【平均年収725.7万円】SCSKの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収725.7万円】SCSKの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】SCSK社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


SCSKの平均年収は725.7万円

それでは、はじめにSCSKの平均年収について見ていきます。SCSKの平均年収は、2019年3月期の有価証券報告書によると、725.7万円です。キャリコネに寄せられた給与明細から算出したSCSK年代別年収レンジは、20歳代で380〜480万円、30歳代で540〜640万円、40歳代で720〜820万円となっています。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.45倍の額です。

SCSKの平均年収推移

直近は約725万円で横ばい

SCSK・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢従業員数
2019年3月期725.7万円43.3歳7280人
2018年3月期726.1万円43歳7273人
2017年3月期726.5万円42.5歳7241人
2016年3月期721.6万円41.9歳7261人
2015年3月期700.3万円41.2歳7328人

出典:SCSK・有価証券報告書

SCSKの過去5年間の平均年収を見てみると、2015年は700.3万円ですが、2016年以降4年間は725万円前後の水準を保っています。

これには、過去5年間連続して増収増益、という順調な業績の推移が背景にあります。現在掲げられている中期経営計画において、経営基盤強化施策が展開されていること、そしてビジネスモデルの刷新(「人月ベースの受託型」ビジネスから、「サービス提供型ビジネス」へ)が奏功していると考えられます。

SCSKの年代別平均年収と中央値

SCSKの年収中央値は30代で527.6万円

ここまで平均年収を見てきましたが、SCSKのより実態に近い年収は中央値を見ればわかります。SCSKの世代別平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値は以下の通りです。

SCSKの年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代429.8万円28.6万円68.7万円386.82万円
30代586.2万円39万円93.7万円527.6万円
40代767.3万円51.1万円153.4万円690.57万円
50代892.8万円59.5万円178.5万円803.52万円
60代526.1万円35万円84.1万円473.49万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

SCSKは、住友グループに属する、いわゆる「商社系SIer」であり、業種としては、「情報通信業」に分類されます。

この業種は、平均年収という観点では、全業種平均を上回る業種です。例えば30代であれば、全業種平均が320.6万円のところ、業種別平均は347.9万円と25万円以上も上回っています。さらに40代の場合は、全業種平均が395.6万円ですが、業種別平均は455.3万円と、約60万円も上回ります。

こうした高年収を誇る情報通信業において、SCSKの年収中央値は、すべての年代において業種別平均を大きく上回ります。同じく30代と40代を取り上げると、30代は527.6万円、40代は690.57万円といった具合です。

SCSKの年収が高い理由

裁量労働制が広く適用される

SCSKの年収の高さを支えているのは、まず1つ目は残業手当だと言えるでしょう。入社早々から、月給には20時間分の残業手当が含まれており、さらに超過した時間分も支給されます。20代後半に基幹職に昇格すると、34時間相当分の残業手当が「裁量労働手当」として支給されます。営業職は裁量労働制は適用されませんが、技術職・スタッフ職はそれぞれ専門業務型・企画業務型の裁量労働制が適用される仕組みとなっています。

加えて挙げられるのが、充実した「資格報奨金制度」です。これは「人の能力開発や円滑なビジネス遂行に有用な」資格を取得した社員を対象とする制度ですが、「資格取得には手厚い報酬制度」「通常の大手企業よりも遥かに高い報奨金が支給される」と、その金額レベルの高さが伺える口コミが多数見られます。対象者は限定されるとはいえ、こうした制度も、年収を押し上げる一つの原因になっていることは間違いないようです。

SCSKの給与体系・内訳

賞与は3ヶ月分が基本

SCSKの給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(6月・12月)の賞与で構成されています。

諸手当として通勤手当や時間外勤務手当などが支給されるほか、福利厚生として、財形貯蓄や従業員持株会、復職支援金(保育料補助)、独身寮などの制度・施設が整備されています。一方で、住宅手当や家族手当といった類はなく、その点に対する不満の声が散見されるのも事実です。また、「健康マイレージ」という制度があり、「1年間健康的な生活をすると(朝食を食べる、禁煙、1万歩ウォーキング)数万円のボーナスがもらえる」というのも特徴的です。

賞与は、夏賞与には前年度の会社業績・個人評価が反映されるため金額が変動しますが、冬賞与は固定額が支給されます。年間通じて、「デフォルトで3ヶ月分」であり、所属部署・個人によって変動するものの、「どんなに好評価でも5ヶ月分を超えることはない。4ヶ月分を超える人も少数」と、その変動幅はそれほど大きいものではないようです。

SCSK社員の給与明細(キャリコネ)

