【平均年収762.2万円】ブラザー工業の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収762.2万円】ブラザー工業の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】ブラザー工業社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


ブラザー工業の平均年収は762.2万円

それでは、はじめにブラザー工業の平均年収について見ていきます。ブラザー工業の平均年収は、2020年3月期の有価証券報告書によると、762.2万円です。キャリコネに寄せられた給与明細から算出したブラザー工業年代別年収レンジは、20歳代で450〜550万円、30歳代で610〜710万円、40歳代で760〜860万円となっています。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.52倍の額です。

ブラザー工業の平均年収推移

2019年以降は下降気味

ブラザー工業・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2020年3月期762.2万円42.7歳15.4年3800人
2019年3月期767万円42.4歳15.2年3865人
2018年3月期770.8万円41.8歳14.8年3937人
2017年3月期739.6万円41.5歳14.9年3828人
2016年3月期745.2万円41.3歳14.5年3887人

出典:ブラザー工業・有価証券報告書

ブラザー工業の平均年収は、2016年の745.2万から2018年の770.8万円と、この3年間は約25万円増加しています。しかし2019年以降は下降傾向となり、2020年には762.2万円まで下がっています。とはいうものの、大きく変動しているわけではなく、安定して700万円台中盤を推移しています。

これは、売上高・営業利益の動きと連動しています。2018年3月期は連結営業益も過去最高益を更新という記録を出していますが、その後マシナリー事業の低迷と、為替のマイナス影響などにより減収減益となっていることが影響しています。2021年3月期の業績見込みは、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあるため、「未定」とあり、平均年収についても予想を立てづらいですが、口コミによると「ここ数年は賞与も安定して6ヶ月分出ている」という声も多数見られるため、大きく変動することはないと思われます。

ブラザー工業の年代別平均年収と中央値

ブラザー工業の年収中央値は30代で587.7万円

続いては、ブラザー工業の世代別の平均年収と年収中央値です。平均年収は収入における目安のひとつですが、実際にもらえる額とは大幅に違うこともしばしばです。ブラザー工業の20代から60代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値は以下の通りです。

ブラザー工業の年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代498万円27.6万円79.6万円448.2万円
30代653万円36.2万円130.6万円587.7万円
40代806.4万円44.8万円161.2万円725.76万円
50代936.7万円52万円187.3万円843.03万円
60代594.3万円33万円95万円534.87万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

プリンタなどデジタル複合機を柱とし、ミシンでは首位級を誇るブラザー工業は、業種としては「製造業」に分類されます。この業種の平均年収は、全業種平均に比べるとやや低いことが特徴です。例えば30代の場合、全業種平均は320.6万円ですが、製造業平均は288.2万円、といった具合です。

こうした製造業において、ブラザー工業の年収中央値は、業種別平均を大きく上回っています。同じく30代であれば、587.7万円と、業種別平均の約2倍です。「報酬に関しては不満はない」「生活も可もなく不可もなく安心して暮らせている」と、満足の声も多数見られます。

ブラザー工業の年収が高い理由

賞与は平均して6ヶ月分

ブラザー工業の年収が高い理由は、何といっても賞与の金額の大きさです。ここ数年、支給月数は安定して6ヶ月分程度であり、この数字だけでも賞与の高さが伺えます。

同社の賞与は、「会社の業績と本人のパフォーマンスに連動して支給」される形式です。しかしその連動具合は、全年代で一定であるわけではなく、「年齢が上がるほど、会社の業績に連動して支給」される部分が大きくなり、一方で、「若いうちはほとんど個人のパフォーマンスでしか差がつかない」とのこと。ある一定以上の年代の社員の賞与の金額の大きさが、平均年収を押し上げているようです。

ブラザー工業の給与体系・内訳

住宅手当が充実

ブラザー工業の給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(6月・12月)の賞与で構成されています。

諸手当としては、通勤費、家族手当、住宅手当、公傷病手当、教育手当など。特に住宅手当については、持家/借家、既婚/未婚で金額が異なりますが、5,000~19,000円の補助が出るため、「住宅補助が厚いほうだと思う」「住居にお金がかからない分、給与額の割には実質手取りが多くなる」と社員からは満足の声が多く寄せられます。

