【18年9月期】広告とゲームが好調なサイバーエージェント 儲けを「AbemaTV」に注ぎ込む理由

【18年9月期】広告とゲームが好調なサイバーエージェント 儲けを「AbemaTV」に注ぎ込む理由

広告事業およびゲーム事業の売上・利益が好調なサイバーエージェント。現在はこの儲けを「AbemaTV」への積極投資に回し、営業利益を抑制しています。転職や投資を考える人は、全体的な財務状況と戦略をチェックしておきましょう。


損益計算書(PL):21期連続増収も営業利益は微減

サイバーエージェントの2018年9月期の売上高は前期比13%増の4195億円で、21期連続増収となりました。

売上原価は前期比16.6%増で、粗利率は同2.1ptの悪化。販管費は同8.2%増で、営業利益は302億円で同1.7%減となりました。営業利益率は7.2%で、同1.1pt減でした。

営業利益の減少要因は、「AbemaTV」等への先行投資として208億円の赤字を出しており、これが大きな影響を及ぼしています。

セグメント分析:売上好調の広告、利益率はゲーム

お読み頂きありがとうございます。続きで読めるコンテンツは

この記事の執筆者

コンサル会社員をしながら、副業ライターとして執筆活動を行っています。証券アナリスト取得を目指し日々邁進しております。


関連記事

サイバーエージェント株は割安か割高か? 代表的な5つの指標で計算してみた

サイバーエージェント株は割安か割高か? 代表的な5つの指標で計算してみた

株式投資の銘柄をどう選ぶか。判断基準のひとつが「割安株(バリュー)」かどうかです。サイバーエージェント株が割高か割安かを見るには、5つの指標が代表的です。過去の値動きも大事ですが、サイバーエージェントの業績や資産状況、配当などと株価の水準を組み合わせてチェックすることで、売買のタイミングの判断材料となります。


サイバーエージェント株の「配当金」のもらい方 おこづかいを定期的に受け取ろう

サイバーエージェント株の「配当金」のもらい方 おこづかいを定期的に受け取ろう

日々の生活の足しになるおこづかいをもらえる株式投資があればやってみたい。そんな人には「配当」のチェックをおすすめします。株式を所有している限り、毎年受け取ることができます。ミニ株投資なら議決権や株主優待がなくても配当だけはもらえることも。サイバーエージェントの配当を例に説明します。


投資初心者でもわかる! サイバーエージェント株の買い方、丁寧に教えます

投資初心者でもわかる! サイバーエージェント株の買い方、丁寧に教えます

どうせ株主になるなら成長企業がいい。そんな人にサイバーエージェント株は有力な選択肢となります。代表的なメガベンチャーであるサイバーエージェントの株式を買うのは魅力的ですが、具体的に何から手をつければいいのでしょうか? 購入の3つのメリットや株式購入の8つのステップを含めて紹介します。


「eスポーツ銘柄」で始めるテーマ投資 オンラインゲーム関連株は1年で6割の値上がり

「eスポーツ銘柄」で始めるテーマ投資 オンラインゲーム関連株は1年で6割の値上がり

ビデオゲームで対戦競技を行う「eスポーツ」は競技者も観戦者も急増中。ソニーやカプコン、スクエニ、コーエーテクモなどの株価は1年間で平均60%も上がっています。関連銘柄を手軽にまとめて取引できるサービスのメリットと留意点をあわせて紹介します。


【面接対策】ジークレストの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ジークレストの中途採用面接では何を聞かれるのか

「女子ゲーNO.1」を目指し、アプリゲームの開発を中心に展開するジークレスト。中途採用面接では新卒採用の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を問われるほか、キャリアシートからは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので、入りたい会社に合った対策をしましょう。