【平均年収918.5万円】大和ハウス工業の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収918.5万円】大和ハウス工業の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】大和ハウス工業社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


大和ハウス工業の平均年収は918.5万円

2020年3月期の有価証券報告書によると、大和ハウス工業の平均年収は918.5万円と記載されています。キャリコネに投稿された給与明細を参考に大和ハウス工業の年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で610〜660万円、30歳代で850〜900万円、40歳代で1100〜1150万円となりました。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・令和元年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.83倍の額です。

大和ハウス工業の平均年収推移

過去5年間は順調に増加

大和ハウス工業・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2016年3月期863万円38.5歳13.9年14621人
2017年3月期879万円38.7歳14.1年14994人
2018年3月期894万円38.7歳14.1年15438人
2019年3月期907万円38.8歳14.1年15901人
2020年3月期918.5万円38.9歳14.2年16262人

出典:大和ハウス工業・有価証券報告書

大和ハウス工業の平均年収は、過去5年間で順調に増加しています。2016年3月期が863万円に対し、2019年3月期が918.5万円と、過去5年間では最高額になりました。

この背景には、業績の順調な推移があります。過去5年間は売上高・各利益とも過去最高の更新を続けており、中期経営計画を大幅に上回るほどです。賃貸住宅・商業施設・事業施設事業が成長ドライバーとなり、業績を牽引しているようです。2020年3月期以降も増収増益が見込まれており、平均年収についてもさらなる増加が期待できます。

大和ハウス工業の年代別平均年収と中央値

大和ハウス工業の年収中央値は30代で724.8万円

平均年収は収入における目安のひとつですが、実際にもらえる額とは大幅に違うこともしばしばです。年収実態により近い大和ハウス工業の年収中央値を世代別に見ていきます。下の表は大和ハウス工業の20代から60代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値一覧です。

大和ハウス工業の年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代661.9万円31万円132.3万円595.71万円
30代868.4万円40.7万円173.6万円781.6万円
40代1090.3万円51.1万円218万円981.27万円
50代1181.2万円55.4万円236.2万円1063.08万円
60代850.9万円39.9万円170.1万円765.81万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

大和ハウス工業は、業種としては「建設業」に該当します。この業種は、平均年収という観点においては、全業種平均とほぼ同等の業界です。例えば30代であれば、全業種平均が320.6万円であるのに対し、建設業平均は316.2万円といった具合です。

こうした業種において、大和ハウス工業の年収中央値は、すべての年代において業種別平均を大きく上回ります。同じく30代を取り上げると、大和ハウス工業の年収中央値は781.6万円と、業種別平均の約2.5倍という水準です。この「約2.5倍」は、すべての年代において当てはまる傾向であり、いかに大和ハウス工業の年収中央値が高いかが伺えます。

大和ハウス工業の年収が高い理由

賞与は約9ヶ月分

大和ハウス工業の年収が高い理由として、まず賞与の金額の多さが挙げられます。
2014年度以降の支給実績は、全社平均で約9ヶ月分と、他社に例を見ない水準です。しかしこの賞与の支給額は、支社・部署・個人の3つの観点での評価結果によって決められるため、実は個人ごとの支給額には大きな開きがあることも事実です。「半期受注がないと、上司の判断で0.5ヶ月になる場合もある」「支店が赤字だと1ヶ月程度」といった口コミからその厳しさが伺えます。裏返せば、「実力主義で、頑張った分が賞与に反映される」と、やりがいを感じられる制度設計であると言えます。

さらに見逃せないのが、営業職の販売促進手当(インセンティブ)の存在です。こちらも成績が如実に反映されるもので、1棟契約毎に付与される手当と、半期の利益の合計額によって出る半期販売促進手当の2つがあります。1棟ごとの手当は月6~20万円、半期販促手当は月20~40万円と、成績によるとはいえ、年収を押し上げる一つの要素であることは間違いないようです。

大和ハウス工業の給与体系・内訳

諸手当と住宅支援が充実の給与体系

大和ハウス工業の給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(7月・12月)の賞与で構成されています。

諸手当には通勤手当、時間外勤務手当、住宅手当などがあります。しかしそれ以外に職種や資格によって、追加される手当が異なることが大和ハウス工業の特徴です。営業職には販売促進手当や自動車手当、施工管理職には一級建築士手当、専任手当、非専任手当、大型物件手当など、そして管理職には役職手当が支給されます。

住宅に関する手当の充実ぶりは、建設業ならではと言えます。総合職対象とはなりますが、寮・社宅が完備されており、月2万円程度で入居できるほか、持家であっても家賃補助が1~3万円支給されます。さらに、自社商品を購入する際には、持家割引制度という制度が適用され、社員本人は10%、その親族は6~8%という割引を受けることができます。

大和ハウス工業社員の給与明細(キャリコネ)

20代から30代で年収は2倍!

