【平均年収664.1万円】マツダの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収664.1万円】マツダの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】マツダ社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


マツダの平均年収は664.1万円

マツダの平均年収は664.1万円です(2020年3月期有価証券報告書)。

キャリコネに投稿された給与明細を参考にマツダの年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で390〜440万円、30歳代で540〜590万円、40歳代で680〜730万円という結果になりました。

男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・令和元年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.32倍の額です。

マツダの平均年収推移

過去5年間はほぼ横ばい

マツダ・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高(連結)純利益(連結)
2016年3月期681万円40.5歳16年20849人26065.27億円1006.26億円
2017年3月期685万円40.9歳16.2年21400人24813.84億円566.18億円
2018年3月期680万円41歳16.3年21927人26358.84億円793.59億円
2019年3月期677万円41.1歳16.4年22354人26662.08億円393.34億円
2020年3月期664.1万円41.2歳16.7年22480人25843.22億円-238.7億円

出典:マツダ・有価証券報告書

過去5年間の平均年収の推移をグラフと表組みで示しています。
マツダの平均年収はこの5年で約-16.9万円下落しています。昨年からは-12.9万円減額しています。
過去5年間では最低の額になりました。2020年度の減収減益で赤字だったことが理由です。

マツダの年代別平均年収と中央値

マツダの年収中央値は30代で507.06万円

有価証券報告書の平均年収は、全社員の平均を表したものなので、実際にもらえる額とは大幅に違います。マツダの年収実態を知るため、世代別の平均年収と年収中央値を見ましょう。下記はマツダの20代から60代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値を表したものです。

マツダ株式会社の年代別平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値・業種別平均・全業種平均

年代平均月収平均ボーナス年収中央値
20代30.6万円73.5万円374.7万円
30代42.9万円103万円525.5万円
40代54.4万円130.6万円666.1万円
50代62.8万円150.9万円769.7万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

マツダは自動車メーカーであるため、業種でいうと「製造業」に該当します。「製造業」という業種は、全業種の平均年収に比べると、いずれの年代においても若干下回る水準の業種です。

こうした中、マツダの年収中央値は、いずれの年代においても、製造業平均値を大きく上回っています。例えば30代であれば、マツダの年収中央値は521.9万円に対し、製造業平均は288.2万円と、約1.8倍という差をつけています。この「約1.8倍」は30代のみならず、すべての年代において当てはまる数値であり、マツダの年収は高いレベルにあると言えるでしょう。

マツダの年収が高い理由

充実した賞与と福利厚生、広島という地の利も

マツダの年収が高い理由として、まず一つ目に賞与の金額の多さが挙げられます。
賞与、つまり一時金の支給金額については毎年の春闘によって決まりますが、過去3年間の実績を見ると、2019年5.2ヶ月、2018年5.4ヶ月、2017年5.3ヶ月と、平均年収とともに安定した水準を保っています。上述の通り、製造業において非常に高い給与水準である中で、さらに5ヶ月分超の一時金があることが、平均年収を押し上げる最大の要因であると言えます。

また、直接的に所得を上げることにつながる住宅手当や家族手当はありませんが、家賃2万円という寮があることや、年間5.8万円分の福利厚生ポイントが付与されるなど、可処分所得を増やす制度は充実しています。また、主要な勤務地が広島であることもポイント。自動車メーカーの中では平均年収は低いと受け止められることもありますが、「広島のリビングコストは首都圏に比べると数百万円安い」といった口コミにもあるよう、実質的には同レベルの水準であるかもしれません。

マツダの給与体系・内訳

社員の成長を後押しする手当も

マツダの給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(7・12月)の賞与で構成されています。

諸手当は通勤手当と時間外勤務手当の大きく2つのみというシンプルなもの。住宅手当や家族手当などはありませんが、寮・社宅やスポーツセンター、社員販売や社内託児施設など、福利厚生制度・施設は充実しているようです。

また、新入社員の指導役に任命されると、「ペアコーチ手当」が1年間支給されるほか、会社に指定された資格を取得した際、その受験料が全額支給される「資格取得手当」もあります。これらはマツダ独自のものですが、こうした手当を整備する風土から、社員の育成や成長に積極的な会社の姿勢を感じることができます。

マツダ社員の給与明細(キャリコネ)

入社10年で年収はほぼ2倍に

20代技術(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

諸手当は残業代のみ、シンプルな体系

30代(非管理職)の 給与明細

30代(非管理職)の 給与明細

マツダの職種別年収

職種による違いはなし

マツダの職種は、「技術系」と「事務系」の大きく2つに分類されます。賃金制度上は、職種によって処遇が変わるわけではなく、2つの職種共通の社内ランクによって、給与のレンジが定められています。

また、初任給についても職種によって差異はなく、以下の通り学歴別に設定されています。
<初任給(2018年実績)>
博士了 264,500円/月
修士了 230,500円/月
大学・高専専攻科卒 208,500円/月
高専本科卒 185,000円/月
短大・専修(3年課程)卒 182,000円/月
短大・専修(2年課程)卒 179,000円/月

