【19年3月期】営業利益率37.8%のJR東海 「リニア中央新幹線」の建設投資で減益へ

【19年3月期】営業利益率37.8%のJR東海 「リニア中央新幹線」の建設投資で減益へ

JRグループの中で群を抜く高収益体質のJR東海。その背景には交通の大動脈「東海道新幹線」というドル箱路線を有していることにあります。2027年に時速500キロで品川~名古屋間を40分で結ぶ「リニア中央新幹線」の開通を予定しているJR東海の現状と将来を、財務諸表から分析します。


損益計算書(PL):同業種トップの営業利益率

東海旅客鉄道(JR東海)の2019年3月期の営業収益は1兆8781億円で前期比3.1pt増でした。

運輸業等営業費及び売上原価は前期比0.4%増、販管費も同2.2%増でしたが、金額としては小さく、営業利益は7098億円と同7.2pt増えています。

この結果、営業利益率は37.8%で前期比1.5pt増。陸運業界2位のJR東日本の16.2%を大きく上回る非常に高い営業利益率を有しています。

セグメント分析:ドル箱は「東海道新幹線」

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

コンサル会社員をしながら、副業ライターとして執筆活動を行っています。証券アナリスト取得を目指し日々邁進しております。


関連記事

【20年3月期】コロナ禍で減収減益のJR東海 リニア工事の資金繰りに懸念はないか?

【20年3月期】コロナ禍で減収減益のJR東海 リニア工事の資金繰りに懸念はないか?

東海道新幹線という高収益事業を持つJR東海。しかし、2020年3月期はコロナ禍の影響で利用客が急減し、減収減益となりました。21年3月期もこの状態が続くと、リニア中央新幹線の開業が遅れるおそれもありますが、懸念されるのは巨額融資の返済です。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


【平均年収736.3万円】JR東海の給与・ボーナスが高いの・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収736.3万円】JR東海の給与・ボーナスが高いの・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】JR東海(東海旅客鉄道)社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


【面接対策】JR東海(東海旅客鉄道)の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】JR東海(東海旅客鉄道)の中途採用面接では何を聞かれるのか

中央新幹線の開通に向け、大規模な工事やシステム刷新が行われている、JR東海への転職。リニアの仕事に関わりたくて就職を希望する人も増えています。中途採用では募集職種は限られるものの、即戦力として、一緒に働く仲間として合格を掴んだ人も存在しています。事前にしっかり対策しておきましょう。


東海道新幹線に格安で乗れるJR東海社員 「仕事の裁量の小ささ」に不満抱く声も

東海道新幹線に格安で乗れるJR東海社員 「仕事の裁量の小ささ」に不満抱く声も

JR東海の業績が好調です。2019年3月期の売上高は1兆8781億円で、前期比3.1%増。JR東日本の3兆20億円には及びませんが、営業利益は7097億円と、JR東日本の4848億円を大きく上回っています。社内の状況はどうなっているのでしょうか。現役・OBOGの声をまとめます。