ボーナスは年何回?などの給与体系についての素朴な疑問を、取材データや口コミの内容を通じてお答えします。


今回取り上げるのは、鉄鋼、建設機械、アルミ・銅など幅広い事業を「KOBELCO」のブランドで世界に展開する神戸製鋼所です。

神戸製鋼所の平均年収は546.9万円

まずはじめに神戸製鋼所の平均年収を見ていきましょう。神戸製鋼所の平均年収は546.9万円です(神戸製鋼所有価証券報告書)。キャリコネに投稿された給与明細を参考に神戸製鋼所の年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で350〜400万円、30歳代で490〜540万円、40歳代で610〜660万円という結果がでました。正規雇用者の平均年収は495.7万円(国税庁・令和2年分民間給与実態統計調査結果)で、比較して約1.11倍の額です。

神戸製鋼所の平均年収推移

神戸製鋼所・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移
決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2022年3月期546.9万円38.9歳15.2年11296人
2021年3月期520.6万円38.9歳15.2年11837人
2020年3月期569.6万円38.9歳15.6年11560人
2019年3月期569.9万円39歳15.9年11401人
2018年3月期540万円39.2歳16.3年11191人

出典:神戸製鋼所・有価証券報告書

過去5年間の平均年収の推移をグラフと表組みで示しています。
神戸製鋼所の平均年収は前年を上回り546.9万円でした。
過去5年間では3番目の額になりました。

神戸製鋼所の年代別平均年収と中央値

神戸製鋼所の年収中央値は30代で511.1万円

続いて年収実態により近い年収中央値を見てみます。20代から50代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値を表にまとめました。

神戸製鋼所の年収実態
年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代369.9万円25.4万円57.2万円332.91万円
30代511.1万円34.7万円79.1万円459.99万円
40代635万円42.8万円98.4万円571.5万円
50代750.7万円50.3万円116.3万円675.63万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

神戸製鋼所の給与制度

年功序列型の給与体制

神戸製鋼所の給与体制の特徴として、年功序列の色が強いということがあります。

そのため、一定年齢までは同時期に入社した社員同士での年収差は大きくありません。
入社8年目までは毎年1万円ほど昇給され、8年目に主査(係長)になる試験を受けます。
9年目には同時期入社した社員のうち7割前後が主査となり、このフェーズで年収が100万円前後増加します。
35歳以降は、査定で優秀な成績を収めた社員から管理職に就任していきます。

年収事例としては、29歳・主務で500~600万円、32歳・主査で600~700万円、36歳・主任部員で1000万円、そして45歳・室長1200万円と給与が順次アップしていきます。
ただ、ボーナスが事業部門ごとの業績により大きく変動するので、その点で注意は必要です。

神戸製鋼所社員の給与明細(キャリコネ)

賞与額は100万円もの差!

20代技術職(非管理職)の 給与明細

30代技術職(非管理職)の 給与明細

同年代でも基本給に格差あり?

30代営業職(非管理職)の 給与明細

30代技術職(非管理職)の 給与明細

基本給から仕事給に変わる流れ

年収は月給および年2回(6月と12月)の賞与、残業や通勤などの諸手当で構成されています。
そのほか、配属先により職場環境手当が月1万円前後支給されます。

平均年収の推移でお話ししましたが、賞与は業績により大きく変動します。事業部門ごとの経常利益が算出されるため、部門間で支給額が変わるのも特徴です。

ただ、年収構造については、神戸製鋼所はじめ高炉製鋼大手が取り組む賃金制度の刷新が、2021年度の実施を目途に進められています。そこでは60歳から65歳への定年延長をきっかけに、全世代の賃金体系を変えることが報道されています。

具体的には、年齢に応じてあがる「基本給」より、役割や成果に応じた「仕事給」に比重を置く方針を取っています。
これによって役割や成果に応じて賃金が上がりやすくなるため、同期間でも賃金カーブに差がつく可能性が高くなる見込みです。

神戸製鋼所社員の口コミ(キャリコネ)

30歳以上になると年収がアップ

「給与は良い方だと思う。特に30歳を過ぎるとなるとかなり上がる。 残業代もきちんと支払われるようになった。気になる点としては個人の成果が…

好況時は賞与が大幅増に

「年功序列で、管理職になると1千万円前後になる。業績に応じてボーナスが変動するので、前年度の年収と差が出ることもあるが、…

神戸製鋼所と競合他社の平均年収を比較

神戸製鋼所の競合や同業界である東京製鐵、日立金属、三菱製鋼、日本製鉄の5社で平均年収を比較します。
各社の最新有価証券報告書に記載されている額は、神戸製鋼所が546.9万円、東京製鐵が688.8万円、日立金属が694.7万円、三菱製鋼が573.7万円、日本製鉄が535.8万円です。
この5社の中で最高額は日立金属の694.7万円で、最低額が日本製鉄の535.8万円。その差はおよそ159万円で、かなりの差があります。
この比較企業の中では神戸製鋼所は4番目に位置します。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
日立金属694.7万円43.9歳20.8年5889人5169.93億円
東京製鐵688.8万円38.8歳16.5年1028人2708.83億円
三菱製鋼573.7万円42.9歳20.5年689人772.22億円
神戸製鋼所546.9万円38.9歳15.2年11296人12291.77億円
日本製鉄535.8万円38.5歳16.5年28708人43659.7億円

神戸製鋼所の競合企業の年収についてはこちらの記事をご覧ください

出典・参考
厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2021年企業活動基本調査速報-2020年度実績-」
国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2022年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる模倣・盗用・剽窃を一切禁止します。 悪質なサイトの特徴はこちらでご確認ください。もし模倣・盗用・剽窃を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者


関連記事

【平均年収759.8万円】DIC社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【年収研究シリーズ】DIC社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


【平均年収615.8万円】ファンケル社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【給与明細のひみつシリーズ】ファンケル社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


【平均年収747.1万円】コマツ(小松製作所)社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【年収研究シリーズ】コマツ(小松製作所)の年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


【平均年収716.5万円】ナブテスコ社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【年収研究シリーズ】ナブテスコの年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


【平均年収729.7万円】ダイキン工業社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【年収研究シリーズ】ダイキン工業の年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


wiget_w300
wiget_w300