【平均年収837.1万円】ネットワンシステムズの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【平均年収837.1万円】ネットワンシステムズの給与・ボーナスが高いのはなぜなのか

【年収研究シリーズ】ネットワンシステムズ社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?給与制度は年俸・月給どっち?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。


ネットワンシステムズの平均年収は837.1万円

まずはじめにネットワンシステムズの平均年収を見ていきましょう。ネットワンシステムズの平均年収は837.1万円です(2020年3月期有価証券報告書)。キャリコネに投稿された給与明細を参考にネットワンシステムズの年代別年収レンジを算出したところ、20歳代で450〜550万円、30歳代で630〜730万円、40歳代で840〜940万円という結果がでました。男女あわせた民間の正規雇用者の平均年収は503.5万円(国税庁・平成30年分民間給与実態統計調査結果)ですから、それと比較しておよそ1.67倍の額です。

ネットワンシステムズの平均年収推移

順調に右肩上がり、2020年3月期には800万円台に

ネットワンシステムズ・5年間の平均年収・平均年齢・従業員数(単体)の推移

決算月平均年収平均年齢従業員数
2020年3月期837.1万円40歳2010人
2019年3月期779.5万円39.8歳2141人
2018年3月期773.3万円39.6歳2113人
2017年3月期758.5万円39.2歳2065人
2016年3月期761.3万円38.7歳1979人

出典:ネットワンシステムズ・有価証券報告書

ネットワンシステムズの過去5年間の平均年収を見てみると、2016年3月期は761.3万円でしたが、年々順調に増加し、2020年には800万円を超え、837.1万円となっています。2016~2019年までは1年あたりの増加幅は数万円ですが、2019~2020年には約56万円の増加です。

これには、順調な業績が背景にあります。セキュリティ対策やクラウド基盤ビジネスが好調に推移したことで、売上高・各利益は毎年公表計画を達成するとともに、増加を続けています。2021年3月期の業績見込みについても、新型コロナウイルスの影響で、売上高は2020年3月期と同水準の見通しとなるものの、営業利益は中期事業計画通り増加する見通し。平均年収についてもさらに増加することが期待できるでしょう。

ネットワンシステムズの年代別平均年収と中央値

ネットワンシステムズの年収中央値は30代で608.5万円

続いては、ネットワンシステムズの世代別の平均年収と年収中央値です。平均年収は収入における目安のひとつですが、実際にもらえる額とは大幅に違うこともしばしばです。ネットワンシステムズの20代から60代までの平均年収・平均月収・平均ボーナス・年収中央値は以下の通りです。

ネットワンシステムズの年収実態

年代平均年収平均月収平均ボーナス年収中央値
20代495.8万円34.7万円79.3万円446.22万円
30代676.1万円45万円135.2万円608.5万円
40代885.1万円59万円177万円796.59万円
50代1029.8万円68.6万円205.9万円926.82万円
60代606.9万円41.4万円121.3万円546.21万円

※キャリコネの口コミ、有価証券報告書、厚労省・経産省・国税庁発表の調査資料を元に、編集部で独自に算出

ネットワンシステムズはネットワーク構築やセキュリティサービスに強みを持つ、ITサービス分野を展開する企業であり、業種としては「情報通信業」に分類されます。この業種は、平均年収という観点においては、全業種平均に比べてやや高い水準にある業種です。例えば30代であれば、全業種平均が320.6万円であるのに対し、業種別平均は347.9万円、といった具合です。

こうした情報通信業において、ネットワンシステムズの年収中央値は、すべての年代において業種別平均を大きく上回ります。同じく30代であれば、608.5万円と、業種別平均の約1.7倍です。この「約1.7倍」はすべての年代において当てはまるものであり、いかにネットワンシステムズの年収中央値が高いかが伺えます。

ネットワンシステムズの年収が高い理由

営業職はインセンティブ賞与

ネットワンシステムズの年収の高さを支える最大の理由は、賞与にあります。

ここ数年の賞与の支給額は、口コミによると「平均して月給5ヶ月分程度」とのこと。これだけを見ても高い水準であることは間違いありませんが、さらに「営業職」の場合は、上期・下期および通期の、受注・売上・利益個人成績が反映されます。いわゆる「インセンティブ」と呼ばれるものです。このインセンティブについては、人によって支給額に大きな差が出ることはもちろんですが、「最大2ヶ月分支給される」「新卒3年目でも半期で200万円を超える人もいる」といった声が見られる通り、自分自身およびチームの頑張り次第で、大きな賞与につながるようです。

さらに、年間業績が一定基準を達成した社員には、ハワイへの報奨旅行があることも魅力の一つ。社員のモチベーションを高め、会社全体として成長するための施策には惜しまない会社気質であるようです。

ネットワンシステムズの給与体系・内訳

人材育成のための福利厚生制度が充実

ネットワンシステムズの給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回の賞与で構成されています。

諸手当は、職位手当、通勤手当、資格手当、時間外勤務手当などが主だったものですが、これ以外に福利厚生として、財形貯蓄、社員持株会、住宅融資、借上社宅などの制度が整備されています。住宅手当はないものの、借上社宅として「会社近隣の指定マンションに1万円で入居できる」そうで、「額面以上に裕福な生活が送れる」という声が多数寄せられています。

また、人材育成に関する支援制度が充実していることも、ネットワンシステムズの大きな特徴。「資格取得援助制度」として、講習会参加費用や、資格試験受験費用が補助されるほか、資格取得後も奨励金が支給されます。さらに「参考図書購入会社補助制度」として、業務上必要知識・技術取得を目的に関連書籍を購入する場合は、補助金が支給されます。前項でご紹介した報奨旅行も同様ですが、社員の成長やモチベーション向上に積極的な会社の姿勢を感じることができます。

