【19年3月期】事業構造改革に苦しむパナソニック 車載事業は「再挑戦事業」に格下げ

【19年3月期】事業構造改革に苦しむパナソニック 車載事業は「再挑戦事業」に格下げ

高度成長期には「ナショナル」「松下電器」として世界的なブランドとなったパナソニック。グローバル化が進む中で、消費者向けから公共インフラ・ビジネス向けにシフトしていますが、勝ちパターンが絞りきれないまま、低収益が続いています。財務諸表を基に現状と将来性を整理します。


損益計算書(PL):売上高8兆円、営業利益率5%

パナソニックの2019年3月期の売上高は前期比0.3%増の8兆27億円営業利益は同8.1%増の4115億円増収増益でした。

売上原価は前期比1.7%増で、粗利率は同1.0ptの悪化。販管費は同5.3%減で、営業利益率は5.1%と同0.3pt増となりました。

各セグメントで減益となっていますが、自社保有の土地の売却益等の「その他損益」が約300億円のプラスとなり、増益で着地しました。

なお、パナソニックは、以前は米国会計基準(SEC基準)を採用していましたが、2017年3月期から国際会計基準(IFRS)を採用しています。

セグメント分析:5つすべての事業で減益

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

コンサル会社員をしながら、副業ライターとして執筆活動を行っています。証券アナリスト取得を目指し日々邁進しております。


関連記事

【20年3月期】パナソニック、3期ぶり減収減益 構造改革を進めるも道半ばで光見えず

【20年3月期】パナソニック、3期ぶり減収減益 構造改革を進めるも道半ばで光見えず

低収益体質からの脱却を目指すパナソニック。2020年3月期は新型コロナの影響で全てのセグメントで減収となりました。欧州家電事業の構造改革や半導体事業の売却など大規模なリストラを行っていますが、テレビ事業や車載事業も黒字化せず、道半ばで光は見えていません。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


ソニー vs. パナソニック 働きがいがある・働きやすいのはどっち?【口コミ分析】

ソニー vs. パナソニック 働きがいがある・働きやすいのはどっち?【口コミ分析】

ソニーとパナソニックの社員は自社の働きやすさについてどう感じているのでしょうか。ライバル関係にある企業との違いは? 口コミ投稿者の主観による点数付けと、投稿された口コミから読み取れる本質的な満足度の分析を通じて企業を評価します。


【口コミ評判】パナソニックは変われるか? 中途入社の評は「かなり保守的。昭和の雰囲気」

【口コミ評判】パナソニックは変われるか? 中途入社の評は「かなり保守的。昭和の雰囲気」

2011年度から2期連続で巨額赤字を計上したパナソニック。2018年度の営業利益率がようやく5%台に回復する一方で、株価はこの1年で3分の2まで下がりました。2019年5月には「新中期戦略」を発表しましたが、事業構造を変革できるのでしょうか。現役社員・OBOGの声をまとめました。


【面接対策】パナソニックの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】パナソニックの中途採用面接では何を聞かれるのか

白物家電はじめ、車載や住宅など幅広い分野を手がけるパナソニック。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。


【平均年収754.6万円】パナソニックの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収754.6万円】パナソニックの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収のなぜシリーズ】平均年収はどれくらい?年棒それとも月給制?ボーナスは年何回?などの給与体系についての素朴な疑問を、取材データや口コミの内容を通じてお答えします。