同様に家族手当についても手厚く、扶養家族一人目は16000円、二人目が9000円、3人目7000円、4人目以降は6000円が支給されます。

ブラザー工業社員の給与明細(キャリコネ)

20代から30代で約250万円アップ

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

30代で900万円に迫る

20代管理部門(非管理職)の 給与明細

30代管理部門(非管理職)の 給与明細

ブラザー工業の職種別年収

「プロフェッショナル職」は技術系・事務系とも同一制度

ブラザー工業の職種は、「プロフェッショナル職(総合職)」と「スキル職(製造職)」の大きく2つに分けられています。「スキル職(製造職)」は、試作技術、部品技術、製造技術などの職場で活躍する社員ですが、本記事では「プロフェッショナル職(総合職)」に絞って話を進めます。

「プロフェッショナル職」はさらに、「事務系」(商品企画、営業企画、財務、広報など)と「技術系」(開発設計、研究開発、生産技術など)の2つのコースに分かれます。しかし賃金制度は「プロフェッショナル職」として共通の制度が適用されるため、職種による賃金の差異は生じることはありません。初任給についても、以下の通り、2コース共通で、学歴別に設定されています。
<初任給>
●博士卒:270,600円
●修士卒:236,600円
●大学卒:214,600円

年代・職位別の年収目安としては、30歳で約600万、35歳が約750万、課長級になると900~1000万円、部長級が1500万円超といった当たりです。

ブラザー工業社員の給与明細(キャリコネ)

20代のうちはほぼ差がつかず

20代広告宣伝(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代以降は年収差が開く

30代広告宣伝(非管理職)の 給与明細

30代技術(非管理職)の 給与明細

ブラザー工業で年収を上げる方法

一定年齢までは年功序列で昇給

ブラザー工業では、新卒入社後、S職→P職→上級職という順で昇格していく仕組みになっており、昇格毎に年収が上がっていきます。昇格をするためには、一定の評価結果を得ることはもちろんですが、それ以外に語学力(TOEIC600点以上)などの条件も設定されています。

昇格に関する口コミを見ると、「査定に関しては30歳まではほぼ横ばい」「年功序列的。基本的に毎年決まった額昇給するイメージ」といった声が多く見られます。しかし、「ある程度の年次になると、出世に差が出てきて、給料にも大きな差が生まれる」「30歳くらいから差がついてくる」と、徐々に実力による昇格タイミングに大きな差が生まれてくるようです。

評価制度としては、期初に上長との面談で目標を設定し、半期ごとに面談によって達成度を確認、その結果によって賞与・昇格昇級が決まります。その評価において、ポイントとなるのは、「成果ではなく、プロセス重視」であること。さらに「再現性があるか、周囲とうまくやっていたか」ということも重視されるようです。

ブラザー工業社員の口コミ(キャリコネ)

昇格には語学力が必須条件に

「事務系は、TOIECのスコアが700点以上の方がほとんど 出世の条件として外国語が堪能であることは求められている……

30歳以降は実力主義に

「技術が優れているよりもマネジメントが得意な人が出世しやすい 30歳くらいから差がついてくる。それまではほぼ横並び……

ブラザー工業のライバル企業と比較

同業他社においては、やや高めの位置づけ

ブラザー工業のライバル企業として、デジタル複合機業界の競合であるキヤノンとセイコーエプソン、ミシン業界での競合である豊田自動織機の3社を取り上げます。

ブラザー工業の平均年収が762.2万円であるのに対し、キヤノンは745万円、セイコーエプソンが747.5万円、豊田自動織機が810.4万円です。「メーカーにしては高い方」という口コミの通り、抜群に高いというわけではないものの、同業他社においてはやや高いポジションに位置付けられます。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
ブラザー工業762.2万円42.7歳15.4年3800人3444.5億円
キヤノン745万円44.4歳19.7年25713人12555億円
セイコーエプソン747.5万円43.6歳19.2年12813人3487.2億円
豊田自動織機810.4万円40.8歳18.3年13999人15418億円

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】ブラザー工業の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ブラザー工業の中途採用面接では何を聞かれるのか

家庭用ミシンからオフィス用複合機、工作機械まで、幅広く製品を展開するブラザー工業への転職。採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われる他、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策しましょう。