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代営業(非管理職)の 給与明細

実力主義であるため、年齢と年収が逆転することも

30代(非管理職)の 給与明細

30代(非管理職)の 給与明細

大和ハウス工業の職種別年収

総合職と事務職に分類される

大和ハウス工業の職種は、総合職(営業系・技術系)と、事務職の、大きく2つに分類されます。

賃金制度は、この2つの職種それぞれに設定されているため、初任給についても、以下の通り、職種別・学歴別に設定されています。

<初任給>
●総合職

  • 大学院22万7,500円
  • 大学21万6,000円
  • 高専・専門学校19万8,000円
●事務職
  • 大学院18万5,500~19万1,500円
  • 大学17万9,000~18万5,000円
  • 高専・専門学校17万4,500~18万500円
総合職は全国転勤の可能性があり、営業系と技術系という2つのコースに分かれること、事務職は事業所ごとの採用であることが特徴です。
総合職に限定した、年代・資格別の年収目安としては、20代の一般職で400~650万円、30代前半の一般職で600~800万円、主任クラスで800~1000万円、課長級が1000万円~、部長級になると1500万円を超える水準となります。

大和ハウス工業社員の給与明細(キャリコネ)

入社後まもなくは年収に差はない

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

実力により年収に大きな差が生じる

30代技術(非管理職)の 給与明細

30代営業(非管理職)の 給与明細

大和ハウス工業で年収を上げる方法

数字が全ての実力主義

大和ハウス工業では、社内の階層別に賃金が設定されているため、年収を上げるためには昇格することが必要になります。

総合職は、G1~G9という9段階にランク分けされています。G9~G7が一般職、G6~G5が主任・係長クラス、G4~G3が課長・次長クラス、G2~G1が部長、理事、執行役員クラスという区分けです。新卒入社の場合、大卒は入社後3年、大学院了は入社後2年でG8への昇格試験を受験でき、基本的にほぼ全員が合格できます。しかし、G7以降は受験資格を得るための評価基準が徐々に上がってくるため、昇格タイミングに個人差が生じ始めます。入社6~7年目で主任クラス、入社15年目で課長クラスに昇格するのが、順当かつ平均的な目安です。

上述の通り、昇格するためには昇格試験を受験・合格することが必要ですが、この試験を受けるための受験資格を得るためには、毎年の評価をコンスタントに出すことが必要になります。大和ハウス工業の評価制度では、上司と部下が四半期に1回以上面談を行い、目標設定から達成度の確認、その結果が評価(S・A・B・C・Dの5段階)につながっていきます。3期連続でB以上の評価を得られれば、昇格試験の受験資格を得ることができる仕組みです。評価の基準として、特に営業職は「数字が全て」との口コミが多く見られます。「数字がなければ各支店への転勤が多くなる」「主任・課長になっても成績不信が続けば降格もありえる」「40・50代の一般職もいる」と、シビアな実力主義であり、「年功序列の風土はない」ようです。

大和ハウス工業社員の口コミ(キャリコネ)

昇格にはコンスタントに成果を出すことが必要

「通期(2年間)連続した好成績が評価される 30代前半で所長となることも、物理的には可能……

数字が全ての実力主義

「基本的に数字がある人間が出世する 中には40代・50代の一般職もいる……

大和ハウス工業のライバル企業と比較

住宅メーカーにおいてはトップクラス

大和ハウス工業は、戸建て住宅の売上高が国内NO.1。比較対象として、同じく戸建て住宅メーカーの「プレハブ大手」である積水ハウス(売上高第2位)、積水化学工業(売上高第6位)と、住友林業(木造の在来工法最大手、売上高第4位)の3社を取り上げます。

大和ハウス工業の平均年収が907.3万円であるのに対し、積水ハウスは818.9万円、積水化学工業は911.8万円、住友林業は859.3万円です。これは売上高とほぼ連動するものでありますが、例外は積水化学工業で、大和ハウス工業を若干上回っています。これは、積水化学工業の方が、社員の平均年齢と平均勤続年数が多いことから、その従業員構成の違いが平均年収を押し上げていると推測できます。

こうした例外があるものの、住宅メーカーにおいてはトップクラスの年収水準であることは間違いないと言えます。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
大和ハウス工業907.3万円38.8歳14.1年15901人19255.2億円
積水ハウス818.9万円42.5歳16.3年14616人11725.2億円
積水化学工業911.8万円42.7歳15.4年2617人16497.7億円
住友林業859.3万円42.2歳14.9年4824人7209.9億円

出典・参考
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」
経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」
マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」

転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】大和ハウスの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】大和ハウスの中途採用面接では何を聞かれるのか

建築分野でのリーディングカンパニーである、大和ハウス工業への転職。住まいと土地活用を中心に、幅広い事業を手掛けています。中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を問われるほか、即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されます。事前にしっかり対策して転職を成功させましょう。