【平均年収816.8万円】ホンダの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収816.8万円】ホンダの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収のなぜシリーズ】平均年収はどれくらい?年棒それとも月給制?ボーナスは年何回?などの給与体系についての素朴な疑問を、取材データや口コミの内容を通じてお答えします。今回は本田技研工業(ホンダ)です。


今回取り上げるのは、四輪・二輪からボートエンジン・ジェット機まで手掛ける本田技研工業です。

ホンダの平均年収

本田技研工業の平均年収は816.8万円です(2020年3月期有価証券報告書)。キャリコネに投稿された給与明細を参考に本田技研工業の年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で530〜580万円、30歳代で740〜790万円、40歳代で930〜980万円という結果になりました。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・令和元年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.63倍の額です。

ホンダの平均年収の推移

本田技研工業5年間の平均年収・平均年齢の推移

決算月平均年収平均年齢
2016年3月期772.9万円45歳
2017年3月期776.1万円45歳
2018年3月期808.6万円44.9歳
2019年3月期819.8万円45.6歳
2020年3月期816.8万円45.5歳

出典:本田技研工業・有価証券報告書

本田技研工業の平均年収は上昇傾向で、この5年で約48.4万円上昇していますが、前年度に比べ-3万円下がっています。平均年齢は上がっているので、新型コロナウイルスによる世界的な景気後退の影響を受け、業績が下がっていることがここにも反映されています。

本田技研工業の年代別平均年収と中央値

本田技研工業の年収中央値は30代で639万円

続いて年収実態により近い年収中央値を見てみます。20代から50代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値を表にまとめました。

年代平均月収平均ボーナス年収中央値
20代37.2万円89.4万円455.7万円
30代52.2万円125.3万円639万円
40代66.1万円158.9万円810.1万円
50代76.4万円183.6万円936.1万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

ホンダの社内で給与が高いのは誰か

40歳課長で年収1000万円超

本田技研工業の給与体系は年功序列の色が濃く現れます。一例を挙げると、30歳チーフで650万円、35歳主任で750万円、42歳課長で1100万円、48歳部長で1400万円という具合に年齢に伴い給与が上がっていく仕組みです。40歳課長が年収1000万円超えのポイントです(研究職の場合は主任研究員)。

このように、今まではエスカレーター式で給与が上がっていましたが、近年では給与ステージごとの相対評価や研究員昇格条件が30歳以上で2~3年A評価取得などの制度変更により、成果が給与アップにつながるようになってきています。

昇格は年1回の試験で行われます。受験資格は前年の成績や評価などで得ることができます。

実際の給与明細を見比べると、目安では見えてこなかった驚きの現実が!

本田技研工業社員の給与明細(キャリコネ)

20代と30代では大きな差が!

20代技術職(非管理職)の 給与明細

30代技術職(非管理職)の 給与明細

同年代でも職種により大きな差が!

30代営業職(非管理職)の 給与明細

30代広告宣伝職(非管理職)の 給与明細

ホンダの年収の内訳は

夏冬合わせて6ヶ月分のボーナス

続いて年収の内訳を見てみましょう。

年収は基本給および諸手当、年2回の賞与で構成されており、諸手当には住宅手当、家族手当などがあります。

家族手当は、これまで配偶者扶養で月1万6000円、子供1人あたり4800円が支払われていましたが、2016年より配偶者手当を廃止し、子供1人あたり月2万円支払う新制度が導入されています。

賞与は夏と冬の2回支給されます。春闘で支給額が決まり、ここ数年は、1年で月給の6ヶ月分前後が支給されています。
年収に占める賞与の割合は非常に大きい。それゆえに業績によって大きく左右され、今後は変動幅が大きくなる可能性も捨て切れません。

口コミには年収の実態を如実に表す証言がありました。

本田技研工業社員の口コミ(キャリコネ)