社内ランク別の年収目安としては、入社後一般社員の間は400~600万円、アシスタントマネージャー(係長クラス)に昇格すると700万円、幹部社員(課長クラス)になると1000万円を超える年収となります。

マツダ社員の給与明細(キャリコネ)

職種が違っても、同年齢ならほぼ同年収

20代管理部門(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

年齢を重ねると、実力が年収の差に

30代技術(非管理職)の 給与明細

30代営業(非管理職)の 給与明細

マツダで年収を上げる方法

ゆるやかな成果主義

マツダの賃金制度の仕組みとして、社内ランクごとにいくつかの給与レンジが設定されており、これは「バンド」と呼ばれています。給与のみなず、賞与・退職金などのベースにもなるため、マツダにおいて年収を上げるためには、この「バンド」を上げることが必要となります。

マツダの人事制度は「とびうお」という名で、「選択と自己実現」「ワークライフバランスの実現」「人・仕事・処遇の最適なマッチング」の3本柱を掲げています。3つ目の柱のとおり、マツダでは成果主義の評価方法が取り入れられています。新卒入社後、3年目までは横並びですが、それ以降は成果次第での昇格・昇給となります。しかし、「アシスタントマネージャー(主任)になるのは早くても10年目以降」「抜擢人事などはほとんど行われない」といった口コミも多く見られるため、ゆるやかな年功序列の風土が残った中での成果主義、といった方がよいかもしれません。

評価方法としては、半期に一度上司とミーティングを実施し、上司は、4段階で評価します。この評価結果が賞与・給与(昇給額)に反映されますが、職位があがるごとに給与に反映される半期ごとの評価の比率が大きくなるため、「同じ職位の人でも100万円以上の年収差になることも」といったケースも見られるようです。

マツダ社員の口コミ(キャリコネ)

最初の昇格までは横ならび

「大卒入社の場合、大体3年目に一律で等級があがる それ以降は実力主義らしい……

年功序列が残る中の、ゆるやかな成果主義

「実力重視と言いつつもほとんど年功序列 抜擢人事などはほとんど行われない……

マツダのライバル企業と比較

平均年収も販売台数・シェアに比例

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)従業員数(連結)売上高(連結)決算期
トヨタ自動車865.8万円39.6歳15.8年74132人359542人29兆9299億円2020年3月期
本田技研工業816.8万円45.5歳23.8年25379人218674人14兆9310億円2020年3月期
日産自動車810.2万円41.4歳17.7年22717人136134人9兆8788億円2020年3月期
三菱自動車工業731.1万円41.1歳15.7年14407人32171人2兆2702億円2020年3月期
スズキ691.3万円40.3歳17.8年15646人68499人3兆4884億円2020年3月期
マツダ664.1万円41.2歳16.7年22480人50479人3兆4302億円2020年3月期
SUBARU640.6万円38.4歳15.5年15806人35034人3兆3408億円2020年3月期

マツダの競合や同業界である自動車メーカーのトヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車、三菱自動車工業、SUBARU、スズキの7社で平均年収を比較します。
各社の最新有価証券報告書に記載されている額は、トヨタ自動車が865.9万円、本田技研工業が816.8万円、日産自動車が810.2672万円、三菱自動車工業が731.1万円、SUBARUが640.6万円、スズキが691.4万円です。
この7社の中で最高額はトヨタ自動車の865.9万円で、最低額がSUBARUの640.6万円。その差はおよそ226万円で、かなりの差があります。
この比較企業の中ではマツダは6番目に位置します。

国内自動車シェアにおいて近いポジションである、SUBARUと比較してみましょう。2018年度の国内販売台数は、マツダが6位で21万台に対し、SUBARUは7位で13万台です。平均年収においてもこの販売台数=売上高に順じた結果になっています。

では国内自動車シェアのトップ2社である、トヨタ自動車とホンダと比べてみましょう。トヨタ自動車の国内販売台数は156万台、ホンダは74万台と、マツダに対して大きく差をつけています。平均年収においても同様です。売上高・販売台数と平均年収は比例関係であり、順当な結果と言えるでしょう。

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる模倣・盗用・剽窃を一切禁止します。 悪質なサイトの特徴はこちらでご確認ください。もし模倣・盗用・剽窃を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】マツダの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】マツダの中途採用面接では何を聞かれるのか

ロードスターをはじめ、多くの人気車種を世に送り出してきた自動車メーカー、マツダへの転職。採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われる他、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、共に働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策しましょう。


【平均年収776.4万円】いすゞ自動車の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収776.4万円】いすゞ自動車の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】いすゞ自動車社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


【平均年収640.6万円】SUBARUの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収640.6万円】SUBARUの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】SUBARU社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


【平均年収865.9万円】トヨタ自動車の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収865.9万円】トヨタ自動車の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】トヨタ自動車の年収・給与・ボーナス・報酬。ただ額面に注目するだけではなく、高い理由や、年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか、同業他社や、年代、職種間での比較など年収に関する話題をデータや口コミを通じて実態に迫ります。転職先決定の判断材料にご活用ください。


【平均年収691.4万円】スズキの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収691.4万円】スズキの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】スズキ社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。