【20年3月期】DeNA、中国でのゲーム事業に成長の兆し 初の赤字も財務安全性に問題なし

【20年3月期】DeNA、中国でのゲーム事業に成長の兆し 初の赤字も財務安全性に問題なし

ソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」で成功を収めたDeNA(ディー・エヌ・エー)が上場以来初の赤字を計上しました。新たな収益の柱の育成は遅れ、スポーツ事業もコロナ禍で見通しが立たない状況。そんな中、中国でのゲーム事業に成長の兆しが見えてきました。財務安全性も盤石です。財務諸表等を基に現状と課題を整理します。


損益計算書(PL):3期連続の減収減益、上場以来初の赤字

DeNAの2020年3月期の決算は、売上高が前期比2.2%減の1214億円、営業損益が457億円の赤字となりました。通期赤字は2005年に東証マザーズ上場以来初めて。

売上原価は前期比4.3%増で586億円と増え、売上総利益は同7.5%減の628億円、粗利率は同3.0pt減の51.7%に悪化しています。

販売費及び一般管理費も、前期の2倍近い1085億円と大きく増えています。これは、新たな収益の構築を目指した成長投資やゲーム事業のマーケティング費用、スポーツ事業での費用等が増加したためです。

その他の費用では、ゲーム事業に係るのれんの減損損失など512億円を計上しています。DeNAは2008年に米国でモバイルゲーム開発を始めたものの赤字が続き、2016年には欧米でのゲーム開発から撤退。今回は2010年に買収したゲーム事業の子会社ngmoco(エヌジーモコ)への投資回収の目処が立たないとして、減損損失401億円を計上しました。

業績悪化に伴い繰延税金資産の一部を取り崩したため、法人所得税費用は前期比96.5%増の96億円に増加。これにより、親会社株主に帰属する当期純損益は492億円の赤字となりました。

2021年3月期の業績予想は、合理的な数値の算出が困難であるとし開示を見合わせています。

セグメント分析:ゲーム事業でほぼすべての利益を生み出す

DeNAの事業は主にモバイル・PC向けのインターネットサービスを提供しており、サービスの種類別にセグメントをわけています。

  • ゲーム事業:ソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」を中心に、自社で開発したゲーム、他社と協業開発したゲーム、パートナー企業による多様なジャンルのゲームを配信。
  • スポーツ事業:横浜DeNAベイスターズ(野球)、横浜DeNAランニングクラブ(長距離陸上)、川崎ブレイブサンダース(バスケットボール)の運営
  • オートモーティブ事業:タクシー配車アプリ「MOV」、個人間カーシェアリングサービス「Anyca」など
  • ヘルスケア事業:一般消費者向け遺伝子検査サービス「MYCODE」など
  • 新規事業・その他:ソーシャルLIVE事業、エンターテイメント事業、Eコマース事業など

出典:2020年3月期業績のご報告

ゲーム事業の売上収益は前期比0.2%増の838億円で、全体の69.1%を占めています。営業利益は同22.0%減の142億円の大幅減益となっています。

「怪盗ロワイヤル」などの既存の主力作品における周年イベントが軒並み好調だったこと、12月より配信を開始した中国版の「スラムダンク」の立ち上がりが好調だったことにより、ユーザー消費額は微増しました。一方、年数を経た限界利益率の高いタイトルが減少傾向にあることや、「ポケモンマスターズ」など新規タイトルの立ち上げに伴う費用の増加がありました。

スポーツ事業の売上収益は前期比12%増の202億円で、全体の16.6%。営業利益は前期比17%減の12億円で、増収減益となりました。

横浜DeNAベイスターズのホームスタジアムの一部リニューアルが功を奏し、主催試合の入場数増加やクライマックスシリーズへの進出により業績は好調に推移していました。しかし今年に入るとプロ野球の公式戦が開始延長になるなど、コロナ禍の影響を大きく受けています。

オートモーティブ事業の売上収益は前期の7.7倍となる15億円に大幅伸長しましたが、現状では全体の1.2%にすぎません。積極的な投資拡大により営業赤字は79億円となり、赤字額は前期の2.2倍に増えています。なお、当セグメントの主な成長投資領域であるタクシー配車アプリ「MOV」に関する事業は、21年3月期よりJapanTaxiと事業統合しました。

ヘルスケア事業を含む新規事業・その他の事業の売上収益は143億円で、減収減益となっています。主な要因として、譲渡を行った決済代行事業の子会社ペイジェントやEC事業の子会社DeNAトラベルの売上が連結から外れたことが影響しています。

DeNAはソーシャルゲームで獲得した豊富なキャッシュを基に、ここ数期は新規事業に投資してきました。しかし2016~17年に「WELQ問題」でつまづいたこともあり新しい収益の柱を確立できず、依然としてゲームがほぼすべての利益を生み出しています。

出典:2020年3月期業績のご報告

 

キャッシュフロー計算書(CF):営業CFは2期連続減少も現金残高は豊富

営業CFは、前期比43.7%減の129億円となりました。税引前当期利益が前期の181億円から一転して402億円の損失となり、減損損失の512億円を計上してもなお、営業CFが減少する結果となりました。

売上を通じて現金を稼ぐ力を測る営業CFマージンは同7.8pt減の10.7%となりました。2期連続の減少となりましたが、サービス業の平均7.5%は上回っています。

投資CFはマイナス87億円で、マイナス額は前期比58.6%減となりました。無形資産の取得にかかる費用が減少したことが主な要因です。

事業活動で稼いだお金のうち自由に使える現金であるフリーCFは、前期比115.1%増の42億円となりました。

財務CFはマイナス322億円で、マイナス額は前期の6.9倍となりました。自己株式の取得が主な要因です。なおDeNAは、資本効率の向上及び株主還元策として1株あたりの価値向上のため、2019年5月より総額363億円の大規模な自社株買いを開始し、2020年4月30日に終了しています。

