【19年3月期】初めて売上30兆円突破したトヨタ自動車 下方修正の行く先は?

【19年3月期】初めて売上30兆円突破したトヨタ自動車 下方修正の行く先は?

トヨタ自動車は2019年3月期で、日本企業初の売上高30兆円を突破しました。しかし決算説明会の豊田章男社長の口調は危機感迫るものでした。長年のビジネスモデルからの転換を図ろうとしているトヨタ自動車の財務諸表を分析し、現状と将来を解説していきます。


損益計算書(PL):営業利益は2兆4675億円

トヨタ自動車(トヨタ)の2019年3月期の売上高は前期比2.9%増の30兆2256億円と日本企業初の売上高30兆円越えとなりました。営業利益は2兆4675億円で同2.8%増でした。

売上原価は前期比3.6%増で、粗利率は同0.6ptの悪化。販管費は同3.7%減で、営業利益率は8.2%と前期と変わりませんでした。

なお、トヨタはニューヨーク証券取引所に上場しているため、会計基準は米国会計基準(SEC基準)を採用しています。日本企業では他にキヤノンや野村HD、富士フイルムHDなどが採用しています。

連結販売台数は、北米が最も多く274万5000台(30.6%)、次いで日本が222万6000台(24.8%)、アジアが168万4000台(18.8%)となっています。全体の台数は増加していますが、北米と日本は減少。アジアで大きく伸ばしています。

出典:2019年3月決算説明資料

なお、2018年度の世界自動車メーカーの売上高ランキングでは、トヨタはドイツのフォルクスワーゲングループの30兆7547億円に次ぐ2位となっています。前年度の首位から陥落となりましたが、引き続き世界的を代表する自動車メーカーです。

(出典:オートモーティブ・ジョブズHP【2019年版】世界自動車メーカー売上高ランキング ―トヨタは30兆円超えも、2位に後退(2019.05.31))


 

セグメント分析:国内売上比率は24.4%。金融事業が成長。

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

コンサル会社員をしながら、副業ライターとして執筆活動を行っています。証券アナリスト取得を目指し日々邁進しております。


関連記事

【面接対策】トヨタ自動車の中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】トヨタ自動車の中途採用面接では何を聞かれるのか

国内最大手自動車メーカーのトヨタ自動車への転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


【平均年収865.9万円】トヨタ自動車の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収865.9万円】トヨタ自動車の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】トヨタ自動車の年収・給与・ボーナス・報酬。ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか、同業他社や、年代、職種間での比較など年収に関する話題をデータや口コミを通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


【口コミ評判】トヨタが直面する「技術革新」の大波 それでも続ける「ふれあい活動」

【口コミ評判】トヨタが直面する「技術革新」の大波 それでも続ける「ふれあい活動」

「100年に1度」といわれる自動車革命の波に乗るべく、知恵を振り絞っているはずのトヨタ自動車。しかし、企業クチコミサイト「キャリコネ」に残された書き込みから見えてくるのは、業務外の時間を「HUREAI(ふれあい)活動」という社内コミュニケーションに多く割かざるをえない社員たちの様子だ。