【19年3月期】過去最高売上の野村総研 国内金融頼みを脱し「海外市場」強化

【19年3月期】過去最高売上の野村総研 国内金融頼みを脱し「海外市場」強化

2019年3月期に過去最高の売上高を記録した野村総合研究所(野村総研、NRI)。業績は安定しているものの、金融市場の顧客企業の業績悪化やコスト削減要請を受けて、国内需要が縮小する可能性があります。一方で、豪州を中心とする海外事業が好調。2019年3月期も好スタートです。財務諸表から現状と将来を分析します。


損益計算書(PL):営業利益率は14.3%

野村総研の2019年3月期決算は、増収増益でした。売上高は5012億4300万円で、前期比6.3%増。営業利益は714億4200万円で、同9.7%増えています。営業利益率は14.3%、同0.5ptアップしました。いずれも期首予想を超えています。

売上原価は3365億800万円で、前期比7.9%増。売上総利益は1647億3500万円で、同3.2%増えました。粗利率は32.9%を確保していますが、前期比で1.0ptダウンしています。

販売費及び一般管理費は932億9300万円で、前期比1.3%減。前年度のオフィス移転関連の費用がなくなったことが影響しているようです。

なお、野村総研は2019年7月25日、2020年3月期第1四半期の決算を発表しました。保険業・銀行業向け開発案件の金融IT分野が好調で、対前年同期比で売上高は10.0%の増収、営業利益は32.7%の増益。業績予想からの修正はありません。

 

セグメント分析:金融関連が過半数

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者


関連記事

【20年3月期】過去最高業績の野村総研 コロナの影響は限定的、テレワークなど新たなビジネスチャンスも

【20年3月期】過去最高業績の野村総研 コロナの影響は限定的、テレワークなど新たなビジネスチャンスも

国内最大手のシステムインテグレーター、野村総合研究所(NRI)。20年3月期は売上・営業利益ともに過去最高となりました。21年3月期はコロナ禍の影響が心配されますが、事業の性質上リスクは低めで、テレワークや非接触サービスなどの事業機会も生まれそうです。財務諸表等を基に会社の現状と課題を整理します。


【平均年収1222万円】野村総合研究所の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収1222万円】野村総合研究所の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】野村総合研究所(野村総研・NRI)の年収・給与・ボーナス・報酬について、ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、デメリット、同業他社や、年代、職種間での比較を通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


野村総研は「年収もいいしモテる」 それでも退職を決断する人がいる理由

野村総研は「年収もいいしモテる」 それでも退職を決断する人がいる理由

就職先・転職先として人気を集めるSI業界で成長を続けている野村総合研究所(通称NRI)。高年収でも知られる一方、業界の将来性について不安を抱いて退職する人も出ています。現職社員やOGOBからの声をまとめました。


【面接対策】野村総合研究所の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】野村総合研究所の中途採用面接では何を聞かれるのか

国内最大手のシンクタンクである野村総合研究所。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。