昇給は年功序列だが賞与が多い

「昇給は基本的に年功序列で管理職になると大きくアップする仕組みだが、 賞与の割合が非常に大きく、会社の業績がよい年は新卒でも…

家族持ちの社員には嬉しい環境

「同業他社と比べると、給与面を含め総合的に良いと感じている。さらに、自分のように家庭を持った社員にとって特にありがたいのは…

ホンダとライバル企業との比較

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)従業員数(連結)売上高(連結)決算期
トヨタ自動車865.8万円39.6歳15.8年74132人359542人29兆9299億円2020年3月期
本田技研工業816.8万円45.5歳23.8年25379人218674人14兆9310億円2020年3月期
日産自動車810.2万円41.4歳17.7年22717人136134人9兆8788億円2020年3月期
三菱自動車工業731.1万円41.1歳15.7年14407人32171人2兆2702億円2020年3月期
スズキ691.3万円40.3歳17.8年15646人68499人3兆4884億円2020年3月期
マツダ664.1万円41.2歳16.7年22480人50479人3兆4302億円2020年3月期
SUBARU640.6万円38.4歳15.5年15806人35034人3兆3408億円2020年3月期

本田技研工業の競合や同業界である自動車部品メーカーのトヨタ自動車、日産自動車、三菱自動車工業、SUBARU、スズキ、マツダの7社で平均年収を比較します。
各社の最新有価証券報告書に記載されている額は、トヨタ自動車が865.9万円、日産自動車が810.3万円、三菱自動車工業が731.1万円、SUBARUが640.6万円、スズキが691.4万円、マツダが664.1万円です。
この7社の中で最高額はトヨタ自動車の865.9万円で、最低額がSUBARUの640.6万円。その差はおよそ226万円で、かなりの差があります。
この比較企業の中では本田技研工業は2番目に位置します。

最後に、動車業界における売上高で世界TOP10に名を連ねる国内のメーカーホンダ、トヨタ、ニッサンの3社平均年齢、平均継続年数を比較すると、もっとも平均年齢が若く平均勤続年数が短いのはトヨタ自動車でその逆が本田技研工業です。 これは、トヨタ自動車が若い人を積極採用していることの現れて、本田技研工業は逆に若い人の採用を絞っていて、年功序列度合いが高いということが、推測されます。

実際に働いた経験のある方の貴重な給与明細からは驚きの発見が!

競合他社の給与明細(キャリコネ)

どの会社も日本の平均年収を大きく上回る

トヨタ自動車・30代・広告宣伝職(非管理職)の 給与明細

日産自動車・30代・広告宣伝職(非管理職)の 給与明細

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者


関連記事

【口コミ評判】四輪事業が赤字のホンダ 20代社員の辛辣「正直、ピークを過ぎた会社」

【口コミ評判】四輪事業が赤字のホンダ 20代社員の辛辣「正直、ピークを過ぎた会社」

ホンダブランドで知られる自動車メーカーの本田技研工業。売上高は世界6位、トヨタ自動車に次ぐ国内2位の大手メーカーですが、収益性の低さに悩まされています。企業口コミサイト「キャリコネ」には、ホンダの現役社員・OBOGによる書き込みが残されています。


【19年3月期】過去最高売上のホンダ 四輪事業が不振、二輪事業が利益の柱に

【19年3月期】過去最高売上のホンダ 四輪事業が不振、二輪事業が利益の柱に

2019年3月期で過去最高売上を記録した本田技研工業(ホンダ)。しかし20年3月期は、第1四半期決算で、すでに通期予想の下方修正を発表しています。原因は四輪事業の不振。セグメント利益率は1.9%と低水準で、会社は二輪事業の利益に支えられています。財務諸表分析を基に、会社の現状と問題点を整理します。


【面接対策】ホンダの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ホンダの中途採用面接では何を聞かれるのか

航空事業にも進出、大手輸送機器メーカーである本田技研工業への転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前に対策しておきましょう。


ホンダに転職したい人のための企業研究【研究開発職の募集多数】

ホンダに転職したい人のための企業研究【研究開発職の募集多数】

口コミと公開データを元に転職者目線で企業研究。業績と待遇の2つの面で志望企業を掘り下げます。今回取り上げるのは航空事業にも進出している大手輸送機器・機械メーカーの本田技研工業(ホンダ)です。