【平均年収672.1万円】三浦工業社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【平均年収672.1万円】三浦工業社員の給料は実際いくらもらっているのか?

【年収のなぜシリーズ】平均年収はどれくらい?年棒それとも月給制?ボーナスは年何回?などの給与体系についての素朴な疑問を、取材データや口コミの内容を通じてお答えします。


今回取り上げる企業は、小型貫流ボイラの国内シェア5割超を担う、ボイラ業界のリーディングカンパニー「三浦工業」です。

三浦工業の平均年収は672.1万円

三浦工業の有価証券報告書によると、平均年収は672.1万円と記載されています。キャリコネに投稿された給与明細を参考に三浦工業の年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で430〜480万円、30歳代で610〜660万円、40歳代で760〜810万円となりました。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は495.7万円(国税庁・令和2年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.36倍の額です。

三浦工業の平均年収推移

三浦工業・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移
決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2022年3月期672.1万円39.9歳15年3298人
2021年3月期629万円39.6歳14.7年3246人
2020年3月期656.5万円39.3歳14.4年3185人
2019年3月期635.4万円39.1歳14.3年3090人
2018年3月期651.7万円38.8歳14年3031人

出典:三浦工業・有価証券報告書

過去5年間の平均年収の推移をグラフと表組みで示しています。
三浦工業の平均年収は前年を上回り672.1万円でした。
過去5年間では最高額になりました。

三浦工業の年代別平均年収と中央値

三浦工業の年収中央値は30代で627.8万円

続いて年収実態により近い年収中央値を見てみます。20代から50代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値を表にまとめました。

三浦工業の年収実態
年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代454.3万円30.6万円73.6万円408.87万円
30代627.8万円41.8万円101.8万円565.02万円
40代780.1万円51.6万円126.6万円702.09万円
50代922.3万円60.8万円149.7万円830.07万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

三浦工業の給与制度

部長以上で1000万円が見える

入社年次および役職の有無による年収の違いを見ていきましょう。

入社後まだ役職もない頃は400万円から500万円、入社して10年から20年の課長クラスでは700万円前後、同じく20年から30年の部長・次長クラスでは800万円から1000万円前後です。

また、研究や開発、機械設計などの総合職と、本社での経理や企画、総務などのスタッフ業務といった一般職では、基本給に差があります。2018年4月時点の初任給は、

●総合職
修士了 23万4000円 
学部卒 21万7000円
高専卒 20万2000円 
    
●一般職
修士了 18万5000円
学部卒 18万5000円
高専卒 17万円

となっています。

実際の給与明細を見比べると、目安では見えてこなかった驚きの現実が!

三浦工業社員の給与明細(キャリコネ)

20代から30代で2倍近くもアップ!?

20代営業職(非管理職)の 給与明細

30代営業職(非管理職)の 給与明細

賞与額の差がそのまま年収の差に!

20代営業職(非管理職)の 給与明細

20代技術職(非管理職)の 給与明細

賞与は年収の30% 業績・成績が反映されやすい

三浦工業の給料は、基本給に、交通費や家族手当、時間外手当、専門職手当、外務手当などの各種手当が上乗せされた形で支給されます。あまり聞き慣れない「外務手当」とは、愛媛県松山市にある本社以外に配属された場合に発生する、一律2万円の手当です。

また、賞与は他の人との比較による相対評価です。成績などでランク付けされ、ランクごとに賞与の傾斜が変わってきます。年収に対する賞与が占める割合は30%ほどとかなり大きいため、賞与の評価がどのランクになるかで、年収に大きな差が付きます。

口コミには年収の実態を如実に表す証言がありました。

三浦工業社員の口コミ(キャリコネ)

業界トップながら地方企業の相場に厳しい声も

「査定に関しては中途だからといって差別されるようなことはなかったと思います。 大手から転職してこられたリーダークラスの方は、地方の相場に…

査定は社内営業次第!?

「報酬については、同年代の人たちよりはもらえていると思います。貰っている給与額に関しては満足ですが、査定評価を考えると、もう少し…

三浦工業と競合他社の平均年収を比較

三浦工業の競合や同業界であるタクマ、昭和鉄工、ノーリツの4社で平均年収を比較します。
各社の最新有価証券報告書に記載されている額は、三浦工業が672.1万円、タクマが856.1万円、昭和鉄工が624万円、ノーリツが649.7万円です。
この4社の中で最高額はタクマの856.1万円で、最低額が昭和鉄工の624万円。その差はおよそ233万円で、かなりの差があります。
この比較企業の中では三浦工業は2番目に位置します。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
タクマ856.1万円42.9歳14.9年958人1340.92億円
三浦工業672.1万円39.9歳15年3298人1026.11億円
ノーリツ649.7万円43歳17.5年2190人1093.98億円
昭和鉄工624万円41.6歳18.8年374人105.01億円

実際に働いた経験のある方の貴重な給与明細からは驚きの発見が!

競合他社の給与明細(キャリコネ)

基本給が占める割合が3社中最も大きい!

川重冷熱工業・20代・技術職(非管理職)の 給与明細

栗田工業・20代・技術職(非管理職)の 給与明細

出典・参考
厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2021年企業活動基本調査速報-2020年度実績-」
国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2022年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる模倣・盗用・剽窃を一切禁止します。 悪質なサイトの特徴はこちらでご確認ください。もし模倣・盗用・剽窃を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者


関連記事

明日のテンバガーを探せ!鉱研工業【6297】メーカーとエンジニアリングの2つの顔を持つボーリングマシンの国内トップメーカー

鉱研工業株式会社は、ボーリング機器とその関連機器の製造販売や、工事施工を行う企業です。株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。会員未登録の方は以下からお願いします。


明日のテンバガーを探せ!宮入バルブ製作所【6495】LPガス容器用バルブを主に、半導体製造市場が拡大する中国でも事業成長を目指す

株式会社宮入バルブ製作所は、各種容器(鋼鉄製・SUS製・FRP製)の容器用弁、各種装置用弁、各種輸送用弁、その他関連機器類などの製造・販売事業を展開しています。 株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。


明日のテンバガーを探せ!木村化工機【6378】 小型モジュール炉開発の恩恵にも期待できる総合プラントエンジニアリング企業

木村化工機株式会社は、化学プラントの設計・製作・据付、保守、原発関連機器製作を行う会社です。特に化学装置やプラントのエンジニアリングでは、蒸発・蒸留の技術に強みがあります。 株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。


明日のテンバガーを探せ!加地テック【6391】卓越した高圧技術で幅広い産業に貢献

株式会社加地テックは、高圧技術をコア技術として、水素関連事業向け・プラント関連事業向け・PETボトル成型用の圧縮機(コンプレッサ)などの開発・販売・保守を手掛ける企業です。 株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です


明日のテンバガーを探せ!オカダアイヨン【6294】「壊す」機械に強み!破砕・解体用建機や林業用機械を手掛ける建機メーカー

オカダアイヨン株式会社は、解体工事用のアタッチメントなど、「壊す」機械の建機メーカーです。メンテナンス対応と作業効率性の高い大型機に強みがあり、国内外に事業を展開しています。株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ企業研究Resaco」による株式投資家向け企業研究です。記事の内容を確認するには会員登録が必要です。


wiget_w300
wiget_w300