これらの結果、現金及び現金同等物の期末残高は前期比27.5%減少し、735億円となりました。しかし依然として豊富なキャッシュを有しています。

貸借対照表(BS):大幅赤字でも財務安定性に問題なし

2020年3月期の資産合計は、前期比13.7%減の2557億円。流動資産は同19.2%減の1081億円で、主に現金及び現金同等物が減少したためです。固定資産は同9.3%減の1476億円で、主にゲーム事業の米子会社ngmoco(2016年解散)関連の減損損失401億円を計上したためです。

負債合計は前期比72.8%増の684億円。流動負債は前期比27.9%増の408億円で、主に買掛金及びその他の短期債務が増加したためです。固定負債は同258.6%増の276億円で、主に国際会計基準IFRS第16号が2019年より適用となり前年計上されていなかったリース負債が生じたこと、業績悪化に伴う繰延税金負債が増加したこと等によるものです。

有利子負債残高は前期の1500万円から128億円へと急増しました。借入金が30億円、リース負債が98億円増加したことが要因です。純資産合計は前期比27.1%減の1873億円となりました。

短期の支払能力を測る流動比率は前期比154.3pt減の265.1%。大幅な減少となりましたが、流動比率は一般に120%以上であれば安全とされ、依然として高い水準といえます。

長期の支払能力を測る固定比率は前期比17.2pt増の81.8%。固定比率は低いほどよく、悪化しているものの問題のない水準です。

長期的視点での財務安全性を測る株主資本比率は前期比14.3pt減の70.6%でした。株主資本比率は、業種によっても異なりますが一般に50%以上で優良とされます。財務の安全性には問題はないようです。

投資分析:ROE・ROAは3期連続減少

2020年3月期の親会社株主に帰属する当期純損益は492億円で赤字となりました。したがってROE(自己資本利益率)とROA(総資産利益率)もマイナスとなり3期連続で悪化しています。

BPS(1株当たり純資産)は前期比17.1%減の1432.14円、EPS(1株当たり利益)はマイナス352.49円でした。

配当金は前期比50%減の20円(中間配当0円、期末配当20円)。なおDeNAは、連結配当性向15%あるいは年間配当額20円のいずれか高い方を下限とし、継続的な配当を実施する方針としています。

まとめ:中国で成功した「スラムダンク」を東南アジアにも展開

DeNAの株価は、2016年9月には3000円台後半の高値をつけていましたが、ゲーム事業の業績悪化を受けて下落傾向に。2020年1月22日には1858円の年初来高値をつけましたが、2月5日に通期赤字の見通しを発表すると1555円まで急降下しました。

更に新型コロナウイルス感染症による世界同時株安の影響で、3月19日には1043円まで下落。その後は回復傾向にあり、20年3月期の通期決算発表後も株価は落ちず1400円台まで戻っています。

DeNAは決算説明資料において、向こう1~2年の重点施策として「ゲーム事業の収益基盤の再強化」「新規事業領域における成長投資方針の最適化」「全事業・機能の見直しによる固定費の削減」を掲げています。目新しさはありませんが、期待されるのは中国におけるゲーム事業の展開です。

他の事業の業績が悪化する中、ゲーム事業の利益は第4四半期で大きく伸びています。セグメント分析の図にもあったように、ユーザーの消費額は国内のアプリでは前年前期比で減少している(228億円→208億円)一方、国内のブラウザ(141億円→159億円)と海外のアプリ(57億円→113億円)は前期を上回り、特に海外のアプリは前期の2倍近くに伸びています。

貢献したのは2019年12月に中国地域でリリースした新作ゲームアプリ「スラムダンク」。この成長により中国事業の営業利益は大きくプラスになっています。また「スラムダンク」を中国国外の繁体字圏(台湾、香港、マカオ等)や韓国、東南アジアにも順次配信地域を拡大していくとしています。

上場以来初の赤字となったもののDeNAの財務基盤は優良で、成長市場さえつかめれば必要な投資を十分行っていくことが可能であり、株価回復の理由となっていると見られます。

出典:2020年3月期業績のご報告

 

この記事の執筆者

ビジネス会計の知識を生かして執筆活動を行っています。読者にわかりやすい記事を書けるよう日々精進しています。


関連記事

ディー・エヌ・エー vs  グリー 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

ディー・エヌ・エー vs グリー 口コミ分析でわかる働きがい・働きやすさ対決

ディー・エヌ・エーとグリーの社員は自社の働きやすさについてどう感じているのでしょうか。ライバル関係にある企業との違いは? 口コミ投稿者の主観による点数付けと、投稿された口コミから読み取れる本質的な満足度の分析を通じて企業を評価します。


【19年3月期】DeNA、ゲーム事業の売上が急降下! カバーするのはどの事業?

【19年3月期】DeNA、ゲーム事業の売上が急降下! カバーするのはどの事業?

ガラケー時代より「モバゲー」などモバイル端末向けのゲームを中心に急激な成長を果たしたDeNA(ディー・エヌ・エー)。スマホ時代にも様々な新規事業を展開し、成長をねらってきたものの、ここ数年は不調にあえいでいます。そんな中、リアルの世界を絡めたスポーツ事業が成長。今回はDeNAの財務諸表から現状と将来について分析します。


【面接対策】ディー・エヌ・エーの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ディー・エヌ・エーの中途採用面接では何を聞かれるのか

ゲーム事業を中心に、幅広く事業展開するディー・エヌ・エー。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。