20代から30代で年収約140万円アップ

20代技術(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代で700万円超え

30代(非管理職)の 給与明細

30代(非管理職)の 給与明細

SCSKの職種別年収

職種による違いはなし

SCSKの職種は、「技術系職種」と「営業系職種」の大きく2つに分類されます。「技術系職種」はシステムエンジニアやシステムコンサルタントなど、「営業系職種」は提案営業や新規顧客の開拓といった仕事に従事します。

賃金制度は両職種共通の制度であり、社内の階層・ランク(グレード)によって年収が規定されるため、職種による年収の違いはありません。
初任給についても、職種による違いはなく、以下の通り学歴別に設定されています。
<初任給>
大卒/月給266,500円(業務手当38,500円、学び手当5,000円、リモートワーク推進手当1,000円含む)
院卒/月給289,900円(業務手当41,900円、学び手当5,000円、リモートワーク推進手当1,000円含む)
※業務手当は残業時間20時間相当分を支給し、超過の場合は別途支給する。

SCSKのグレードは、大きく総合職と基幹職に分かれており、さらに総合職はAとB、基幹職はA~Eに細分化されています。順番でいうと、総合職B→総合職A→基幹職E→基幹職D→基幹職C→基幹職B→基幹職Aという順に昇格していきます。こうしたグレード別の年収目安としては、総合職は500万円前後、基幹職Eで約600万円、課長クラスの基幹職Cで900万円で、部長クラス(基幹職B)になると1000万円を超える、といった具合です。

SCSK社員の給与明細(キャリコネ)

若手の間は横並びの年収

20代営業(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

30代以降昇格は狭き門に、年収差も広がる

30代技術(非管理職)の 給与明細

30代営業(非管理職)の 給与明細

SCSKで年収を上げる方法

20代の間は年功序列だが、徐々に昇格は狭き門に

上述の通り、SCSKの年収は社内のグレードによって決められているため、年収を上げるためには昇格することが必要です。

若手のグレードである「総合職」から、「基幹職E」に昇格できるのは、入社7年目前後の20代後半ですが、ここまでは年功序列であり、「みんな昇格できる」そうです。昇格するためには、昇格試験に合格することが必要で、その試験を受験するための条件として、①現グレードの在籍年数、②前年度の評価、③上司推薦の3つをクリアすることが必要です。試験内容は論文形式ですが、基幹職A・Bへの昇格には、面接試験も追加されます。

毎年の評価制度としては、目標管理制度が導入されており、年初に目標を設定、年央・年度末に上長との面談の中で達成度を点検し、評価が決定されます。評価は5段階設定されていますが、「上位20%の評価に入らないと昇格することができない」と、基幹職E以降の昇格は難易度が高いものであるようです。

SCSK社員の口コミ(キャリコネ)

上位グレードへの昇格は難関

「透明性は高く、同じ階級で給与が大きく異なることもないため、理不尽なことは少ない 昇格試験が難しく、上の方の階級に該当するための要求水準は相当高い……

大手SIerとしては年収レベルに見劣りも

「同規模の同業他社と比較して、低い水準だと思う 昇格試験を合格し等級が上がれば給料は上がるが……

SCSKのライバル企業と比較

SIerの中ではやや見劣りする水準か

SCSKは商社系SIerですが、比較対象として、SIer最大手のNTTデータ、同じく商社系の伊藤忠テクノソリューションズ、ビッグデータ市場で競合する日鉄ソリューションズの3社を取り上げます。

SCSKの平均年収が725.7万円であるのに対し、NTTデータは828万円、伊藤忠テクノソリューションズは871.1万円、日鉄ソリューションズは835.9万円と、いずれの会社にも100万円以上の差をつけられてます。社員からも「同規模の同業他社と比較して、低い水準」という口コミが多数見られている通り、SIerの中では、やや劣る水準であることは事実のようです。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
SCSK725.7万円43.3歳18.4年7280人2841.5億円
NTTデータ828万円38.7歳14.9年11310人9422.5億円
伊藤忠テクノソリューションズ871.1万円40.7歳13.6年4272人2561.2億円
日鉄ソリューションズ835.9万円39.6歳12.8年2998人2312.8億円

出典・参考
厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」「平成30年国民生活基礎調査」
経済産業省「平成30年企業活動基本調査速報-平成29年度実績-」
国税庁「平成30年度民間給与実態統計調査」
マイナビ「業種別 モデル年収平均ランキング」

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【面接対策】SCSKの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】SCSKの中途採用面接では何を聞かれるのか

システム開発からパッケージ販売までITサービスを総合的に提供するSCSK。採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、ともに働く仲間として多角的に評価されるので事前にしっかり対策をすすめましょう。