ネットワンシステムズ社員の給与明細(キャリコネ)

20代から30代で年収2倍

20代技術(非管理職)の 給与明細

20代技術(非管理職)の 給与明細

営業職はインセンティブ次第

30代(非管理職)の 給与明細

30代(非管理職)の 給与明細

ネットワンシステムズの職種別年収

職種ではなく、「グレード」で年収が決まる

ネットワンシステムズの職種は、「営業職」「技術職」の大きく2つに分類されます。「営業職」はお客様への提案や、プロジェクト全体のコントロールやフォローなどを担当、「技術職」はICTシステムの設計・開発、商材の発掘などのマーケティングを担当します。

賃金制度は両職種共通のものであるため、職種によって年収が異なることはありません。給与は、社内で規定されている「グレード」によって設定されています。また、初任給についても両職種共通で、学歴別に以下の通り設定されています。
<初任給>
●修士了:235,000円
●学士卒・高度専門士卒:220,000円
●専門卒・高専卒:210,000円

年代、職位別の年収目安としては、20代で550~600万円、30代で約700万円、課長クラスになると850~1000万円あたりとなります。しかし、営業職の場合は特にインセンティブによって大きく年収が左右されるため、あくまで目安であり、個人差が大きいようです。

ネットワンシステムズ社員の給与明細(キャリコネ)

20代では同年齢なら同年収

20代技術(非管理職)の 給与明細

20代営業(非管理職)の 給与明細

30代前半で1000万円に迫るケースも

30代技術(非管理職)の 給与明細

30代営業(非管理職)の 給与明細

ネットワンシステムズで年収を上げる方法

頻繁な人事制度改定も、高評価者を優遇する制度に

前述の通り、ネットワンシステムズの年収は社内で規定される「グレード」によって決められるため、年収を上げるためには、グレードを上げる、つまり昇格することが必要です。

グレードは、新入社員の「A」グレードから始まり、2~3年目社員の「J」、4年目以降は「S」「E」と、全部で4段階という構成です。「E」グレードが管理職に該当します。さらに、それぞれのグレード内で「Type」が3段階で設定されており、過去2年間の評価結果でどの「Type」になるかが決まります。最高位は「Type1」ですが、口コミによると「Type1以外に格付けされるとすべてにおいて不遇」「給与もType1 の1/2~1/3程度に減ってしまう」と、かなりメリハリのある評価・賃金制度であるようです。

評価の仕組みは、年初に目標を立て、その達成度について、上司によって1次評価、部で2次評価、全体で3次評価が下されます。また360度評価も採用されており、上司以外からも評価されることから、「良い評価を得続けることは大変」「降級する人もちらほら」と厳しさを感じさせる口コミも見られます。またこうした人事制度については、「毎年のように変更になる」という声も散見されており、さらにその変更内容は「全体的には下げて、一部の高評価者を優遇する流れ」であるそうです。

ネットワンシステムズ社員の口コミ(キャリコネ)

営業職はインセンティブあり

「営業職は数字によって、大きく報酬が異なる 数字が達成し、インセンティブの良い時は、非常にうれしい……

業界内では高水準

「IT系でもかなり高い部類だと思う 年収は高く見えるがインセンティブ比率が高い……

ネットワンシステムズのライバル企業と比較

業界内ではトップ水準の平均年収

ネットワンシステムズは、いわゆる「独立系」と呼ばれるITサービス企業ですが、今回のライバル企業としても、同じく「独立系」の3社、大塚商会(中堅中小企業に幅広い顧客あり)、TIS(クレジットカード会社のシステムなどに強み)、富士ソフト(携帯電話など組み込みソフト開発に強み)を取り上げます。

ネットワンシステムズの平均年収が837.1万円であるのに対し、大塚商会は851.2万円、TISが701.9万円、富士ソフトは590万円です。売上高・規模で大きく差をつけられる大塚商会と、平均年収ではほぼ横並び、逆に売上高・規模で同水準の他2社に対しては大きく差をつけて上回る、という結果です。「業界内では高水準の給与」という口コミが多く見られますが、これは事実であるようです。

社名平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数(単体)売上高
ネットワンシステムズ837.1万円40歳9年2010人1463.6億円
大塚商会851.2万円41.2歳17.1年7272人8022億円
TIS701.9万円40.3歳14.4年5680人1340.4億円
富士ソフト590万円35.5歳9.5年7840人1500.8億円

出典・参考
厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」「平成30年国民生活基礎調査」
経済産業省「平成30年企業活動基本調査速報-平成29年度実績-」
国税庁「平成30年度民間給与実態統計調査」
マイナビ「業種別 モデル年収平均ランキング」

この記事の執筆者

東京大学卒業後、大手自動車メーカー入社。人事部門に配属。女性の働き方プロジェクトリーダーを担当。


関連記事

【決算】増収増益のネットワンシステムズ テレワーク関連の業績期待で株価が上昇中

【決算】増収増益のネットワンシステムズ テレワーク関連の業績期待で株価が上昇中

独立系システムインテグレーターのネットワンシステムズ。循環取引の不正で一時株価が急落しましたが、コロナ禍を契機としたテレワークやクラウド化、セキュリティなどネットワーク関連の業績期待で右肩上がりに上昇しています。財務諸表などを基に会社の現状と課題を整理します。


【面接対策】ネットワンシステムズの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】ネットワンシステムズの中途採用面接では何を聞かれるのか

国内最大手ネットワークインテグレータ、ネットワンシステムズ。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として、多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。